猫の白癬(皮膚糸状菌症)とは

猫の白癬(皮膚糸状菌症)とは

不調を抱えた猫の症状・原因について

カビに感染することで円形に脱毛する

白癬(はくせん)は、カビの一種である「皮膚糸状菌」が猫の皮膚に感染する病気で、「皮膚糸状菌症」とも呼ばれます。
皮膚糸状菌には多数の種類がありますが、その中でも猫に感染するものは「イヌ小胞子菌」によるものがほとんどです。
皮膚糸状菌に感染された部分はかさぶたやフケが発生し、円形に脱毛することから「リングワーム」とも呼ばれます。
かさぶたは場合によっては分厚く形成されることがあり、丘疹(きゅうしん:皮膚にできるぶつぶつ)を伴うことがあります。
主な発症部位は顔や耳、四肢です。
かゆみを伴うこともありますが稀で、一般的にはほとんどかゆみを伴いません。
白癬の原因となる皮膚糸状菌は接触によって感染するため、既に皮膚糸状菌に感染された猫や犬、人などと接触するか、皮膚糸状菌の存在する環境において感染するケースが考えられます。
白癬は、免疫力の低い子猫や、ストレスの多い猫に感染しやすい傾向がありますので、白血病ウイルスや免疫不全ウイルスに感染している猫や、その他に病気や何らかの理由で体力や免疫力の低下している猫は、白癬を発症する可能性が高くなります。
また、皮膚糸状菌が付着しやすく、湿度の高さによって菌が繁殖しやすくなる長毛種の猫は白癬を発症しやすくなります。

猫のためにあなたができること

円形の脱毛を見つけたら速やかに動物病院へ

白癬の最大の特徴は、皮膚糸状菌に感染した病変部が円形に脱毛することです。
猫に円形の脱毛箇所をみつけたら速やかに動物病院へ連れていきましょう。
治療に先立って、薬剤などを塗布しやすいように病変部とその周囲の体毛を刈り、感染の拡大を防ぎます。
場合によっては全身の体毛を刈る必要があります。
治療においては、抗真菌薬の内服や、抗真菌薬の配合されているローションや軟膏を塗布したり、抗真菌薬配合のシャンプーで丁寧に洗浄するなどします。
その後の対策として、猫の生活環境における皮膚糸状菌による再感染を防ぐため、生活環境の消毒や猫が使用しているものの洗濯を行います。
皮膚糸状菌は、人間において「水虫」の原因となるカビでもあるので、水虫を患っている方は患部を猫に触られないようにしましょう。
命の危険を伴う病気ではありませんが、場合によっては白血病ウイルスや免疫不全ウイルスに感染している可能性もありますので、決して油断しないようにしましょう。

猫にこんな症状・しぐさが出たら注意!

  • 円形に脱毛する
  • フケが発生する
  • かさぶたができる
  • 丘疹

かかりやすい猫の種類

特にかかりやすい品種はいませんが、以下の状況の猫はかかりやすいです。
  • 子猫
  • 免疫力の低下している猫
  • 長毛種の猫

 近くの施設を探す  

監修医 小竹 正純先生

監修医 小竹 正純先生

多摩獣医科病院

院長:小竹 正純

住所:神奈川県 川崎市宮前区 菅生3-43-12
施設詳細はこちら