猫の日光過敏症について

猫の日光過敏症について

不調を抱えた猫の症状・原因について

強い日差しにさらされ続けることで皮膚が赤くなる

日光過敏症は、猫の皮膚が強い日差し、厳密には紫外線を慢性的に浴び続けることで発症する、皮膚の病気です。
病気の初期症状として、紫外線の影響を受けやすい色素の薄い白い体毛の猫や、体毛が薄い部分に症状が現れやすく、皮膚が赤くなります。
耳の先端の皮膚に症状が現れることが多いですが、頭部や目の周り、口唇や口の周りにも症状が現れることもあります。
症状が悪化しやすい病気で、悪化すると次第に皮膚が腫れ、その部分の体毛が抜け落ちたり、かさぶたができるようになります。脱毛した部分は赤い斑点ができたり、出血したり、腫瘍になることがあります。
中年齢を過ぎた猫の場合、日光過敏症を放置してしまうと「扁平上皮がん」に進行してしまうこともあります。
特に、紫外線が強くなる夏場では症状が強く現れやすくなります。また、猫の遺伝にも関係がある病気であると考えられていますが、詳しい発症のメカニズムは解明されていませんので、遺伝以外の要因もあると思われます。
体毛の一部だけが白い、或いは薄い色をしている場合はその部分が日光過敏症に陥ることもあるので、室内飼いで体毛のほとんどが濃い色をしている猫であっても発症する可能性は十分にあり得ます。

猫のためにあなたができること

がんを発症する前に速やかに病院へ

日光過敏症の原因は日光に含まれる紫外線です。完全に日光を遮断することは困難ですが、可能な限り猫が紫外線を浴びないような環境づくりを行います。
猫の耳の先端や鼻の先端、猫の体毛の色が薄い部分や体毛自体が薄い部分があれば、それらの箇所を念入りにチェックし、皮膚が赤くなっていないかを日頃から確認しておきましょう。
症状が進行してしまうと扁平上皮がんなどの発症の原因となることも多いので、早期の病気の発見が望まれます。
皮膚が赤くなっている部分があれば、速やかに動物病院へ連れていくことをお勧めします。
この病気自体は命の危険を伴うような危険な病気ではありませんが、がんを発症してしまうと転移の可能性があります。こうなると、命の危険も心配されますので単なる日焼けだと油断しないようにしましょう。
治療においては、紫外線予防のための薬や治療のための薬を投与し、薬浴などを行います。
既に他の病気に進行している場合にはそれに合わせた治療を行い、がん細胞化している恐れがある場合には皮膚の細胞を検査し、必要に応じて切除手術を行います。
症状が悪化する前に皮膚の異変を認知し、速やかに獣医の判断を仰いで適切な処置を行いましょう。

猫にこんな症状・しぐさが出たら注意!

  • 皮膚が赤くなる
  • 脱毛
  • かさぶたができる

かかりやすい猫の種類

特にかかりやすい品種はいませんが、以下の状況の猫はかかりやすいです。
  • 体毛が白い猫
  • 体毛が薄い(部分がある)猫
  • 室外で飼育している猫

 近くの施設を探す  

監修医 小竹 正純先生

監修医 小竹 正純先生

多摩獣医科病院

院長:小竹 正純

住所:神奈川県 川崎市宮前区 菅生3-43-12
施設詳細はこちら