猫の座瘡について

猫の座瘡について

いわゆる猫のニキビ

いつもと活動パターンが違い、大人しく感じる

座瘡は猫の顎の辺りにニキビが出来るので、猫のあごにきびとも言われています
これは顎の下に脂腺といって皮脂を出す機能があるため、座瘡が出来やすい状況になっています。脂腺は他にも尻尾の付け根やまぶたの部分や唇などにもあるのですが、顎の下の部分は直接舐めるといった毛づくろいをしにくい場所ということもあり、座瘡が出来やすいです。

座瘡が出来る原因として、毛づくろいをあまり行わない習慣の猫の場合、顎の下のグルーミング(手入れ)もちゃんといきわたっていないことが多いです。
他に種類や性別、年齢に関してのできやすい傾向などはありませんので、普段からあまりグルーミングをすることが少ない猫や、顎の下の毛づくろいを行う習慣が少ない猫の場合は注意が必要です。

症状としては黒いポツポツとした汚れのようなものが確認できるようになります。その座瘡に細菌感染などがおき、炎症を起こすことがあります。炎症を起こしてしまうとかゆみや腫れなどが出て、脱毛することもあります。
そして、膿がたまるまで悪化することもあり、悪化した場合はリンパなども腫れることがあります。

猫のためにあなたができること

悪化するようなことがあれば病院へ

猫の座瘡は炎症などの症状が出ていない場合は特に問題がないのですが、細菌感染やマラセチアなどに感染すると炎症を起こすので治療が必要になります。
腫れて痛がる、炎症がある、脱毛が出てきたなどの症状がある場合はすぐに動物病院へ連れて行くようにしましょう。

診察に関しては所見で判断します。 炎症が起きている場合は大抵細菌感染が考えられますので、まずは抗生物質などを投与して治療していく場合が多いです。
症状が軽いと抗生剤の軟膏だけで様子を見ますが、炎症の症状が重い場合は内服薬の処方をされることがあります。

他には汚れている部分を消毒も兼ねてふき取ったり、動物用の薬用シャンプーを使用して改善を試みる場合もあります。このとき使用するシャンプーは市販のシャンプーや動物用の薬用シャンプーではなく、動物病院で処方してもらう薬用シャンプーを使います。(ノルバサンなど)

治療時に患部をきれいにするということが大切ですが、こするようにして汚れを取ろうとすると逆効果になりますので注意しましょう。
お風呂が苦手な猫にとっては全身のシャンプーはストレスになります。また、顎の部分の炎症だけになりますので顎の部分だけを洗浄するという方法が多いです。
症状や状況にもよりますが、ステロイドの軟膏を処方される場合もあります。ステロイドの軟膏を使用すると比較的早く症状が改善されることが多いです。

猫にこんな症状・しぐさが出たら注意!

  • 顎の辺りに黒い汚れのようなものがあるる
  • 顎のあたりをかゆがることがあるる
  • 顎の辺りに炎症や腫れ、膿みなどが出てきたる
  • 顎の辺りの脱毛る
  • 外耳炎

かかりやすい猫の種類

  • 毛づくろいをあまりしない猫

監修医 小竹 正純先生

監修医 小竹 正純先生

多摩獣医科病院

院長:小竹 正純

住所:神奈川県 川崎市宮前区 菅生3-43-12
施設詳細はこちら