猫の疥癬(ヒゼンダニ症)とは

猫の疥癬(ヒゼンダニ症)とは

不調を抱えた猫の症状・原因について

ヒゼンダニによる皮膚炎で、激しいかゆみを伴う

疥癬(かいせん)は、猫の皮膚にダニの一種である「ヒゼンダニ」が寄生することで皮膚炎を起こす病気です。
疥癬の初期症状は、顔や耳介に赤い発疹や脱毛が見られ、フケやかさぶたが発生します。
さらに、それに伴って皮膚が肥厚し、顔や耳の皮膚にしわができます。若い猫でも、急に年老いたような見た目になります。

猫の皮膚に寄生したヒゼンダニは、時間の経過に伴って他の箇所にも寄生し背中やお腹、四肢にまで症状が現れるようになります。
かゆみの程度は軽いこともありますが、基本的には激しいかゆみを伴い、かゆさのあまり掻きむしってしまい、出血を伴うこともあります。
疥癬の原因となるヒゼンダニが猫の皮膚に寄生すると、猫の皮膚を破壊したり、猫にとって刺激となる分泌物を放出するようになります。それが原因となり、免疫細胞を呼び寄せて猫にとって異物となるものを除去しようとして炎症を起こします。このとき、免疫細胞が周辺の神経まで刺激することによって激しいかゆみを引き起こします。

なお、一般的に「疥癬」と呼ばれる病気の原因となるのは「ネコショウセンコウヒゼンダニ」で、これは全身に寄生しますが、主に耳の中にのみ寄生する「ミミヒゼンダニ」による寄生虫症を「耳疥癬」「耳ダニ症」と呼びます。
耳疥癬の場合は猫の耳にのみ寄生され、黒っぽい耳垢が耳の中に溜まり、猫はかゆみのために耳を掻いたり頭を振るといったしぐさをします。
感染源は、既に寄生されている猫との接触によるもので、猫が直接接触しなくても、感染済みの猫に触れた飼い主に触れられることでも感染します。
希なケースではありますが、犬の疥癬の原因である「イヌセンコウヒゼンダニ」が感染して症状が現れることもあります。

猫のためにあなたができること

多頭飼いの場合は一緒に治療

疥癬は皮膚の炎症や脱毛、猫が患部を掻きむしって出血するなど、気づきやすい症状が表れるので、発見した場合は速やかに動物病院へ連れていきましょう。

その際、複数の猫を一緒に飼育している場合は、他の猫にもヒゼンダニが寄生している可能性が高いので、症状が現れていなくても一緒に病院へ連れて行き治療を受けさせるとよいでしょう。
治療においては、ダニ駆除薬を投与して猫に寄生しているヒゼンダニを駆除します。
また、殺虫効果のある薬剤を溶かしたお湯で薬浴をする場合もあります。
続発性の膿皮症の予防のために抗生物質を投与する場合もあります。

猫にこんな症状・しぐさが出たら注意!

  • かゆがる
  • 発疹ができる
  • 皮膚が炎症を起こす
  • かさぶたができる
  • フケが増える
  • 脱毛
  • 黒い耳垢が溜まる
  • 頭を振る

かかりやすい猫の種類

特にかかりやすい品種はいませんが、以下の状況の猫はかかりやすいです。
  • 室外で飼育している猫

監修医 小竹 正純先生

監修医 小竹 正純先生

多摩獣医科病院

院長:小竹 正純

住所:神奈川県 川崎市宮前区 菅生3-43-12
施設詳細はこちら