川崎市でマイクロチップの装着ができる動物病院【EPARKペットライフ公式】川崎市でマイクロチップの装着が可能な動物病院を紹介しました。どの病院もペットと飼い主さんへの配慮した治療方針を持っています。トリミングやペットホテルも可能な病院もあります。ペットのしつけや生活の相談も行っています。

川崎市でマイクロチップの装着ができる動物病院

地震などの災害に対しての意識が高まり、ペットの防災や、非常時の対策も考えられている時代です。災害で離れ離れになったり、わんちゃんや猫ちゃんが迷子になってしまったときのために、マイクロチップの装着をする飼い主さんが増えています。マイクロチップを装着することで、飼い主さんの情報などが分かります。海外に行くときに必要になることもあります。マイクロチップは動物病院で装着可能です。川崎市でマイクロチップの装着が可能な動物病院を紹介していきます。

1-1.ブナの森動物病院

JR横須賀線新川崎駅から徒歩約15分
JR南武線鹿島田駅から徒歩約20分
JR川崎駅西口からバス約25分
東急東横線元住吉駅からバス約15分
東急東横線日吉駅からバス約15分

住所 神奈川県 川崎市幸区 南加瀬2-20-1 南加瀬ビル101
対象動物 犬/猫/うさぎ/ハムスター

口コミ 1 5

  • 土曜日もOK
  • 日曜日もOK
  • 祝日もOK
診療時間
8:30 ~ 12:00 ×
16:00 ~ 19:30 × ×

診察内容

一般診療/避妊・去勢/狂犬病注射/混合ワクチン注射/フィラリア予防/ノミ・ダニ予防/その他

ブナの森動物病院について

祝日の診察も可能

ブナの森動物病院は、土曜日、日曜日、祝日も診療を行っています。日曜日は午前のみの診療で、休診は水曜日です。夜7時30分まで診療を行っているので、仕事の後や、休日なども安心です。病院内は、温かみのある造りで、飼い主さんも緊張せずに来院できるよう配慮されています。デリケートな猫ちゃんやウサギさんのための待合室を別に用意していたり、最新の機器や、内装など、ストレスを感じさせないようにしたり、工夫がされています。

スタッフさんはとても勉強熱心

ブナの森動物病院の獣医師さんはとても勉強熱心です。院長先生は皮膚科の専門性を高めています。副院長先生は、眼科の専門性を高めています。大学病院での研修や学会に参加したり、看護師さんも、薬や検査などの説明ができるようにしたりと、積極的に知識の習得を目指している病院です。ペットの種類に合わせた配慮を行うなど、知識を基にペットと飼い主さんが幸せに暮らしていけるための、しつけ相談や、生活相談を行っています。

2.まとめ

川崎市でマイクロチップを装着可能な動物病院では、どの病院でもペットのストレスをできるだけ軽減してあげたいという想いがあります。ペットは話せない分、スタッフさんが、環境によるストレスや処置のストレスを減らしたり、飼い主さんへのカウンセリングを重要にしています。