リアンアニマルクリニック

リアンアニマルクリニック

診療対象動物 // うさぎ/ ハムスター/ フェレット/ モルモット/ リス/ 鳥類/ 爬虫類
併設施設 ペットホテル/ しつけ教室/ 一時預かり
住所
住所地図
千葉県 佐倉市 上座684-1エステート弐番館102号
アクセス 京成本線ユーカリが丘駅から徒歩約5分
山万ユーカリが丘線地区センター駅から徒歩約5分
山万ユーカリが丘線公園駅から徒歩約11分
山万ユーカリが丘線井野駅から徒歩約19分
山万ユーカリが丘線女子大駅から徒歩約22分
エリア 千葉県成田・八千代・鎌ヶ谷八千代・佐倉・四街道
  • 夜間診療
  • 土曜日もOK
  • 日曜日もOK
診療時間
09:00 ~ 11:30 × ×
16:00 ~ 18:30 × × ×

診療内容

一般診療/ 狂犬病注射/ 混合ワクチン注射/ フィラリア予防/ ノミ・ダニ予防/ しつけ相談受付/ 避妊・去勢/ その他

施設からのお知らせ
※※年末年始の診療について※※
施設からのお知らせ
※※年末年始の診療について※※

リアンアニマルクリニックへの編集部紹介コメント

リアンアニマルクリニックは千葉県佐倉市上座にある動物病院です。京成本線のユーカリが丘駅から徒歩5分ほどの場所にあります。病院前面に7台分の駐車場がありますので、お車での来訪も便利です。
新しい知識や技能を求めて勉強し続ける熱意あふれる院長先生と、優しい看護師さんによるアットホームな病院です。院内の清潔さや丁寧な説明といった基本を大切にされていて、臭いのないピカピカの院内と分かりやすい説明が印象的でした。日本を代表する獣医師のもとで勤務した経験を生かし、エキゾチックアニマルにも幅広く対応してくださいます。お得な健康診断キャンペーンなども実施されていますので、ぜひ一度ご利用ください。

動物とその家族に寄り添い、最良の診療を一緒に考えます

こんにちは、千葉県佐倉市上座にあるリアンアニマルクリニックの院長、齋藤 仁裕です。救急救命や高度獣医療を行う動物病院での勤務をへて、理想とする動物病院であるリアンアニマルクリニックを開院致しました。「リアン」とはフランス語で絆を意味する言葉で、「動物と家族の絆を最良のものにしたい」との思いを込めています。
当たり前なことではありますが、1頭1頭しっかりと丁寧に診察して、論理的、科学的に正確な診断を行うことを診療方針のひとつとしています。どれだけ経験を積んで知識をつけても、それに驕ることなく、基本を大切に診療にあたっています。また、飼い主さまの治療や検査、費用に対するご要望にそえるよう、できるだけ複数の選択肢を提案し納得していただけるように心がけています。
夜間緊急対応の体制も整え、痛みに配慮した優しい治療をさせていただきますので、何か少しでも不安な時や異常を発見した際は当院にお越しください。また、健康な子のサポートである予防医療や犬のしつけ教室にも力を入れています。お得な健康診断キャンペーンや、週1回のしつけ教室もぜひご活用ください。

リアンアニマルクリニックの施設紹介

  • あらゆる動物の飼い主さまと動物の絆を守る動物病院

    施設の写真

    優しく丁寧な診察と明瞭な診療・治療計画の提示を大切にしています

    診察時は、動物が怖がらないように優しく声をかけて触れるなど、ストレスを極力かけないように注意するとともに、飼い主さまのお話を丁寧に伺い、威圧感のない話しやすい雰囲気をつくることも大切にしています。また、診断方法、治療方法は1つとは限りませんので、複数の選択肢を提示させていただき、それぞれのメリット・デメリット、かかる費用などもしっかり説明させていただきます。大切な動物の命に関わることですので、飼い主さまにきちんと納得いただきながら進めていきます。


  • 幅広いエキゾチックアニマルを受け付けています

    当院には、ウサギ・ハムスター・フクロモモンガ・リス・ハリネズミ・トカゲ・亀・小鳥など様々な動物の飼い主さまが来院されます。過去に動物園の獣医師をつとめていた先生のもとで得た、豊富な知識と経験を生かして、猿類と有毒動物以外は可能な限り対応させていただいています。


