猫のマラセチア性皮膚炎について

猫のマラセチア性皮膚炎について

不調を抱えた猫の症状・原因について

肌に常在している菌が原因

猫の皮膚炎には、菌によるものがあります。その中の一つにマラセチア性皮膚炎があります。
マラセチアは真菌の仲間になり、通常どこにでもいる菌で、皮膚の常在菌の一種です。通常は皮膚炎などを起こすことは無いのですが、免疫力が落ちたり、皮脂の分泌量が多い場所、湿度や肌へのダメージなどが原因でマラセチアは活発になり増えていきます。
増殖していくと、更に活動してリパーゼやプロテアーゼなどといったタンパク質分解酵素や脂肪分解酵素を出していきます。分解酵素が過剰に出ることによって肌が炎症を起こします。
マラセチア性皮膚炎になった猫は肌が脂っぽい状態になり、毛並みもべたついた感じになります。肌も良く見ると赤くなってフケのようなものがたくさん出るようになり、かゆみなどを伴って掻くようになります。
症状がひどいと、においの違いに気がつく飼い主もいます。耳の周辺でこれらの炎症が起きることによって外耳炎になることもありますので注意が必要です。
原因はいくつかあります。
引っかいたりして肌のダメージがあったり、アレルギーなどを抱えていて肌のバランスなどに変化が起きるという事もあります。
また、温度や湿度が高い時期はマラセチアの活動も活発になりやすい環境となっていることも、原因の一つと言えるでしょう。
さらに、総合栄養食などを与えおらず、栄養バランスが崩れていくとマラセチア性皮膚炎の原因となる事もあります。
また、普段から疾患を抱えている猫の場合は免疫力が落ちていることも考えられるので皮膚炎になりやすいです。

猫のためにあなたができること

マラセチア皮膚炎は根気のいる治療

所見での診察、ウッド灯検査や皮膚掻爬検査、顕微鏡などで検査をしていくうちにマラセチアを発見して診断していきます。
治療としてはマラセチアがこれ以上増殖しないようにするのが重要になります。真菌に効果があるシャンプーなどを使って清潔に保ち、菌が増えにくい環境する努力が必要です。
また、同時に原因として考えられるものがある場合や疾患を抱えている場合は、それぞれに合った治療をしていきます。真菌関連の治療はすぐに改善できることはありません。時間がかかりますし、治療中は部屋の床や寝床なども消毒をした方がよいです。
それでも場合によって治りが遅く、多頭飼いの猫に感染する可能性もありますので、根気強く治療しましょう。
肌に異常が出た場合、マラセチア皮膚炎のように感染の可能性も考え、多頭飼いの場合は病院に連れて行って詳しい結果が判明するまでは隔離するなどの対処が出来るようにしましょう。

猫にこんな症状・しぐさが出たら注意!

  • 毛がべたつく
  • フケのようなものがある
  • よく掻く
  • かかりやすい猫の種類

また、以下の状況の猫もかかりやすいです。
  • 毛が密集している長毛の猫
  • 場所によってべたつきがある
  • アレルギーを発症している
  • 疾患を抱えている猫

監修医 小竹 正純先生

監修医 小竹 正純先生

多摩獣医科病院

院長:小竹 正純

住所:神奈川県 川崎市宮前区 菅生3-43-12
施設詳細はこちら