猫の毛じらみ(ネコハジラミ)について

猫の毛じらみ(ネコハジラミ)について

不調を抱えた猫の症状・原因について

毛に寄生するシラミが増えていく

人間にはまれに毛じらみの感染の話を聞きますが、猫もしらみの感染があります。 良くある例としては「ネコハジラミ」というシラミの感染です。 毛に寄生して卵を産み、段々と増えていきます。

野良で生活していた猫を保護した時に見つけることが多いです。
毛に白い粒みたいなものがついている状態なのですぐにわかります。
もしくは、保護してからノミ取り櫛を使ってノミがいないか見ている時に、櫛に白い粒が引っかかることで発見することもできます。
かゆみなどもありますので体を掻く回数が多く、フケも多くなります。
疥癬などと違って激しくかゆがることはなく、人間への感染の心配も無いといわれています。

感染する原因は、しらみに感染した猫と仲良く生活するなど、野良生活からきている可能性が高いです。
よく遭遇するのは、子猫を保護して見てみたところシラミがいたという状況です。
他には高齢猫や子猫のように体力が弱っている、もしくは弱りやすい健康状態の猫も注意が必要です。
逆に、疾患などの無い健康な猫がしらみに感染しているケースはあまり無いといわれています。

猫のためにあなたができること

フケが多いと思ったら病院へ

飼っている猫や保護している猫がよく体を掻くような仕草をみせたり、毛に白い粒がついている、もしくはフケが多いと思ったら、一度動物病院で診てもらうようにしましょう。
白い粒を顕微鏡で確認することでシラミの診断がつきます。 治療はしらみに効果のあるシャンプーを出してもらうか、もしくはノミ・マダニ駆除薬を処方してもらう場合もあります。
ノミ・マダニ駆除薬はノミやダニだけではなく、しらみにも効果があります。
ただ、ノミ・マダニ駆除薬を利用する場合は、1回だけでは効果がありません。理由は、卵の状態では薬による効果が無いからです。
そこで卵から虫になった時点で治療をする事を繰り返しますので、獣医師の指示にあわせて薬を投与していきます。

また、別の選択肢として毛をカットするという選択肢もあります。
あまりにもしらみの量が多すぎる場合にとる方法ではありますが、完全に剃るのではなく、丸刈りのようにちょっと毛の長さを残した状態でカットするような感じです。
そして、シラミがいた場合に注意したいのは多頭飼いの場合です。
人間に感染する事はないと言われていますが、猫同士では感染しやすいので、フケが多いなと思ったり、白い粒が毛についているのを確認できた時点で、他の猫と接しないように隔離をしましょう。

猫にこんな症状・しぐさが出たら注意!

  • 体を良く掻く
  • 白い粒が毛についている
  • フケが多い

かかりやすい猫の種類

  • 外で生活している猫
  • 清潔ではない環境で生活している猫
  • 高齢の猫
  • 子猫

 近くの施設を探す  

監修医 津山 悠 先生

監修医 津山 悠 先生

品川WAFどうぶつ病院

院長:津山 悠

住所:東京都 品川区 大崎5-1-5品川年金事務所ビル1F
施設詳細はこちら