    月に1回、眼科を得意とする先生の診察日をもうけています

    高齢な犬や猫が多く発症する、白内障・緑内障・ブドウ膜炎・角膜炎などの様々な目の病気に専門的に対応するために、眼科を得意とする獣医師の診察日をもうけています。 アニマル眼科クリニックの 先生が月に1回、当院に来訪して診察をしてくださいますので、気になる方は事前にご予約ください。


    痛みや体の負担にも最大限配慮しています

    検査や治療に動物への負担は避けられませんので、痛みや負担にも最大限配慮しています。特に手術は一時的にとても負担のかかる治療方法です。当院では、麻酔による心臓への負荷や血圧の低下に配慮して、麻酔は浅めに行いその代わりにしっかりと鎮痛剤を投与しています。麻酔がきれてくると体に蓄積した痛みを強く感じるようになりますので、手術後も鎮痛剤を投与しています。麻酔から覚めた後もほとんど痛みを感じずに済みますので、精神的に負担が少ないと思います。


    夜間の緊急対応も行っています

    夜間の緊急対応には2つの方法がありますので、状況に合わせて使い分けてくださいませ。
    1つめは当院にお電話いただく方法です。留守番電話に飼い主さまのお名前、折り返しの電話番号、症状を残していただければ、その情報が当院スタッフの携帯電話に転送されてきますので、それをもとにこちらから折り返しお電話させていただくというものです。
    2つめの方法は、千葉県印旛地域の獣医師会の夜間診療案内ダイヤルにお電話いただく方法です。持ち回りで対応していますので、日によって担当する動物病院は異なりますが、その日の担当病院につながるようになっています。担当エリア外にお住いの飼い主さまも利用できますので、万が一の際にご活用ください。

  • 「ウェルネス・プログラム」、動物が病気にならないための予防の大切さ

    施設の写真

    「予防の1オンス(28g)は、治療の1ポンド(450g)に勝る」、予防とは最善の治療です

    病気になった後の治療では、少なからず動物に苦しい思いをさせてしまいます。治療期間が長くなれば、それだけ多くの苦しみを与え、時間とお金を使うことになります。医療における最重要原則は、しっかりと予防を行い、動物を守ってあげることです。ワクチン注射、フィラリア予防はもちろん、不妊去勢手術なども大切なことです。また、年1回の健康診断を強くお勧めしています。診断で何も見つからなかったとしても、健康な時の正常値を記録して積み重ねておくことで比較検討ができるようになり、些細な異常の発見にもつながります。できれば、3ヶ月に1回はご来院いただき、身体検査だけでも行うことをお勧めしています。それに加えて犬の7歳は人間でいう40歳以上と言われていますので、7歳以上は年に2回、6歳以下は年に1回の健康診断を行って健康を守りましょう。
    当院では定期的に「健康診断キャンペーン」を行っています。時期により内容は異なりますが、血液検査と詳しい説明が半額になりますのでぜひご活用ください。

  • 健康を守るために、獣医師からのアドバイス

    施設の写真

    おやつの与えすぎや低価格フードによる「ジェネリックフード症候群」に注意

    ドッグフードは総合栄養食で、犬に必要な一日の栄養素を満たすようにバランスよく作られています。おやつを与えすぎてしまいフードを食べなくなってしまうと、栄養バランスが崩れてしまいますのでご注意ください。
    また、フードもおやつもパッケージの裏面を見ていただいて、原材料や添加物をよく確認していただくことが大切です。近年、ジェネリックフード症候群という、低品質の食品を食べ続けることにより発症する皮膚病が増えています。良質なフードを選んでいただくことが病気の予防につながりますので、選ぶ際にお気をつけください。酸化したフードも体に良くありませんので、できるだけ小分けされていて、新鮮さを維持できるものですとなお良いです。 長くても1ヶ月以内で使い切れるサイズを選んであげてください。


  • アトピー対策に役立つ「ドライワイプ」

    アトピー対策におすすめなのが、「ドライワイプ」というお手入れです。1日に2回ほど使い捨ての乾いた不織布で体を拭いて、毛についているアレルゲンを取り除いてあげてください。さらに、週に1回はシャンプーとコンディショナーでケアをしていただくことが大事です。シャンプーだけを使用すると、水分や油分が不足してバイ菌が繁殖することもありますのでご注意ください。

