猫の尾腺炎(スタッドテイル)について

猫の尾腺炎(スタッドテイル)について

不調を抱えた猫の症状・原因について

猫のしっぽの付け根が炎症を起こす病気

尾腺炎は、「尾腺過形成」や「スタッドテイル」とも呼ばれる病気で、猫のしっぽの付け根付近にあって皮脂を分泌する器官である「尾腺」が炎症を起こす病気です。
尾腺から皮脂が過剰に分泌されることで皮脂による悪臭が起こり、体毛が黄ばんだり黒ずんだりします。

次第に尾腺の周囲の体毛がもつれて固まってしまい、フケが発生します。
皮脂の過剰分泌が続いて皮脂が溜まると、尾腺が腫れあがり、炎症を起こします。
場合によっては炎症を起こした部分が細菌の感染によって化膿し、猫は患部を気にしだしますので、舐めとることで脱毛を伴います。

尾腺炎の原因は尾腺からの皮脂の過剰分泌によるものですが、尾腺からの皮脂分泌量が過剰になる原因は解明されていません。
ただ、去勢手術を受けていないオス猫の発症例が多いため、猫の男性ホルモンが何らかの関連性を持っているのではないかと言われています。
しかし、去勢手術を受けたオス猫や、避妊治療を受けていないメス猫にも発症例があるので、一概に男性ホルモンが原因とは断定できません。
尾腺からの過剰な皮脂分泌を原因としているため、「脂漏症」の原因となる細菌である「マラセチア菌」が関係している可能性もあります。

猫のためにあなたができること

獣医師の指示に従い、猫を清潔に保つ

猫の尾腺は、猫のしっぽの付け根部分にありますので、そこが炎症を起こしていたり悪臭がしたり、脱毛が起こっていれば尾腺炎を患っている証拠になりますので、速やかに動物病院へ連れていきましょう。

発見が遅れれば猫が患部を舐めることで次第に症状は悪化してしまうので、日頃から猫の様子をしっかりとチェックし、体毛や皮膚に異常が無いか確認しておきましょう。
命の危険を伴う病気ではありませんが、患部からの細菌の感染を許せば思わぬ症状が現れることもあるので油断することはできません。
スタッドテイルの治療は、炎症を起こしている尾腺の周辺の体毛を刈り取り、薬用シャンプーを使用して洗浄を行います。

また、患部に細菌の感染が見られる場合には抗生物質の投与を行います。
注意すべきなのは、尾腺炎は再発する可能性が高いので、獣医師の指示に従って自宅での薬用シャンプーによるこまめな洗浄が必要になります。
また、猫の尾腺や尾腺の周囲をこまめに拭き取り、ブラッシングをするなどして清潔に保つことも重要になります。
必須脂肪酸を与えることで症状が改善する場合もあります。

猫にこんな症状・しぐさが出たら注意!

  • しっぽの付け根が腫れる
  • しっぽの付け根が脱毛を起こしている
  • しっぽの付け根から悪臭がする

かかりやすい猫の種類

また、以下の状況の猫もかかりやすいです。
  • 去勢手術を受けていないオス猫

 近くの施設を探す  

監修医 小竹 正純先生

監修医 小竹 正純先生

多摩獣医科病院

院長:小竹 正純

住所:神奈川県 川崎市宮前区 菅生3-43-12
施設詳細はこちら