ハムスターにできものが出来てしまったようです。治療したほうがよいでしょうか?

ハムスターにできものが出来てしまったようです。治療したほうがよいでしょうか?

不調を抱えたハムスターのしぐさや症状について

日頃の観察や触れ合いで、変化に早く気づいてあげましょう

最初にハムスターの異変に気付いてあげられるのは飼い主さんです。ハムスターさんの体(特に体の表面)にできものができてしまった場合には、左右非対称の体つきや、歩き方の変化などの外見の変化、体を触ったときにいつもはないものが触れるなどの変化があることが多いです。また、体重の減少や増加などの変化が現れることもあります。できものの種類や状況によって、大きさ、形、色などは異なってくるため、まずは“いつもと違う”という変化を早い段階で気付いてあげることが重要です。

考えられるハムスターの不調の原因は?

ハムスター同士の喧嘩、ケージ内や散歩中の事故など、ハムスターはケガをしやすい動物です。この時、ケガをした場所や、皮膚が弱くなっているところから細菌などが侵入し、増殖すると、膿が溜まり膿瘍になってしまうことがあります。

ハムスターは腫瘍が出来る事が多く、特に高齢になるにつれてその可能性は増加します。腫瘍は良性の場合も、悪性の場合もあります。

動物病院での治療について

動物病院ではできものの種類を判断した上で処置、治療をしていきます。

膿瘍の場合は溜まった膿の排出や、患部の消毒・洗浄を行うことがあります。また、必要に応じて抗菌剤などの薬を使用する場合もあります。

腫瘍が疑われる場合には、細胞や組織を採取して検査を行ったり、必要であれば手術でできものを摘出します。

ハムスターのためにあなたができること

できものの種類に合わせて治療を行います。

できものの種類やハムスターの全身状態によって治療方法は変わってきますので、早めに動物病院へ連れて行くようにしてあげましょう。
動物病院では検査や治療、日常のケアに関して話を聞き、どんな治療を希望したいか伝えましょう。

獣医さんにハムスターの症状を伝えるポイント

  • できものに気付いたのはいつか
  • 見つけたときはどのぐらいの大きさだったか
  • 元気・食欲はあるか

考えられる病気名

  • 膿瘍
  • 炎症
  • 良性腫瘍
  • 悪性腫瘍
など
ハムスターの診察が可能な動物病院に一度、事前にお問い合わせをすることをおすすめします。

監修医 常住 直人 先生

監修医 常住 直人 先生

small animal clinic

院長:常住 直人

住所:千葉県 千葉市中央区 登戸1-22-25登戸N.Tステージ1F
施設詳細はこちら