ペットサロンBEANS(動物鍼灸治療院)

ペットサロンビーンズ ドウブツシンキュウチリョウイン

診療対象動物 /
併設施設 ペットホテル/ 一時預かり
住所
住所地図
東京都 調布市 西つつじケ丘1-58-16
アクセス 京王線つつじヶ丘駅からバス約3分
京王線調布駅からバス約19分
柴崎駅から徒歩約4分
仙川駅から徒歩約25分

京王線 つつじヶ丘駅 北口より、京王バス 深大寺行き(丘21)上ノ原小学校下車
京王線 調布駅 北口より、京王バス 都営深大寺住宅方面(調36)上ノ原小学校下車

エリア 東京都府中・調布調布
得意診療領域 東洋医学
  • 日曜日もOK
  • 祝日もOK
診療時間
09:00 ~ 19:00 × ×

休診日:水曜日、土曜日

診療内容

狂犬病注射/ 混合ワクチン注射/ フィラリア予防/ ノミ・ダニ予防/ しつけ相談受付

施設からのお知らせ
休診日:水曜日、土曜日
施設からのお知らせ
休診日:水曜日、土曜日

ペットサロンBEANS(動物鍼灸治療院)への編集部紹介コメント

ペットサロンBEANSは東京都調布市西つつじヶ丘にある動物病院で、京王線のつつじヶ丘駅からバスで5分ほどの場所にあります。
ペットサロンBEANSは、名前から聞くと「ペットサロン?」と思われがちですが、中医学と鍼灸治療を中心としたペットの診療所です。鍼灸や漢方を用いた治療で、なるべく動物たちへの身体に負担をかけない優しいケアを行っていらっしゃいます。院長の加藤先生は、とても穏やかで話しやすいお人柄からセカンドオピニオンとして飼い主の皆さまからご相談を受けることが多いそうです。加藤先生は「飼い主さまには安心をご提供し、ペットには癒しを提供したい」と仰っていらっしゃいました。皆さまが安心して幸せな日々を送っていただけるようにサポートをしていきたいという思いが、多くの飼い主さまや動物たちを救っているのだなと取材時に感じました。
動物の健康に関する様々なご相談を受け付けている動物病院ですので、すでにかかりつけの病院がある方も、よき相談相手としてご利用していただきたい病院です。

鍼灸・漢方を用いて、動物たちの根本的な体質改善をサポート

こんにちは、東京都調布市西つつじヶ丘にあるペットサロンBEANS院長の加藤 由生子です。当院は鍼灸や漢方を中心とした中医療をメインで診察を行っている動物病院です。
治療のカテゴリを限定せずに、広い意味で動物たちの身体の調子を整えていければと考えており、「原因がはっきりしないけど、なんだか少し調子が悪そう・・・」といったお悩みについても生活習慣の改善を含めてアドバイスさせていただいております。
0.5次診療施設というような立ち位置で病院に来るときよりも、気軽な気持ちでお話に来ていただければと思います。
また、すでに治療中の病気へのセカンドオピニオンのご相談も受け付けており、食事なども含めて生活を総合的に改善していけるお手伝いをしていければと思いますので、どうぞお気軽にご来院ください。

ペットサロンBEANS(動物鍼灸治療院)の施設紹介

  • ペットサロンBEANSの特徴

    施設の写真

    身近な存在として、気軽に相談に来れる0.5次診療施設

    当院は名前をペットサロンと銘打っています。ペットサロンというとワンちゃんのトリミングをするお店をイメージされる方も多いと思いますが、当院は鍼灸を中心とした中医療を用いて、動物たちの健康をサポートしている施設となります。
    一般的な動物病院にあるような検査や手術の機器を揃えているわけではなく、緊急の場合など、ある程度の設備を必要とした医療を求めてくる方をがっかりさせたくないという気持ちがあり、病院を名乗らずに広い意味でのサロンとさせていただきました。
    0.5次診療施設のような立ち位置で、初めての方に対しても病院へ行くときのように構えずに気軽に来ていただけるような環境を作っていきたいと考えています。
    当院で行う鍼灸は医療の一つでありますが、獣医療における鍼灸はまだ多くの方に浸透していない分野ですので、まずはご質問だけでもお気軽にお立ち寄りください。


  • 中医学を中心とした診療

    「中医学」という言葉を聞いたことはありますか。中医学とは、中国の伝統的な医学のことを言います。
    中医学は、世界中のものは全てバランスを保ちながら存在すると考えられており、生物の体内においても当てはまるとされています。
    中医学は、動物の身体にかかる負担が少ない点が挙げられます。その他にも、ターゲットを絞り特定の症状に対する治療を行う西洋医学とは違い、身体の調子自体を整えようという考えが根底にあります。「ここが悪いから治す」というよりは、「何となく元気がない」「なんだか具合が悪そう」「年を取って、昔のような元気がなくなった」など、普段の健康管理について行う内容となります。
    普段の生活を共にする飼い主さまからすると、ちょっとした調子の悪さが目に留まることもあるかと思いますし、そういった変化が気になってしまうこともあるかと思いますので、根本的な体質改善という意味で皆さまにおすすめしています。

