猫の熱中症(日射病)とは

猫の熱中症(日射病)とは

熱中症になりやすいといわれているペルシャ猫

猫の熱中症の発見が遅れると死亡する場合も

猫の熱中症は、暑さに対する体温調整が出来なくなった状態を言います。人間の場合は汗をかくことで上がりすぎた体温を下げることが出来るのですが、猫の場合、汗をかく場所(汗腺)が肉球の部分にしかありません。
体温を逃す時はパンティングと言って、口から呼吸をすることによって体の中の熱を逃がすようにします。そのため、体温が急激に上昇すると、それを下げることが難しくなります。
特に、鼻がつぶれている種類の猫や、雑種でも遺伝的に鼻がつぶれている猫の場合、外への熱を逃しにくい傾向がありますので注意が必要です。
また、ラグドールなどの大型種や肥満気味の猫も熱を逃しにくいので、体系的に注意したほうが良い猫もいます。
猫が熱中症になった場合、パンティングをしてよだれを流します。また、目や口腔粘膜が充血してきます。そして、嘔吐や下痢をして、元気がなくなっていきます。歩く時もふらつくことや、倒れてしまうこともあります。
症状が重い場合は体の痙攣が見られ、血圧が下がり、眼振も起き、呼吸困難を起こすこともあります。意識が混濁して、虚脱や失神の症状も見られます。発見が遅れると多臓器不全をおこして死亡してしまう場合もあります。
熱中症になる猫は、完全室内飼いの猫に多いです。外に出入りしている猫の場合、自分で涼しいところを見つけて過ごすのですが、室内飼いの猫の場合、暑かったとしても涼しい場所に逃げることが出来ません。熱中症になる原因で多いのが、暑い時期に車中や締め切った部屋での留守番をした場合が多いです。 このような環境は熱がこもり、涼しい場所に移動できないので大変危険です。自由に水が飲めない状況だと更に危険度が増します。
特に車だと熱がこもりやすく危険です。仮に窓を少し開けていたとしても、普段車に乗っていない猫の場合、緊張してしまい体温が上がりやすくなります。また、キャリーケースに入れて移動する場合も、しばしば熱中症を引き起こすことが有るので注意が必要です。

猫のためにあなたができること

猫に熱中症の疑いがある場合は動物病院に連絡を!

猫は元々祖先が砂漠で生活をしていたため、比較的暑さに強いと思う方もいらっしゃいますが、過度な高温条件は熱中症になります。
もし、猫の熱中症に気付いたら、応急処置として体を冷やすことが重要です。風通しが良い場所へ移動し、濡らしたタオルで全身を包み霧吹きで水をかける、氷枕を首まわりや脇の下にあてがうなどをして体温を下げます。注意点としては体温を下げすぎず、39以下になったら冷やすのをやめましょう。そして、猫の体を冷やしながら、動物病院に連絡をしてください。このときに、食欲がない、吐いた、元気がない、触ると熱い、口をあけて呼吸している、痙攣がある、目を見てみたら眼振があるといった症状があったら必ず伝えるようにします。
そのまますぐ連れて来てくださいという指示になるかもしれませんし、状況によっては冷やしながら動物病院まで連れてきてくださいという指示があるかもしれません。 獣医の指示に従って処置、搬送をしましょう。
治療はショック症状を予防するための輸液や点滴を行います。
熱中症は発見が遅れると取り返しのつかないことになります。発見次第すぐに動物病院へ連絡するようにしましょう。

猫にこんな症状・しぐさが出たら注意!

  • 元気がない
  • 触ると熱い
  • 口をあけるように呼吸をしている
  • 痙攣を起こす

また、以下の状況の猫はかかりやすいです。

  • 完全室内飼いの猫
  • ペルシャなどの混血で鼻の部分がつぶれている場合
  • 肥満などで体重が通常の猫より重い
  • 高齢の猫や子猫

 近くの施設を探す  

監修医 秋元 裕之 先生

監修医 秋元 裕之 先生

秋元どうぶつ病院

院長:秋元 裕之

住所:神奈川県 横浜市神奈川区 大口通129-7
施設詳細はこちら