• 0066-9802-971262-70

    無料電話

    電話受付

    0066-9802-971262-70

ひらの動物病院

ヒラノドウブツビョウイン

0 0件

東京都 西東京市 富士町4-1-8

西武新宿線東伏見駅から徒歩約10分

/

一般診療/狂犬病注射/混合ワクチン注射/フィラリア予防/ノミ・ダニ予防/しつけ相談受付/避妊・去勢

  • 土曜日もOK
  • 日曜日もOK
  • 祝日もOK
診療時間
09:00 ~ 12:00 ×
16:00 ~ 19:00 × ×

日曜午後は14:00~16:00までとなります。

*受付は各診察時間終了の30分前まで
*12:00~16:00は手術・検査・往診
【夜間・休診日の診療について】
当院の患者様の緊急時は、転送電話にて可能な限り対応致します。
なお、状況によりお受け出来ない事もございますので、予めご了承ください。
※「夜間の初診」の方はお受けしておりません。

施設からのお知らせ
*受付は各診察時間終了の「30分前まで」にお願い致します。

---------------------------
【夜間・休診日の診療について】
当院の患者様の緊急時は、転送電話にて可能な限り対応致します。
なお、状況によりお受け出来ない事もございますので、予めご了承ください。
※夜間の初診の方はお受けしておりません。
---------------------------
施設からのお知らせ
*受付は各診察時間終了の「30分前まで」にお願い致します。

---------------------------
【夜間・休診日の診療について】
当院の患者様の緊急時は、転送電話にて可能な限り対応致します。
なお、状況によりお受け出来ない事もございますので、予めご了承ください。
※夜間の初診の方はお受けしておりません。
---------------------------

ひらの動物病院への編集部紹介コメント

ひらの動物病院は、東京都西東京市、西武新宿線 東伏見駅より徒歩で10分くらいの場所にある動物病院です。
動物医療だけではなく、トリミングサービスも提供されており、飼い主さまとしても、体調や病気のことだけでなく、動物との生活にかかわるさまざまなことをご相談できるので、健康な動物たちでも通いやすいのではないでしょうか。院内は清潔で、雰囲気で落ち着いた雰囲気なので、動物たちの緊張感もある程度軽減された状態で診ていただくことができるのではと感じました。
院長の平野先生は、優しい雰囲気でとても話しやすい先生ですので、ささいなことでもご相談しやすい印象を受けました。また、飼い主さまとの対話を重要視されており、多くの飼い主さまと信頼関係を築いていることがわかりました。飼い主さまと動物たちの健やかで幸せな生活を第一に考えて診療されており、リピーターが多いことも頷けます。 コミュニケーション重視の個々に合った診療を行うホームドクターをお探しの飼い主さまは、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

治療だけに限らず、トリミングやしつけ相談を通し、健やかなペットライフを応援します

こんにちは。東京都西東京市富士町にあるひらの動物病院の院長、平野 太一です。
当院は、動物、飼い主さまに「最新・最善の治療で伝わる・つながる医療」を提供することを目標とし、開院いたしました。一般的に良いとされる治療が、飼い主さま、また来院した動物たちにとって、必ずしも最善とは限りません。家庭環境も違えば、飼い主さまの思いもさまざまです。飼い主さまと、目標を同じくするためにも、十分なコミュニケーションをとることを第一に考え、画一的な医療や一方的な医療を提供するのではなく、個々にあった最善の治療をご提供できるよう、努めてまいります。
また当院ではトリミングスペースも併設し、ほかにもしつけの相談やドッグトレーナーのご紹介も行っております。長くお付き合いできる動物病院をお探しの方は、ぜひお問い合わせください。

ひらの動物病院の施設紹介

  • 地域のホームドクターとして大事なペットの健康をサポートします

    施設の写真

    より良い治療を行うために各々分野で信頼のできる獣医師と連携した診察を行います

    近年、獣医学の進歩により、疾患の診断・治療技術が向上してきています。しかし、高度な診断・治療技術をご提供するには、多岐にわたる幅広い知識が必要不可欠です。
    当院では、一次診療施設として、総合的な一般診療を行うほか、整形外科、循環器疾患、腫瘍疾患など各分野において、大学病院をはじめとする専門医と連携し診断・治療に当たっております。疾患の状況によっては、各分野の専門医をお招きしております。特殊な手技が必要な場合においては専門病院をご紹介しておりますので、全ての動物たちにより良い診療をご提供できるよう努めてまいります。


  • 最善の医療を提供し、生活の質の向上サポートを行いながら関係を築いてまいります

    当院の診療方針は大きく分けて3つあります。
    1.検査・治療において最新・最善の医療を提供する。
    2.患者さま・飼い主さまの生活の質(クオリティオブライフ=QOL)の維持・向上を考慮しながら、それぞれにあった医療をご提供する。
    3.患者さま・飼い主さまとのコミュニケーションを大切にし、信頼関係の構築を目指す。
    診断や施術を通して、動物たちの些細な変化を見逃さず、1匹1匹に合ったご提案をさせていただきます。診療中は飼い主さまの前で一緒に治療を進めていくことを大事にしております。飼い主さまも動物たちも安心して診察を受けていただけるよう、できる限り目の届かない範囲に連れて行くことはないようにしております。

