11/29
11/30
12/1
12/2
12/3
12/4
12/5
12/6
12/7
12/8
12/9
12/10
12/11
12/12

ユーアイ動物病院

ユーアイドウブツビョウイン

5 1件

大阪府 枚方市 野村中町36-5

学研都市線藤阪駅から徒歩約13分

// うさぎ/ ハムスター/ フェレット/ モルモット/ リス/ 鳥類/ 爬虫類/ その他

一般診療/狂犬病注射/混合ワクチン注射/フィラリア予防/ノミ・ダニ予防/しつけ相談受付/避妊・去勢/その他

  • 土曜日もOK
  • 日曜日もOK
  • 祝日もOK
  • 現在営業中
診療時間
09:00 ~ 12:00 ×
17:00 ~ 20:00 ×

※12:00~17:00は手術・往診(要予約)
※日曜・祝日も平常通り診察します。
※緊急の際は時間外でもできるだけ対応させて頂いておりますので、まずはお電話下さい。

施設からのお知らせ
※12:00~17:00は手術・往診(要予約)
※日曜・祝日も平常通り診察します。
※緊急の際は時間外でもできるだけ対応させて頂いておりますので、まずはお電話下さい。
施設からのお知らせ
※12:00~17:00は手術・往診(要予約)
※日曜・祝日も平常通り診察します。
※緊急の際は時間外でもできるだけ対応させて頂いておりますので、まずはお電話下さい。

ユーアイ動物病院への編集部紹介コメント

こんにちは、枚方市野村中町にあるユーアイ動物病院・院長の林 直樹です。この地に開業して25年以上、「ペットたちの苦痛をできるだけ取り除くこと」を目指し、日々診療をつづけてきました。ペットたちの苦痛は、ケガなどのわかりやすいものもあれば、飼い主さまも気づくことが難しい内面の疾患もあります。獣医師として、見えにくい動物たちの痛みをきちんとフォローできるような診察と治療を心がけています。

ユーアイ動物病院は枚方市野村中町にある動物病院です。JR学園都市線の藤阪駅から徒歩13分ほどの場所にあります。お車の場合は国道307号線を西へ進み、ホームセンターを過ぎてひとつ目の信号を南へ入って、十字路にある緑のテントが目印です。
院長の林先生はペットたちが健康で長生きできることを願い、ざっくばらんにお話ししてくださいます。夜間も早朝も電話がつながる限り対応。犬・猫のほか、うさぎ・ハムスター・フェレットなどの小動物の診察もしています。トリミングサロンとペットホテルも併設し、緊急時だけでなくふだんから頼れる動物病院です。枚方市でかかりつけ医をお探しの方におすすめいたします。

ユーアイ動物病院の施設紹介

  • モットー

    施設の写真

    対症療法ではなく根本からの治療を

    「下痢をしている」という理由で来院された場合、下痢を治すのが最優先ではありますが、診察をしてみると、心臓にも問題を抱えているなどほかの疾患が見つかることもあります。下痢は一時のことですが、心臓は命にかかわること。「下痢が治ったからよし」とせず、心臓のことを考えた生活習慣や食習慣の改善や、治療が必要な場合があるかもしれないと伝えています。診察を通して飼い主さまでも気づきにくい症状に気をつけてあげることが大切なペットの健康長寿につながります。当院ではケガがきっかけで来院されても、まず全身について診察をするようにしています。


  • できるだけ痛みや怖さが少なくなるように配慮しています

    痛い思いや怖い思いを長引かせないように、診察はできるだけ手早くおこないます。また、病院という特殊な場所で白衣という普段見慣れないものを着た人間が近づいてくるのは恐怖感も増し、ペットが警戒する可能性が高まりますので、白衣は着ずに清潔な普段着を着用しています。


