猫の肉芽腫(好酸球性肉芽腫症候群)とは

猫の肉芽腫(好酸球性肉芽腫症候群)とは

不調を抱えた猫の症状・原因について

アレルギーやウイルスを原因とする皮膚病の一種

肉芽腫は、猫に特有の皮膚病の一種で、発症した部位に白血球の一種である「好酸球」が多数見られる肉芽腫が発生することから「好酸球性肉芽腫症候群」とも呼ばれています。 肉芽腫には、 「無痛性潰瘍」、「好酸球性プラーク」、「好酸球性肉芽腫(線状肉芽腫)」の3種類があります。

無痛性潰瘍
主に上あごや上唇に発症し、赤褐色で光沢のある潰瘍ができます。 その境界ははっきりと分かれていて、病変部は少し盛り上がり、中心部はへこんでいて白く壊死していることもあり、また出血を伴うこともあります。 無痛性潰瘍の名前の通り、痛々しい病変部の見た目とは裏腹に、猫自体は痛みやかゆみを感じません。
無痛性潰瘍は、メス猫に発症しやすい傾向があります。
好酸球性プラーク
腹部や脇の下、首や内股、指の間に発症することが多いです。
発症部位はかゆみを伴う脱毛に皮膚の赤みが見られます。
また、見た目には境界がはっきりせずただれていることもあれば、表面は平らで全体的にはっきり大きく盛り上がったぼこぼこが多数現れることもあります。
好酸球性肉芽腫
発症部位が多く、腹部の側面や前足の側面、太ももの後ろ側に見られるタイプ(線状肉芽腫)と、口の中に肉芽腫ができるタイプがあります。 線状肉芽腫の場合は、直線上に皮膚の赤みや脱毛、フケの発生が起こります。
好酸球性プラークと異なり、かゆみはほとんどありません。
一歳未満の猫に多く見られます。
口の中に肉芽腫が発生した場合は食事や飲水が阻害されます。
肉芽腫の発症原因は詳しくは解明されていませんが、主にアレルギーやウイルス、細菌の感染、寄生虫の寄生、虫さされに対する過敏症、免疫系の疾患や遺伝が関係しているのではないかと考えられています。

猫のためにあなたができること

予防は困難で、早期発見が重要

肉芽腫の発症メカニズムは詳しく解明されていないので、有効な予防策はありません。
そのため、早期発見と早期治療が重要になります。
肉芽腫は発症部位によって細かな症状は異なりますが、どれも皮膚に何らかの異常をきたすので、日頃から猫と遊んだり、マッサージをしてあげていれば早期発見は難しくありません。

口の中の肉芽腫はなかなか発見できないかもしれませんが、食事や水を飲む時に肉芽腫が邪魔になっているので、普段とは違うしぐさを見せます。不自然なしぐさがあれば猫の口の中を確認しましょう。 命の危険を伴うような病気ではありませんが、場合によっては出血やかゆみを伴うことがあるので、肉芽腫を発見した場合には速やかに動物病院へ連れて行ってあげましょう。
治療においては副腎皮質ホルモンを投与することで症状が改善されることが多いですが、原因は多岐にわたるので原因に合わせた治療法が選択されます。

猫にこんな症状・しぐさが出たら注意!

  • かゆがる
  • しこりや腫れができる
  • フケが多い
  • 脱毛
  • 皮膚が荒れる
  • 食事や飲水時に様子がおかしい(口の中に肉芽腫がある場合)
  • 出血

かかりやすい猫の種類

特にかかりやすい品種はいませんが、以下の状況の猫はかかりやすいです。
  • メス猫(無痛性潰瘍)
  • 生後半年から1年の猫(好酸球性肉芽腫)

監修医 小竹 正純先生

監修医 小竹 正純先生

多摩獣医科病院

院長:小竹 正純

住所:神奈川県 川崎市宮前区 菅生3-43-12
施設詳細はこちら