猫の肉球の皮膚炎(形質細胞皮膚炎)とは

猫の肉球の皮膚炎(形質細胞皮膚炎)とは

不調を抱えた猫の症状・原因について

猫の肉球が腫れる病気

一般的には「形質細胞皮膚炎(形質細胞性皮膚炎)」と呼ばれ、猫の肉球が炎症を起こし、腫れてしまう病気です。
初期症状としては肉球が柔らかく腫れてきますが、かゆみや痛みを伴うものではありません。
しかし、症状が悪化すると腫れていた肉球が次第にしぼみ、肉球に潰瘍が発生して痛みを伴うようになります。

腫瘍ができてしまうと、歩行時に痛みを感じるため足を引きずるようになったり、歩くのを嫌がるようになります。
潰瘍には出血を伴うことがあり、傷口から細菌やウイルスが感染してしまうこともあります。

肉球の「形質細胞皮膚炎(形質細胞性皮膚炎)」の詳しい発症原因は分かっていませんが、免疫力が深く関係しているのではないかとされているため、免疫力を低下させる「白血病ウイルス」「免疫不全ウイルス」などの感染が原因だと考えられています。
詳しい原因は不明ですが、特定の季節にだけ症状が現れる猫もいます。
また、目立った症状が現れないまま自然に治癒する場合もあります。

肉球の腫れは、前足から発症し、次第に後ろ足も腫れを起こすパターンが多いようです。

猫のためにあなたができること

肉球におかしな点があれば速やかに動物病院へ

肉球の皮膚炎自体は命の危険を伴うような病気ではありませんが、白血病ウイルスや免疫不全ウイルスに感染している可能性が高いことや、潰瘍からの二次感染のリスクの高さを考えると一概に危険ではない病気とは言い切れません。
そのため、猫の肉球に異常を感じたら速やかに動物病院へ連れていきましょう。
日頃から猫と遊んだり、マッサージをしてあげていれば早期発見は難しくなく、また、症状が悪化すれば歩行に何らかの異常が現れるので、できれば症状が悪化する前に病気を発見することが望ましいです。

治療においては、肉球の炎症を抑えるために副腎皮質ホルモンや抗生剤の投与を行います。
また、症状が悪化して潰瘍が発生している場合には、外科手術を必要とする場合があります。
詳しい原因は分かっていないので有効な予防策はありませんが、発症の原因とされる白血病ウイルスや免疫不全ウイルスの予防のためのワクチンの接種が有効であると言えます。
病気の初期の段階で肉球の異常を発見できれば完治も早いですし、白血病ウイルスや免疫不全ウイルスに感染している場合でも早期に発見することで危険な病気の発症を防ぐことができます。

猫にこんな症状・しぐさが出たら注意!

  • 肉球が腫れる
  • 肉球から出血している
  • 肉球に潰瘍ができている
  • 足を引きずる
  • 歩くのを嫌がる

かかりやすい猫の種類

特にかかりやすい品種はいませんが、以下の状況の猫はかかりやすいです。
  • ワクチン未接種の猫

監修医 小竹 正純先生

監修医 小竹 正純先生

多摩獣医科病院

院長:小竹 正純

住所:神奈川県 川崎市宮前区 菅生3-43-12
施設詳細はこちら