猫のツメダニ症について

猫のツメダニ症について

不調を抱えた猫の症状・原因について

ツメダニの寄生による人獣共通感染症の一種

ツメダニ症は、猫の皮膚にダニの一種である「ツメダニ」が寄生することで発症する寄生虫症の一種です。
なお、猫の爪に影響を及ぼす病気ではなく、鋭いカギ爪を持ったダニである「ツメダニ」が寄生する感染症で、ツメダニはそのカギ爪を使って猫の皮膚に取り付き、皮膚を傷つけて体液などを摂取しようとします。

症状としては、ツメダニに寄生された箇所に大量のフケが発生し、かさぶたや湿疹、脱毛を伴います。
ヒゼンダニによる「疥癬」と異なり、症状の差はありますが、猫は強いかゆみを覚えることはありません。

ツメダニが寄生する箇所は、主に頭部や背中ですが、しっぽの付け根やお腹に症状が現れることもあります。
ツメダニ症の原因となるツメダニは、主に寄生されている動物との接触によって感染しますが、その感染元となる動物は猫以外にも犬やウサギなどが含まれ、ハエやノミ、シラミといった大型の虫や寄生虫を介して感染することもあります。
その他にも飼い主の服や靴、シーツなどさまざまなものとの接触によって感染する可能性もあります。

ツメダニの体長は0.3mm~0.5mmと極めて小さく、そのため大型の虫を介して感染する場合もあり、また、肉眼でその姿を捉えることは困難です。ただし、ツメダニが寄生している箇所ではフケが動いているように見えることがあります。 1歳未満の若齢の猫に感染しやすい病気であると言われています。
なお、ツメダニ症は「人獣共通感染症(ズーノーシス)」であり、飼い猫を介して飼い主にツメダニが寄生する可能性があります。
その場合、ツメダニに寄生された飼い主は激しいかゆみに襲われることになりますが、猫などと異なり人間の体表ではツメダニは繁殖できないため、すぐに症状は落ち着きます。

猫のためにあなたができること

多頭飼育している場合は全員を病院へ

ツメダニ症は寄生された部位にフケやかさぶた、湿疹などの症状が現れるため、猫の皮膚に何らかの症状が出ているとすぐに気が付くことができます。
日頃から猫と遊んだりマッサージをしてあげることで猫の皮膚の状態を常にチェックし、早期発見につなげましょう。

ツメダニ症は接触感染を起こすため、複数の猫を一緒に飼育している場合には、ツメダニ症の症状が現れていなくてもツメダニに寄生されている可能性が高いため、全ての猫を治療する必要があります。
猫以外にも、ツメダニは主に犬やウサギにも寄生するので、それらの動物も一緒に治療しなければなりません。

治療においては、殺ダニ効果のある薬剤やダニの予防・駆除剤の投与が行われます。
場合によっては副作用のある薬剤を使用する場合もありますので、事前に獣医にきちんと確認をとっておきましょう。

猫にこんな症状・しぐさが出たら注意!

  • かさぶたができる
  • フケが増える
  • 脱毛
  • 皮膚が荒れる
  • 飼い主が激しいかゆみに襲われる

かかりやすい猫の種類

特にかかりやすい品種はいませんが、以下の状況の猫はかかりやすいです。
  • 若齢の猫

監修医 小竹 正純先生

監修医 小竹 正純先生

多摩獣医科病院

院長:小竹 正純

住所:神奈川県 川崎市宮前区 菅生3-43-12
施設詳細はこちら