猫のアトピー性皮膚炎とは

猫のアトピー性皮膚炎とは

不調を抱えた猫の症状・原因について

アレルゲンの吸引や付着による、かゆみを伴う炎症

アトピー性皮膚炎は、アトピー素因を持っている猫が何らかのアレルゲンを吸引したり、皮膚に付着することで、かゆみを伴う皮膚炎を起こす病気です。
アトピー性皮膚炎を発症した場合、主に顔や耳の後ろや、首の周りの皮膚に激しいかゆみが生じます。
そのかゆみの強さゆえに、炎症を起こした部分をしきりに舐めたり引っ掻いたりして、患部を傷つけることにより抜け毛が発生し、炎症が悪化してしまいます。
その他にも、指の間や足首付近、結膜、腿の付け根(鼠径部)、下腹部や肛門付近にも症状が現れることがあります。
また、肉芽腫(猫特有の皮膚病)に伴うさまざまな症状や、後頭部から首にかけて赤い発疹が見られる場合があります。
アトピー性皮膚炎を治療せずに放置し、慢性化してしまった場合には、皮膚が黒ずみ、厚みを持つようになります。
アトピー性皮膚炎の原因となるのは、アレルゲンの吸引や接触です。
アトピー素因を持つ猫が、ハウスダストや花粉、カビの胞子といったアレルゲン物質を吸引したり、皮膚に付着することによってアトピー性皮膚炎を発症する可能性があります。
そのため、猫にとってアレルゲンとなるものが、花粉など季節に由来するものであれば、該当する季節以外は発症しませんが、ハウスダストやカビのように季節に由来のないものは、常に症状が現れます。

猫のためにあなたができること

症状を悪化させる前に動物病院へ

アトピー性皮膚炎は、そのかゆさによって猫が舐めたり引っかいたりすることで、猫自身が症状を悪化させてしまうため、症状を悪化させてしまう前に猫の異常を発見し、速やかに動物病院へ連れて行って治療することが重要になります。
猫がしきりに同じ場所を舐めていたり、引っ掻くしぐさをとっている場合、その箇所に炎症などを患っている可能性が高いので、その箇所を確認しましょう。
治療においては、アトピー性皮膚炎によるかゆみや炎症を抑えるため、抗アレルギー剤や抗炎症剤を投与して症状改善を目指します。
また、猫の生活環境からアレルゲンを取り除き、接触を避けることも重要です。
しかし、猫が何に対してアレルギー反応を示すのかを特定することは難しく、何を生活環境から取り除けば良いかの判断はつきにくいものです。
また、治療と並行して保湿剤や保湿効果のあるシャンプーで体を洗うことも有効です。
猫がどのような場所でかゆみを訴えているかによって、原因となるアレルゲンをある程度特定できる場合もありますので、猫の体調管理には気を配るようにしましょう。
また、アトピー性皮膚炎を患っている場合には「ノミアレルギー性皮膚炎」を発症しやすい傾向にあるので、ノミ対策も必要になる場合があります。

猫にこんな症状・しぐさが出たら注意!

  • かゆがる
  • 皮膚が荒れる
  • 脱毛
  • 発疹

かかりやすい猫の種類

特にかかりやすい品種はいませんが、以下の状況の猫はかかりやすいです。
  • 若齢の猫
  • 室外で飼育している猫

 近くの施設を探す  

監修医 小竹 正純先生

監修医 小竹 正純先生

多摩獣医科病院

院長:小竹 正純

住所:神奈川県 川崎市宮前区 菅生3-43-12
施設詳細はこちら