猫の歯周病(歯石、歯垢、虫歯)とは

便に異常があると思われる犬

不調を抱えた猫の症状・原因について

三歳以上の猫の約80%が罹る病気

猫の歯周病は、歯垢に含まれている細菌が毒素などを出すことによって歯周に炎症が起きてしまう病気です。三歳以上の猫のうち約80%が患っているとも言われる、比較的罹りやすい病気です。

歯垢は唾液に含まれる糖タンパクなどで形成される、ネバネバした塊のことです。菌が歯の表面に付着してから約24時間で形成されると言われています。舌の動きで歯垢を落とすことは難しく、すぐに歯磨きをするなど機械的な刺激を与えることで歯垢を落とすことができます。しかし、これを2~3日放置してしまうと歯垢は石灰化され歯石となってしまいます。

歯石を放っておくと、歯石の表面はでこぼこしているので、周囲に新たな歯垢がつき、それがまた歯石になってしまうという悪循環が生まれてしまいます。
その結果、口腔内にどんどん菌が繁殖し、歯肉・歯周に炎症が起きてしまいます。症状が進行すると、虫歯なども無いのに歯がぐらつき、抜け落ちてしまう場合もあります。

よく見られる症状として、口臭、歯茎の赤み、歯茎からの出血、歯のぐらつきなどが挙げられます。

歯周病になる主な原因として、口の中で細菌感染、不衛生な口腔環境、免疫力の低下が考えられます。

猫のためにあなたができること

ついてしまった歯石除去は動物病院で

診察は、視診やX線検査で、歯石や歯垢の付着度合い、炎症の程度などを確認して判断します。さらに、菌が体内をまわって臓器に影響が出ていないかを血液検査で確かめる場合もあります。
主な治療は、

  • 歯石の除去
  • 食生活の改善
  • 抜歯
  • 疾患の治療

がメインになります。

なお、猫の歯石除去は猫が暴れることによる怪我の防止と、確かな効果を感じられる治療を行うため、基本的に全身麻酔をした上で行われます。

猫にこんな症状・しぐさが出たら注意!

  • 食欲がなくなった
  • よだれをたらすようになった
  • 口臭がある
  • 歯石がついている
  • 歯が長く見える

かかりやすい猫の種類

  • アビシニアン
  • ソマリ
  • シャム
  • ペルシャ
  • メインクーン

こんな状況の猫は注意

  • 歯石が多い猫
  • 疾患などで免疫力が落ちている猫
  • 三歳以上の猫

 近くの施設を探す  

監修医 谷口 史奈先生

監修医 谷口 史奈先生

猫の診療室 モモ

院長:谷口史奈

住所:東京都 品川区 東中延2-5-7
施設詳細はこちら