    ペットの身体の固定は飼い主さまにお願いしています

    ペットが暴れたり噛んだりしてしまうは怖いからです。特に猫はデリケートで、大丈夫と思わせておいて豹変し、暴れたり噛んだり引っ掻いたりすることもあります。長年の経験から、怖がっている、身構えているなどは敏感に察知して対応しています。さらに、ペットを安心させるためにも、ペットの身体を固定するのは基本的に飼い主さまにお願いしています。飼い主さまの「治してあげたい」という想いにふれながら診察をすることで、よい意味で緊張感が生まれ、獣医師としての覚悟をもって治療に臨むことができています。必死な想いには必死さでお応えしたいと思っています。

  • 治療について

    施設の写真

    慎重に聴診をしています

    長年の経験から、心臓の不調に気づくことが得意です。聴診で心臓に雑音が聞こえたらすぐに血圧を測り、病気の早期発見に努めています。心臓はかなり悪くなってからでないと、へたりこんだりゴホゴホと咳をしたりという目に見える症状はでません。症状が出ていない段階から飼い主さまが気づいて治療を始めるのはなかなか難しい病気です。「心臓弁膜症です」とお伝えしてもピンと来られなくても、測定した血圧の数値を見てご納得いただけることが多いです。症状が出る前からケアを始めてあげたほうが健康寿命はぐんと延びます。症状が軽いうちは薬を使わなくても生活習慣や食生活を改めることで改善が見込めるといわれています。できることから少しずつ始めましょう。


  • 高度な処置も経験豊富な獣医師が対応します

    高度な処置をして麻酔が切れたあと、人間ですとある程度じっとしているのが一般的ですが、犬猫の場合は30分後には歩きまわります。そのため、糸で傷口ができるだけ動かないようにする必要があります。きつく締めると血行が悪くなりますし盛り上がったりします。ほどよい結び加減にすることが大切で、獣医師の技量が表れやすいところです。当院で処置した動物たちの多くは1年経てば痕がわからないくらい回復していきます。


    今までにお断りした動物はいません

    犬猫以外でも、かかりつけ医としてペットショップで取り扱っている動物は診察するようにしています。爬虫類や鳥類などはペットショップでの取り扱いも増え、あまり馴染みのない種もいますが、下痢や皮膚病などの症状は「まさにその生き物」を治療したことがなくとも、今までの経験から対応いたします。そうして経験値をあげることで、飼い主さまへフィードバックしていけたらと考えています。診察ができるか気になる際には一度お電話にてお問い合わせください。

  • 時間外について

    施設の写真

    深夜・早朝も対応しています

    医院の上の階が自宅になっていますので、診療時間外の深夜・早朝でもお電話に出ることができたときには対応いたします。年末年始のいわゆる「休診日」であっても、緊急時に備えてスタンバイしておりますのでまずはお電話をください。ただし、時間外料金やお正月料金をお願いしております。ご了承ください。

  • 大切なペットの健康寿命を延ばすために

    施設の写真

    ペットドックでの全身チェックをおすすめしています

    犬にとっての1年は人間にとっての5年ほどに相当します。本当は3ヵ月に1回の健康診断が理想かもしれません。少なくとも1年に1回は受けさせてあげてほしいと思っています。当院のペットドックは、血液検査、尿検査、便検査のほか、血圧測定や診察も含まれます。栄養状態、目や口、歯、毛や皮膚の状態をしっかりとチェック。午前中にお預かりして夕方お返しし、結果は3枚のレポートにまとめて総合所見とともにお伝えいたします。標準値がわかると万が一悪くなったときに検査結果が比較検討でき、治療に活かせます。その子の標準値を知ることは大切なペットの健康維持に役立ちますので、若くて悪いところがない状態のときから検査を受けられることをおすすめしています。


  • 喜んでおいしく食べるものが健康に良いとは限りません

    健康な状態で長生きするためには、人間同様、ペットたちもなるべく塩分やコレステロール、余分な脂を若いうちから摂らないことが理想です。当院では「食生活の改善」に適したフードをご紹介しています。ただ、そういうごはんはあまりおいしくないのも事実。味が濃いほうに慣らすのは簡単ですが、逆は難しいものです。3~6ヵ月くらいかけて慣らしていくイメージで、普段のごはんと半々くらいから始めて徐々に増やしていく方法をおすすめしています。食べなければ6:4から始めても構いません。


