猫の歯根の吸収(歯頚部吸収病巣)とは

便に異常があると思われる犬

不調を抱えた猫の症状・原因について

猫の食生活の変化が原因?

歯頚部吸収病巣は、猫に多く見られる疾患で、歯と歯茎の境目が溶けてしまう病気です。以前は猫特有の病気と考えられていましたが、近年では他の動物にも見られるようになってきました。

よく見られる症状として、痛みによる食欲の低下、よだれの量が増える、口臭、歯肉の赤い腫れなどが挙げられます。

特に中年期以降から多く見られ、純血種猫の約80%、雑種猫の約40%がこの病気にかかっているとも言われています。

病気にかかる原因は、「食生活の変化」が大きく関わっているのではないかと考えられています。
なぜなら、1960年以前は、歯頚部吸収病巣の症例はほとんどありませんでしたが、ペットフードが登場し始めた1970年代以降から症例が急増傾向にあるからです。なお、フードと病気の関係性について明確な答えは未だ出ていません。

猫のためにあなたができること

症状がひどい場合は抜歯をする事に

診察は、視診、X線検査、血液検査などから病気の判断をします。
治療は、軽度の場合、獣医師から歯磨きに関する指導が入ります。
歯が一部溶けている、または欠けている中度の場合は、欠損部をセメントの一種で修復します。
すでに歯が大きく欠けている重度の場合は、抜歯を行います。
なお、セメント補修は長くて2年しか持たず、劇的な症状改善は望めないので注意しましょう。

猫にこんな症状・しぐさが出たら注意!

  • よだれ
  • 食欲低下
  • 口臭
  • 歯が小さくなったように見える

かかりやすい猫の種類

  • シャム
  • ペルシャ

こんな状況の猫は注意

  • 純血種の猫
  • 歯磨きが嫌いな猫

監修医 谷口 史奈先生

監修医 谷口 史奈先生

猫の診療室 モモ

院長:谷口史奈

住所:東京都 品川区 東中延2-5-7
施設詳細はこちら