はる動物病院

診療対象動物 // その他
併設施設 一時預かり
住所
住所地図
京都府 木津川市 木津町内垣外5-2
アクセス JR東西線木津駅から徒歩約13分
片町線(学研都市線)木津駅から徒歩約13分
JR奈良線木津駅から徒歩約13分
JR大和路線木津駅から徒歩約13分
エリア 京都府伏見・山科・宇治八幡・京田辺
  • 土曜日もOK
  • 日曜日もOK
  • 祝日もOK

スタッフ紹介

  • 院長 / 園部 俊陽

    院長 / 園部 俊陽

    プロフィール

    ◇出身地:奈良県
    ◇趣味:読書
    ◇今まで飼った動物:犬・猫・ウサギ・ハムスターなど

    >インタビュー記事はこちら

院長 / 園部 俊陽 インタビュー

  • 獣医師になったきっかけを教えてください

    もともと生き物が大好きで、中学生のころには既に、将来は動物にかかわる仕事に就きたいと思うようになっていました。私が子どもの頃は、トリマーや訓練士などといった職種は一般にはまだなじみがなく、動物にかかわる仕事といったら獣医師のほかには動物園関係しか思いつきませんでした。動物園も楽しそうに思いましたが、自分にはどちらが向いているんだろうと考えた結果、獣医師への道を選ぶことにしたのです。

  • 大切にしていることを教えてください

    勤務医でも開業医でも同じですが、私たちの仕事の第一は動物を診療するということです。それと同様に大切なのが、飼い主さまの心に寄り添ってさしあげるということだと考えています。いかに飼い主さまと獣医師が心を通い合わせることができるか、それが診療の第一歩だと思います。
    関東での勤務医時代は、夜間救急対応も行なっていて獣医師も10名くらいいる大型の動物病院に長く勤務していましたので、いろいろな経験と症例を診てきました。そのころに培った経験を今に生かし努力しています。

  • お休みの日はどのように過ごしていますか

    子どもにも恵まれましたので、休日は家族で出かけることが多いです。子どもにとってはこの木津川がふるさとになりますから、自然が豊かなこの土地でたくさんの良い思い出をつくっていきたいと思います。
    より知識を深めるための学会や勉強会にも積極的に参加していますし、自分の時間はあまりとれていないですね。深夜の読書だけが自分1人の時間という感じです。でも、念願の仕事についていますので、毎日充実しています。

  • このページをご覧になっている飼い主さまにひとことお願いします

    軽い不調という診断で、お薬を受け取ってお帰りになられた後も油断しないでください。安静にして、注意深くペットの様子を見守っていただきたいと思います。
    薬を飲んだからと安心して、すぐにお散歩に連れていくなどは危険です。お薬が効いて表面的には元気になったように見えても、完治するまでは多少の時間は必要ですので、休息を充分に取ってあげてください。治りきっていないうちの動き回ると、症状によっては、またぶり返すこともあります。言葉をもたないペットは些細な不調を訴えることができずに、無理をしてしまうことも多々あります。その分、飼い主さまが慎重に見守ってあげてください。

情報について誤りがある場合は以下のリンクからご連絡をお願いいたします。

誤りのある情報の報告 誤りのある情報の報告

×

電話受付時の注意

※ 無料通話となります。
※ キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。
※ 当社およびEPARK利用施設は、発信された番号を、EPARKペットライフ利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用することができるものとします。
※ お客さまが受付専用電話番号に発信した電話番号情報は、当サイトの運営会社である株式会社EPARKペットライフが取得し、受付確認・案内SMS送信を目的として利用いたします。