ハムスターが痩せた気がします。深刻な病気じゃないか心配です。

ハムスターが痩せた気がします。深刻な病気じゃないか心配です。

不調を抱えたハムスターのしぐさや症状について

肉付きが悪いと感じたら要注意です

通常、ハムスターは体に適度な脂肪を蓄えているので、見た目もころっとしたかわいらしい体型です。
毎日、姿を見ているとあまり小さな変化に気がつきにくいですが、以前に比べて肉付きが悪いと感じたら要注意です。食事量が減る、元気がなくなる、寝てばかりの状態になる、いった変化などが見られることもあります。

考えられるハムスターの不調の原因は?

中には重大な疾患の可能性も

ダイエットによる体重減少であれば、他に気になる変化がなければ問題はないですが、食生活の変化がないのに痩せた場合は注意が必要です。
まず、与えたエサを食べているかどうか確認しましょう。エサ容器から無くなっているだけで、食べずにどこかにため込んでいる可能性もあります。エサが食べられずに痩せてしまう場合、何らかの原因で食欲不振に陥り、採食が困難な状態であると考えられます。また、食べているのに痩せてしまう場合は、腫瘍性疾患や消耗性疾患の可能性も考えられます。

動物病院での治療について

痩せてしまう原因は多岐にわたりますので、まずはお家での飼育方法の確認から、身体検査、糞便検査やその他の検査などを経て治療が必要な状態なのかを判断し、治療方針を決めていきます。

ハムスターのためにあなたができること

念のため、動物病院へ

痩せた時に、特に食事内容の変更が無いようであれば、なんらかの病気の可能性もあります。まずは動物病院に連れて行くことをおすすめします。

動物病院では、飼育状況を確認するために飼育ケージも持って行く方がよい場合があります。
念のため、事前に電話で飼育ケースを持っていったほうが良いのかという点を確認しておきましょう。飼育ケージごとハムスターを連れていくと、移動の際にケガをしてしまう恐れがありますので、ハムスターはキャリーケースなどに別に収容し連れて行くとよいでしょう。

獣医さんにハムスターの症状を伝えるポイント

  • いつごろから痩せた事に気がついたのか
  • 食欲に変化はあるか
  • 排泄に異常はないか
など

考えられる病気名

  • 消化器疾患
  • 感染性疾患
  • 不正咬合(歯の過長)
  • 腫瘍性疾患
など
不明な点に関しては、ハムスターの診察が可能な動物病院に一度、事前にお問い合わせをすることをおすすめします。

監修医 常住 直人 先生

監修医 常住 直人 先生

small animal clinic

院長:常住 直人

住所:千葉県 千葉市中央区 登戸1-22-25登戸N.Tステージ1F
施設詳細はこちら