• EPARK会員様限定!口コミ投稿を条件にトリミングサロンを無料体験
  • EPARK会員様限定!2018年戌年動物病院もペットサロンもお得に行こうキャンペーン
施設番号hos_102

リン動物病院

リンドウブツビョウイン

診療対象動物 犬/猫/うさぎ/ハムスター
併設施設その他
住所
住所地図
埼玉県 さいたま市桜区 道場2-1-1
アクセス 埼京線南与野駅から徒歩約25分
京浜東北線浦和駅西口からバス約20分
エリア 埼玉県さいたま新都心・与野さいたま新都心・与野
  • 土曜日もOK
  • 日曜日もOK

スタッフ紹介

院長:林津 陽平 インタビュー

  • 獣医師になろうと思ったきっかけやこれまでの経緯を教えてください

    昔から生き物全般が好きで、子どもの頃は釣りやバードウォッチングなど、大人に混ざって楽しんでいました。生き物関係の仕事に就きたいと思ったときに、選択肢の中に獣医師もあったという具合ですね。
    大学では魚病学といって、魚を使った免疫学の研究を行っていました。正直、今の仕事とはあまり関係のない分野かも知れませんが、基礎研究を学ぶということは非常に重要だと感じています。
    その後、勤務医として大船の動物病院と、所沢の夜間病院で経験を積みました。師と仰ぐ先生には命に対して誠実に向き合うということを非常に厳しく教えていただきました。一方、夜間病院ではほとんどの患者さんが初診という状況のなかで、素早く対応しなければなりません。治療へのスピード感などは昼間の病院とは大きく違うと思います。重症の子の場合は飼い主さまとお会いしてすぐに、治療を行うかどうかのお話をしなければなりませんので、かなりシビアな世界ですよね。

  • 今後の展望について教えてください

    動物の小児科の設立の実現に向けて勉強を行っていきます。獣医療には治療科目ごとに研究会、学会がありますが、小児科学会というものはありません。動物の治療では、多少の応用はしても、子犬や子猫だからといって特別な対処を行ってはいないのが現状です。
    しかし、子犬や子猫はちょっとしたことでケガや病気もしますし、幼いころに特有の病気もあります。保護されて来院する子猫も多く、特に授乳期の子猫の場合は、何も変化がなくても週一回のご来院を案内している程です。
    ただ、診察に対する気持ちのベースの部分は今後も変わらないと思っており、その中でできることを少しずつ増やしていきたいと考えています。診察・検査・治療機器などのいずれにおいても、専門的な分野を強化していくことよりも、どんな症状のペットが来院しても、ある程度高い水準の治療を提供できるように、レパートリーを増やすということに重きを置いて病院を運営しています。
    もちろん、飼い主さまにとって、動物病院を「気負って来なくても良い場所」にすることは、今までもこれからも心がけていきたいですね。

情報について誤りがある場合は以下のリンクからご連絡をお願いいたします。

誤りのある情報の報告 誤りのある情報の報告

×

電話受付時の注意

※ 無料通話となります。
※ キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。
※ 当社およびEPARK利用施設は、発信された番号を、EPARKペットライフ利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用することができるものとします。
※ お客さまが受付専用電話番号に発信した電話番号情報は、当サイトの運営会社であるイーペットライフ株式会社が取得し、受付確認・案内SMS送信を目的として利用いたします。