  • 不安やストレスを減らし、治療後の生活に寄り添う診療を心がけております

    施設の写真

    診察前後に遊ぶ時間を作り、病院にくることに良いイメージを与えられるようにしています

    診療というのは楽しいことばかりではなく、少なからず痛い思いをすることもあるかと思います。そのため、できるだけ嫌な思いばかりにならないように、楽しい時間も与えられるよう心がけております。具体的には診察の前でも後でも、可能な限り時間を作ってその子と遊んだりしています。そうすることで少しでも病院に来たことが良い思い出になってくれたら幸いです。もちろん飼い主さまにも予防や検診についてもご理解いただき、定期的に診察にお越しいただくことで早期発見につながりますので、ご家族に愛される病院を目指しております。


  • ご家庭の環境に併せてオーダーメイドの診療方法をご提案いたします

    治療の難しい所でもありますが、さまざまな要因が絡むことで同じ病気でも同じ診療ができるとは限りません。それはその子の性格であったり、家庭環境であったりします。例えばリンパ腫でしたらアグレッシブに治療を進めると治療費がかかってくることが一般的です。そう言った治療ができる飼い主さまばかりではありません。だからと言って何もできないではなく、無理を強いるわけでもなく、できる限りのあらゆる選択肢をご提案すること大切だと考えております。逆に治療することばかりではなく、これ以上進めることがその子にとって辛く苦しむことであれば、苦しまない方法をご提案することもあります。生活の質をある程度保ちつつその子が辛くないような治療方法を提案しております。

  • 飼い主さまの意識次第で、防ぐことのできる症状や癖があるのは、ご存知ですか

    施設の写真

    動物たちはまずおもちゃなどを口に入れて確かめる習性があります

    人間の不注意で起こる比較的多いケースは、異物を飲み込んでしまうことです。犬猫は人間と違ってまずはくわえて口に入れてみてから考えますし、食べてしまう癖のある子は食べてしまいます。動物が口に入れられる場所に飲み込んではいけないものを置いておかないよう、飼い主さまが注意するようにしましょう。極力、動物が食べられない物などを、その子の手の届く範囲に置かないように意識して動物たちとの生活を楽しんでください。


  • 訓練士の資格を所持したトレーナーが、その子ごとに適したトレーニングを行います

    近年、「上手くお散歩、トイレができない」「ワン!ワン!と大きな声で吠えてしまう」などのお悩みを抱えている飼い主さまが多くいらっしゃいます。しつけについて悩むことは、どちらの飼い主さまも通る道です。トレーニングはしつけ教室や保育園等に預けて行うことも多いですが、一番良いのは、いつも生活している環境で飼い主さまと一緒にトレーニングを行うことと言われています。
    当院では、訓練士の資格を所持したトレーナーをご紹介し、ご自宅やいつもの散歩コースでトレーニングを行います。お悩みの方は、まずはお話だけでもお聞かせください。


    人間の1日は動物たちの4日に相当するといわれています

    動物を迎え入れる際には準備をと整える必要があります。また、人間よりも寿命が短く一生のスピードが速いので、犬でしたら1日が人間の4日に相当するといわれています。3~4日下痢が続くことは、人間に換算すると2週間下痢続きと同じことともいえるでしょう。人間の場合に置き換えて考えてみれば、病院に行ってもおかしくないことだと思います。飼い主さまには、そのような時間感覚も動物たちと共有できるように、その子のことを良く知っていただければと思います。もちろん病気になる前にご相談いただくことが大切です。気になることはなんでもご相談ください。

ひらの動物病院への口コミ

この施設の口コミを募集しています。

口コミをもっと見る(0件)

ひらの動物病院の基本情報

住所 〒202-0014 東京都 西東京市 富士町4-1-8
アクセス

西武新宿線東伏見駅から徒歩約10分

西武新宿線武蔵関駅から徒歩約18分

電話番号
0066-9802-971262-70
併設施設 ペットサロン/ペットホテル/一時預かり
施設情報
当日対応OK/ 空気清浄機/ 女性医師の在籍/ 往診対応あり/ 入院設備あり/ 駐車場あり
診療領域 内分泌代謝系疾患/整形外科系疾患/循環器系疾患/血液・免疫系疾患/皮膚系疾患/呼吸器系疾患/腫瘍
治療台数 2台 駐車場台数 2台
待合室席数 6席 待合室設置物 雑誌 / 絵本
獣医師人数 男性 1人 スタッフ人数 女性 4人
使用可能なカード
VISA/マスター/JCB/オリコ/アメックス/その他/
保険対応
アニコム
代表者名 平野 太一

ひらの動物病院の関連するジャンル

ひらの動物病院の併設施設

×

電話受付時の注意

※無料通話となります。
※キャンセルの場合も必ずご連絡お願いします。
※当社およびEPARK利用施設は、発信された番号を、EPARKペットライフ利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用することができるものとします。
※お客さまが予約専用電話番号に発信した電話番号情報は、当サイトの運営会社である株式会社EPARKペットライフが取得し、予約確認・案内SMS送信を目的として利用いたします。
※お客さまのご意見・ご要望を把握し、サービス向上につなげるため、通話内容を録音させていただきます。