犬の耳疥癬(耳ダニ感染症)とは

犬の耳疥癬(耳ダニ感染症)とは

不調を抱えた犬の症状・原因について

耳の中に寄生するミミヒゼンダニによる過敏症

耳ダニ感染症は、ミミヒゼンダニが耳道に感染して起こります。
このダニは、犬、猫、フェレット、そしてキツネ、タヌキなどの野生動物、場合によってはヒトも含め、直接接触によって感染します。
耳道内の表皮の剥がれたものを摂食しますが、患者には過敏に反応して、激しい痒みをもたらすことがあります。
耳道には、特有のコーヒーかすに似た耳垢がみられます。また、細菌性もしくは真菌性外耳炎、時には耳血腫の引き金になります。
診断は、耳道内の耳垢の一部を採取し鉱物油の中で顕微鏡、もしくはオトスコープという内視鏡を用いて動いているダニや虫卵を見つけることで、確定します。
治療には、様々な殺ダニ剤が用いられますが、なかでも滴下タイプの10%イミダクロプリド+1%モキシデクチンあるいはセラメクチンを、30日ごとに2回投与する方法は、対象が猫ですが効果が確認されています。

犬にこんな症状・しぐさがみられたら注意!

  • 耳を掻く
  • 耳道にコーヒーかすに似た耳垢
  • 他の犬、猫に触れる機会があってから、耳を痒がる

かかりやすい犬の種類

  • 全犬種が対象です

 近くの施設を探す  

監修医 杉村 肇 先生

監修医 杉村 肇 先生

どうぶつ耳科専門クリニック 主の枝

院長:杉村 肇

住所:兵庫県 洲本市 宇原2279-2
施設詳細はこちら