  • 力を入れているサービス

    施設の写真

    JAHAの認定インストラクターによるしつけ教室

    毎週木曜日にJAHA(公益社団法人日本動物病院協会)認定のインストラクターに病院に来ていただいて、半年未満位の子犬のしつけをする「パピークラス」や成犬のしつけを行う「ベーシッククラス」を開催しています。最近主流の褒めて伸ばす「陽性強化法」や悪いことをした時の「叱るよりも効果的な無視の仕方」などをワンちゃんと一緒に学ぶことができます。日頃のお世話やケアも楽になり、お散歩時の危険を避けることにもつながります。飼い主さまもワンちゃんも嬉しい、しつけ教室もぜひご利用ください。

リアンアニマルクリニックへの口コミ

  • #

    診断結果・治療方針をわかりやすく説明してくれる病院

    春先に体調を崩し、大好きな散歩でもすぐ座り込んでしまい歩かなくなってしまいました。セカンドオピニオンを兼ねてたのでネット検索して、こちらの病院にお世話になろうと電話で症状の説明をしてから伺いました。駐車場も広く院内も清潔で明るく、何より待合室が広いので大型犬もリラックスして待てる空間です。初診では、問診、触診から検査項目など細かに説明して頂き、料金説明もありました。診断結果では、わかりやすく説明してくれて、今後の治療方針や疑問に思うことなどにもきちんと答えていただけました。ちょうどフィラリア予防の時期だったので、処方している薬・料金の説明があり、ワンコに合う薬をピックアップしていただけました。今では病気をする前と変わらないくらいに元気になり月1回の診察に伺ってます。予約診察ができるので、待ち時間が少なくスムーズに受付から診察してもらえます。ワンコも先生がお気に入りらしく進んで診察室に入っていきます。先生の診察も的確で、きちんと説明してくれますし、逆に質問はありますか?と聞いてくれます。女性スタッフさんも明るく迎えてくれて補助してくれるので安心感があります。また、ホテルにも対応しているので急な預かりが必要になってしまった時に引き受けていただいて本当にありがたかったです。カード支払いができるのもありがたいです。これからも、お世話になっていこうと思ってます。

  • #

    清潔感がある病院

    歩いて向かいました。ユーカリが丘駅からは5.6分です。車の通りが多いのでうちのワンコはちょっと怖かったようです。病院はとても清潔感があり、動物臭も全くなかったです。予約制なので貸し切り状態で、診察、予防接種、お会計もとてもスムーズでした。先生はとてもしっかり診察してくれましたし、この時期投薬が始まるフィラリアのお薬についても料金、効果、味なども説明してくれました。初めての病院だったので、料金をあらかじめ電話で聞いたのですが、予防接種関連以外の料金である診察料や登録料の説明はなかったので、あらかじめ説明が欲しかったです。
    いつもの病院にはワンコのお水飲み場があるので、持参しなかったのですが、こちらはなかったので、あるといいなと思いました。ワンコも初めての病院で緊張したのか、ずいぶん喉が渇いていたようでした。

口コミ情報をもっとみる

口コミをもっと見る(0件)

リアンアニマルクリニックの基本情報

住所 〒285-0854 千葉県 佐倉市 上座684-1エステート弐番館102号
アクセス

京成本線ユーカリが丘駅から徒歩約5分

山万ユーカリが丘線地区センター駅から徒歩約5分

山万ユーカリが丘線公園駅から徒歩約11分

山万ユーカリが丘線井野駅から徒歩約19分

山万ユーカリが丘線女子大駅から徒歩約22分

電話番号
代表者名 齋藤 仁裕
施設情報
当日対応OK/ 送迎あり/ バリアフリー対応/ 空気清浄機/ 往診対応あり/ 入院設備あり/ マイクロチップ対応/ 駐車場あり
治療台数 1台
一押しの治療機器 スーパーパルスレーザー
駐車場台数 7台
待合室席数 6席
獣医師人数 男性 1人
スタッフ人数 女性 2人
使用可能なカード
VISA/ マスター/ JCB/ アメックス/ その他
保険対応
アニコム/アイペット
来院比率 犬:55% 猫:20% その他:25%

リアンアニマルクリニックの関連するジャンル

×

電話受付時の注意

※ 無料通話となります。
※ キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。
※ 当社およびEPARK利用施設は、発信された番号を、EPARKペットライフ利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用することができるものとします。
※ お客さまが受付専用電話番号に発信した電話番号情報は、当サイトの運営会社である株式会社EPARKペットライフが取得し、受付確認・案内SMS送信を目的として利用いたします。