猫の流涙症(涙目)について

猫の流涙症(涙目)について

不調を抱えた猫の症状・原因について

涙が止まらなくなる病気

流涙症は涙があふれて止まらなくなる病気です。
症状として、目やにが出る、目の下が濡れる、涙によって目頭から鼻筋にかけて涙やけが起きてしまうなどがあります。涙の色は赤茶色なので、白い毛並みの猫の場合は特に目立ちやすいです。
原因は複数あり、主として下記が考えられます。
涙を排出する器官である涙小管や鼻涙管などの詰まり
異物混入などによる角膜への刺激
何らかの疾患
先天性
特に、ペルシャなど鼻がつぶれている猫の場合は、流涙症になりやすいと言われています。

猫のためにあなたができること

目の周りの異変にすぐ気付く

黒い毛並みの猫の場合、目の周りが濡れていても、飼い主が気付きにくい場合があります。ですから、「濡れているかな?」と思ったら、涙をティッシュなどでぬぐってみましょう。涙の色は赤茶色なので、異変を目で確かめることができます。
検査は、まず原因をつきとめてから、専用の試験紙を用いて涙の分泌量を測ります。
治療は原因によって異なります。異物が原因の場合は、異物を除去する処置を行います。涙の管の詰まりが原因だった場合は麻酔をし、詰まっている部分に極細の管を挿入して洗浄することで、流れを正常に戻します。目や鼻の炎症など何らかの疾患が原因の場合は、まずその原因となった病気の治療を先に行います。

猫にこんな症状・しぐさが出たら注意!

  • 目をこすっている
  • 涙が止まらない
  • 涙やけを起こしてしまう
  • 常に目の周囲が濡れている

かかりやすい猫の種類

  • バーミーズ
  • ペルシャ
  • エキゾチックショートヘア
  • ヒマラヤン
こんな状況の猫はかかりやすい!
  • 目の炎症を起こしている
  • 鼻腔などの炎症がある
  • つぶれた顔をしている

 近くの施設を探す  

監修医 小澤 晋一郎先生

監修医 小澤 晋一郎先生

おざわどうぶつ病院

院長:小澤 晋一郎

住所:愛知県 豊田市 東梅坪町8-3-9
施設詳細はこちら