猫の真菌性皮膚炎について

猫の真菌性皮膚炎について

不調を抱えた猫の症状・原因について

真菌に感染することによって起こる肌の炎症

真菌が肌へ感染することが原因で真菌性皮膚炎を引き起こします。
健康な成猫への感染は少なく、どちらかというと免疫力が落ちている猫への感染が多いです。

その一例として多いのが子猫への感染です。
子猫を保護した時点で真菌に感染していたというのはよくあります。同様に高齢猫や重篤な疾患、猫エイズや猫白血病などのウイルスに感染している場合も免疫力が落ちていますので感染しやすいです。

他には、アレルギーを抱えており免疫抑制剤を使って治療している猫も感染しやすいです。
また、注意したいのは人間からの感染です。
飼い主さんやその家族が水虫だった場合、水虫からの感染ということも考えられますので注意が必要です。

良く見られる症状としては、耳や顔、首など、体に黒いしみのようなものが確認できたり、円形に脱毛することがあります。
良く見ると、フケがあるような状況や、かさぶたも確認できるでしょう。
かゆみなどもあるため掻くようになり、真菌の感染範囲は段々と広がっていく場合が多いのも特徴です。

猫のためにあなたができること

感染力が強いので注意が必要

皮膚炎を起こした時は、何が原因の皮膚炎だったかがわかるまでは出来るだけケージやキャリーケースに入れておくようにして、早めに動物病院へ連れて行くようにしましょう。
様子を見ることで更に皮膚炎の状態が悪化することが多いです。特に、他にも猫を多頭飼いしているようであれば隔離をした方がよいです。

診察では皮膚の一部を採取して培養検査を行なうことで真菌がいるかを調べます。
同時に、ダニによる疥癬の疑いもある場合は顕微鏡での検査などもする場合が多いです。
真菌性皮膚炎の診断が出た場合、抗真菌剤を用いての治療になります。
一般的に塗り薬や飲み薬の処方をされますので、しっかりと治療を行なうようにしましょう。
また、場合によってはステロイドを利用しての治療を行なうこともあります。

他には、真菌用の薬用シャンプーを処方されることもありますので、指示があった通りにシャンプーもします。
この時に注意しておきたいのは、他の猫や人間にも感染するということです。
他の猫とは引き続き隔離状態にして、使ったベッドや共用していた容器などは出来る範囲で消毒をしましょう。

また、真菌性皮膚炎の治療は時間がかかりますので根気の要る治療になります。
一見、治ったと思ってもまだ完治していないという状況が真菌の場合はよくありますので、飼い主さんの判断で治療をやめるのは良くありません。
治療をいつ終了するのかは獣医師さんの判断に従うようにしましょう。

猫にこんな症状・しぐさが出たら注意!

  • 肌に黒いしみのようなものが出た
  • 脱毛
  • かゆみ
  • フケの量が増えた

かかりやすい猫の種類

  • 疾患などで免疫力が下がっている猫
  • 子猫
  • 高齢の猫
  • アレルギーを抱えている猫

 近くの施設を探す  

監修医 小竹 正純先生

監修医 小竹 正純先生

多摩獣医科病院

院長:小竹 正純

住所:神奈川県 川崎市宮前区 菅生3-43-12
施設詳細はこちら