猫のアレルギー性皮膚炎とは

猫のアレルギー性皮膚炎とは

不調を抱えた猫の症状・原因について

ノミによるアレルギーが主な原因

アレルギー性皮膚炎は、何らかのアレルゲンに対して体が過剰な反応を示し、皮膚が炎症を起こす病気です。
アレルギー性皮膚炎にかかると、皮膚に痒みを伴う発疹、および、それが表れた箇所の抜け毛が増えます。
主なアレルギー性皮膚炎である「ノミアレルギー性皮膚炎」の場合、特に腰からお尻にかけて発疹が現れます。
また、疥癬の場合は顔面や耳介の皮膚に発疹が現れ、次第にほかの場所にも現れるようになります。
さらに、発疹や痒みを気にし始めた猫が患部を舐めたり引っ掻いたりすると、脱毛が進行したり傷口から細菌が二次感染することで、皮膚の炎症が悪化します。
アレルギー性皮膚炎の細かい症状は、その原因となるアレルゲンの種類や猫の個体差によって異なります。

アレルギー性皮膚炎になる原因は、猫の体表や体内にアレルゲンの付着・侵入があげられます。
猫の場合、ノミによる「ノミアレルギー性皮膚炎」や、ヒゼンダニによる「疥癬」があり、他にも一部の食べ物による「食物アレルギー」、花粉などによる「吸引性アレルギー」、金属やカーペットによる「接触性アレルギー」など、アレルギーの原因は多岐にわたります。
ただし、個体差によって発症の度合いは異なり、場合によっては数匹のノミに血を吸われただけでアレルギー性皮膚炎を発症する可能性もあります。

猫のためにあなたができること

アレルギー性皮膚炎の原因となるアレルゲンは特定が難しい

アレルギー性皮膚炎は、アレルゲンとの接触を避けることで発症を防ぐことができますが、アレルゲンは種類が多いため全ての接触を避けることは難しく、アレルギー性皮膚炎を患っても何によって発症したかを特定するのは困難です。
アレルギー性皮膚炎は命の危険性が高い病気ではありませんが、強い痒みを伴うので猫にとっては極めて辛い状態ですので、アレルギー性皮膚炎の症状が疑われる場合は、すぐに動物病院へ連れて行ってあげましょう。

治療においてはステロイド剤や抗ヒスタミン剤を投与することで痒みや炎症を抑えます。
また、アレルギーの原因であるアレルゲンを特定して、猫の生活環境から除去します。
ただし、アレルゲンの特定は困難なので、主な原因となるノミの駆除などがメインとなります。
食事においては、アレルゲンを含まない食事やアレルギーの原因とならない特殊なタンパク質を含んだ食事による食事療法が行われます。
猫自身の手によって症状を悪化させてしまう病気なので、猫が引っ掻いてしまう前に病気を発見し、速やかに動物病院へ連れて行ってあげましょう。

猫にこんな症状・しぐさが出たら注意!

  • 発疹ができる
  • 痒がる
  • 抜け毛が増える
  • 皮膚が荒れる
  • フケが増える
  • かさぶたができる

かかりやすい猫の種類

特にかかりやすい品種はいませんが、ノミやダニは他の猫から移されることがあるので、他の猫と接触する機会が多いと発症リスクが増えます

 近くの施設を探す  

監修医 小竹 正純先生

監修医 小竹 正純先生

多摩獣医科病院

院長:小竹 正純

住所:神奈川県 川崎市宮前区 菅生3-43-12
施設詳細はこちら