    ごはんは質の良いペットフードと水のみを

    犬猫にとって一番健康に悪いのは人間の食べ物です。たとえばキャベツはナトリウムの含有量が多く心臓を悪くするおそれがあります。人間なら心臓の悪い方でも食べるのに制限はありませんが、人間に比べて犬は体重1㎏あたりのナトリウム摂取許容量が10分の1以下とかなり少なく、注意が必要です。また、牛乳は、健康なときに飲むのは問題ありませんが、腎臓を患っていると身体にタンパク質の分解物が溜まっていって尿毒症を起こす可能性があります。水より牛乳のほうが犬猫にとってはおいしいものですが、月に1回でもおいしいものを飲み食いしたらその味を覚えてしまい、いつでも欲するようになります。ペットが健康に長生きするために、おいしいものは与えないほうが良いということもあります。


    無理にハミガキをせず、やさしくケアしてあげてください

    当院はハミガキを推奨していません。歯ブラシではきれいに磨ききれませんし、歯茎を傷める危険性もあるからです。ケアをしてあげたい時には、指にガーゼを巻いて歯の表面を拭き、歯垢の段階のものを落としてあげるのがおすすめ。ペットに苦痛が少なく効果的な方法で、歯茎も傷めず、歯石がつくスピードを遅くできます。1週間に1度でもかまいません。ですが、ケアをしていても歯石は付くものです。10歳を過ぎていれば犬猫に歯石がついているのはあたりまえのこと。1年に1回くらいは麻酔をかけての歯石とりをおすすめしています。

ユーアイ動物病院への口コミ

  • #

    うめぼんさん オス
    5
    2019/12/01
    雰囲気: 5
    接客/サービス: 5
    待ち時間: 5
    清潔感: 5
    治療の満足度: 5
    68

    不愛想な先生ですが・・・

    近所に動物病院でトリミングサロンも運営しているところはないかと探していました。EPARKで隣町に希望にピッタリ合った動物病院がみつかったので初めて行きました。先生が対応してくれたのですが、職人気質の不愛想な感じで最初の印象はあまり良くなかったのですが、トリミングの希望通りキレイにカットしていただいのですが、うちのワンコは目やにの涙やけがひどかったのですが、何も言わなかったのに、その治療までしていただきました。見た目や態度とはギャップのある親切で丁寧な先生でした。

口コミをもっと見る(0件)

ユーアイ動物病院の基本情報

住所 〒573-0144 大阪府 枚方市 野村中町36-5
アクセス

学研都市線藤阪駅から徒歩約13分

学研都市線藤阪駅からバス約7分

学研都市線津田駅から徒歩約14分

電話番号
0066-9802-968626-3
併設施設 ペットサロン / ペットホテル / 一時預かり
施設情報
当日対応OK/ コインパーキング/ 送迎あり/ バリアフリー対応/ 往診対応あり/ 入院設備あり
診療領域 歯と口腔系疾患/消化器系疾患/内分泌代謝系疾患/整形外科系疾患/感染症系疾患/中毒/眼科系疾患/循環器系疾患/肝・胆・すい臓系疾患/血液・免疫系疾患/耳系疾患/寄生虫/皮膚系疾患/呼吸器系疾患/腎・泌尿器系疾患/筋肉系疾患/生殖器系疾患/腫瘍/アレルギー
獣医師人数 男性 1人

×

電話受付時の注意

※無料通話となります。
※キャンセルの場合も必ずご連絡お願いします。
※当社およびEPARK利用施設は、発信された番号を、EPARKペットライフ利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用することができるものとします。
※お客さまが予約専用電話番号に発信した電話番号情報は、当サイトの運営会社である株式会社EPARKペットライフが取得し、予約確認・案内SMS送信を目的として利用いたします。
※お客さまのご意見・ご要望を把握し、サービス向上につなげるため、通話内容を録音させていただきます。