猫のニキビダニ症(毛包虫症)とは

猫のニキビダニ症(毛包虫症)とは

不調を抱えた猫の症状・原因について

ニキビダニの寄生による皮膚炎

ニキビダニ症は、その名の通りニキビダニが猫の皮膚や毛穴に寄生することで、皮膚に炎症を起こす病気です。 「毛包虫症」や「アカラス(アカルス)」とも呼ばれています。
主に発症しやすい部位は顔や頭、首ですが、稀にお腹や背中、足などに炎症を起こす場合もあります。

犬では良く見られる病気ですが、猫では稀な病気です。
ニキビダニ症の症状としては、発症部位の脱毛やフケ、かさぶたの発生が見られます。

発症部位は赤くただれ、かゆみを伴いますが、その程度は猫によって様々ですので、非常に痒がるしぐさを見せることもあれば、ほとんど痒がらない場合もあります。また、皮膚の炎症の他にも両耳に外耳炎を併発することがあります。
ニキビダニ症の原因はニキビダニの寄生ですが、その発症には免疫系の疾患が関係していることもあります。
特に、中年齢を超えてからニキビダニを発症した場合には、白血病ウイルスや免疫不全ウイルスの感染、糖尿病の発症が疑われます。

猫のためにあなたができること

発生原因となる基礎疾患によっては命の危険も

ニキビダニ症自体は命の危険を伴うような病気ではありませんが、その発症の原因と考えられている病気の中には危険な病気を含んでいて、それによっては猫の命が危険にさらされる可能性は十分にあります。
そのため、単なる皮膚炎であると油断せずに、猫の皮膚に炎症を見つけたら速やかに動物病院へ連れていきましょう。
治療においては薬浴や殺虫効果のある薬剤の投与、抗生物質の投与を行いますが、場合によっては副作用を伴う恐れもありますので、事前に獣医ときちんと協議しておく必要があります。

発症部位には脱毛や炎症などの症状が現れるので、早期発見が難しい病気ではありません。
ただし、猫によってはほとんどかゆがるしぐさを見せないこともあり、発症部位によっては発見が遅れることも考えられます。

日頃から猫と遊んだり、マッサージしてあげることで皮膚の異常を速やかに発見することができ、猫の体調管理に役立ちます。
猫の発症例は少ないとは言え、発生原因となる基礎疾患によっては症状の進行に伴って猫の命の危険を伴う可能性もあります。そのため、早期発見と早期治療を心がけましょう。

猫にこんな症状・しぐさが出たら注意!

  • 脱毛
  • 皮膚の炎症
  • 発疹
  • かゆがる
  • 外耳炎

かかりやすい猫の種類

  • 子猫
  • 免疫力の低下した猫

 近くの施設を探す  

監修医 小竹 正純先生

監修医 小竹 正純先生

多摩獣医科病院

院長:小竹 正純

住所:神奈川県 川崎市宮前区 菅生3-43-12
施設詳細はこちら