猫の中耳炎について

猫の中耳炎について

不調を抱えた猫の症状・原因について

外耳炎が悪化して中耳炎が発生ることが多い

中耳炎とは、耳の鼓膜を含む鼓膜よりも奥の鼓室という空間を指す「中耳」に炎症が起きる症状です。
中耳炎の原因としては、腫瘍などもまれにありますが、細菌や真菌などの感染を通して外耳炎を発症し、その延長として中耳に炎症を起こすものがほとんどです。

ただし、外耳炎や中耳炎治療で思うように改善がなく、耳だれの治りにくい猫の場合は、中耳領域に腫瘍が認められることがあります。
腫瘍は外耳道を通して摘出したり、外耳道切開をして摘出するような外科手術が必要になることがあるため、耳だれの治らないケースでは注意が必要です。

他には、鼻炎から中耳の炎症が起きるものもあります。
症状は、かゆみや痛みにより耳の部分を掻く、耳の部分の違和感により頭を振るなどがあります。
これは外耳炎の症状と同じですが、更に奥の中耳への炎症も含まれるので、炎症が原因で熱が出るようになり、元気や食欲がなくなることもあります。
神経に近い部分の炎症のために、平衡感覚の異常が出始め、頭が傾く斜頚の状態になることや、まっすぐ歩いているつもりが回転するような旋回運動が発生することもあります。
痛みを感じる猫もいますので、頭を撫でられるのを嫌がったり、怒るようになる猫もいるでしょう。
また、中耳の痛みで顔の筋肉の動きにも影響が出て、口をあけるのを嫌がり食事もあまり摂らなくなったりすることもあります。
その他にも、交感神経系の障害によってホルネル症候群が発生することがあり、目頭の部分の瞬膜が見えるような状況になったり、まぶたが下がり気味な状況になったりすることがあります。
これは、炎症が周辺の神経に影響してくることで現れる症状です。

猫のためにあなたができること

内耳炎を防ぐためにも早めの治療を!

中耳炎の原因の多くは、外耳炎を治療しないことで悪化し、更に奥へ炎症が広がるケースです。猫の外耳炎が自然に治ることはありませんし、中耳だけでなく更に奥の内耳にも炎症が及ぶこともあります。
内耳炎になり更に悪化すると後遺症も残りますので、早めに治療することが肝心です。
診察などは耳の中を観察する耳鏡(じきょう)を使って確認したり、X線検査などで炎症、化膿している程度を確認します。
治療は、主に炎症を抑える目的で行われます。抗生物質の投与、そして外耳炎や蓄膿症などの別の原因がある場合は元の疾患の治療も同時に行います。
炎症自体がひどく、抗生剤などでも効果があまり出ないこともあります。そうした症状がひどい場合は、内耳部分の耳道や鼓室を切開する外科手術を行うこともあります。
鼓膜が破れている場合は外耳洗浄などが出来ません。
炎症や化膿している程度が深刻であればあるほど治療が大変になり、治療したとしてもその後の後遺症が残る可能性がありますので、早めに病院へ行きましょう。

猫にこんな症状・しぐさが出たら注意!

  • 頭を振る
  • 頭を撫でられるのを嫌がる
  • 歩いていてふらつく
  • 顔が傾いたような状態になる

かかりやすい猫の種類

  • スコティッシュフォールド(折れ耳)

また、以下の状況の猫もかかりやすいです。

  • 外耳炎の治療をしていない猫
  • よく外耳炎を起こす猫
  • 耳ダニ、疥癬の感染
  • ウイルス感染、糖尿病、腎臓疾患などで体の免疫力が落ちている

 近くの施設を探す  

監修医 押田 英之先生

監修医 押田 英之先生

押田動物病院

院長:押田 英之

住所:埼玉県 ふじみ野市 うれし野2-14-20
施設詳細はこちら