  • 処置ごとの様々な効果・効能について

    施設の写真

    鍼灸による効果について

    私たち人間と同様にワンちゃんやネコちゃんにも身体の表面には数百個のツボがあります。また、ツボは経絡(けいらく)の途中に存在します。そもそも経絡とは、内臓と身体の表面を繋ぎ全身に分布している通路と言われており、この経絡に沿って「氣」と呼ばれるエネルギーが流れているとされています。「氣」が正常に流れているときは健康体ですが、流れが滞ると病気を発症していると東洋医学では考えられています。
    鍼灸の効果としてはツボを刺激することにより、神経が刺激されて脳内ホルモンや鎮痛物質が生成され、痛みが和らぎ、免疫力が高まる効果が期待されています。また、鍼の刺激は急性の症状への対策、お灸による刺激は慢性的な症状に効果的と言われています。神経系疾患や術後のリハビリ、シニア犬の健康管理の維持などで免疫力の向上が期待されていますので、おすすめの療法の一つです。当院では、どちらか行わないというケースはあまりなく、どちらも併用していくイメージですので、どの様なことをするのかご興味のある飼い主さまは是非一度お問合せいただければと思います。


  • その他の中医療について

    中医療は鍼灸や漢方のほか、薬膳、推拿(マッサージ)などが含まれます。漢方は生薬を組み合わせて作る薬でその配合によって効果は様々です。人間用のお薬も同様ですが、体質や抱えている症状はそれぞれで違いますので、組み合わせる生薬の分量を調整することによってその子に合ったものを作っていきます。当院では製薬自体は行いませんが、極力その子に適したお薬をご用意いたします。
    漢方薬はそもそも動物用に作られているものではないので、苦みが多少あり、服用を嫌がる子も居るかと思いますが、顆粒をカプセルに詰めて投薬するなどして対応するなど試行錯誤を重ねてよりよい療法を探していければと思います。

  • その他の各種サービスについて

    施設の写真

    ペットホテルについて

    当院では動物のお預かりサービスを行っています。当院は大きい施設ではなく、獣医師一人で行っているもので、お預かりできる頭数には限りがありますが、お預かりしている子たちへの注意が散漫にならないようにお預かりしています。また、ネコちゃんにはネコちゃん用の別室も用意していますし、大型のワンちゃんも受け入れ可能です。ネコちゃんの場合、周りの環境の変化には非常に敏感で、ナイーブな子ですとストレスが原因となって体調を崩してしまうこともありますので、できる限り落ち着いて過ごしてもらえる環境でお預かりできるよう努めていますので、お預かりしてくれる場所をお探しの飼い主さまは是非一度当院までお問合せください。


  • 完全予約制について

    飼い主さま一人ひとりに対してきちんと時間をとってお話ししたいという気持ちから、完全予約制を導入しています。私たちの仕事は飼い主さまのお話をしっかり伺わなければ始まりませんし、飼い主さまから動物の情報を多く引き出せるようにお話しさせていただいています。また、こちらから何かをお伝えする際はなるべく難しい言葉を使わず、わかりやすくご説明するよう努めています。
    既に他の病院で治療中の飼い主さまからセカンドオピニオンで相談に来ていただくことも多いので、今後もご相談の受け付けを続けていきたいと考えています。当院ではそこまで詳しい検査などが行えない分、かかりつけの他の病院で行う治療のアフターケアとして利用していただければと思います。

  • 食べ物とアレルギーの関係について

    施設の写真

    おすすめのフードについて

    最近では飼い主さまの意識も高まっており、予防を気にされている方も多いと思います。当院では、飼い主さまたちに日々の食事について人間の食べ物をあまり与えないようにして欲しいお伝えしています。
    材料自体は問題ないことが多いのですが、それを料理して人間が好む味付けになったものはやはり身体に良くないと思いますし、食べることが習慣になっていると大きな病気の原因にもなり得ます。肥満になればそれが原因となっての病気も出てきますので、食事は健康管理について大きな要素だと考えています。
    当院ではグレインフリーのフードを推奨しており、こちらは穀物をほとんど使っていないフードになります。おやつ類に関しても、生薬が入ったものをおすすめしています。漢方単体では苦みが強くても、おやつであれば楽に摂ってくれるかと思いますし、馬肉や鹿肉を使ったアレルギー対策にも有効なものになりますのでおすすめです。


  • アレルギー・アトピー対策について

    ワンちゃんやネコちゃんの肌荒れは、飼い主さまからでもはっきりと目に見える部分ですので、お悩みの方も多いのではないかと思います。アレルギーなどの皮膚症状も見る機会は多いですが、食事を変えるだけで症状が改善されるケースも多々あります。アレルギーは体質なので根本的な治療がなかなか難しい部分ではありますが、食事や漢方で改善したケースは多くありますので、ワンちゃんやネコちゃんのお肌のトラブルにお悩みの飼い主さまは当院までお気軽にご相談ください。

ペットサロンBEANS(動物鍼灸治療院)への口コミ

  • #

    清潔感のある病院です

    飼いネコの皮膚の掻きむしりが酷くて様子をみていましたが、ひどくなってチョット元気が無くなったので心配になり受診しました。

    比較的家の近所にアレルギーに対応している病院があって助かりました。お薬とフードの対応で良くなるといいです。

    男性の先生が少し苦手なので、女性の先生で安心しました。この時期なので空いていて良かったのかもしれませんが、落ち着いて様子も聞いて下さいました。

    いつも現金をあまり持ち歩かないのでクレジットやキャッシュレス対応も出来るのはよかったです。

口コミ情報をもっとみる

口コミをもっと見る(0件)

ペットサロンBEANS(動物鍼灸治療院)の基本情報

住所 〒182-0006 東京都 調布市 西つつじケ丘1-58-16
アクセス

京王線つつじヶ丘駅からバス約3分

京王線調布駅からバス約19分

柴崎駅から徒歩約4分

仙川駅から徒歩約25分

京王線 つつじヶ丘駅 北口より、京王バス 深大寺行き(丘21)上ノ原小学校下車
京王線 調布駅 北口より、京王バス 都営深大寺住宅方面(調36)上ノ原小学校下車

電話番号
代表者名 加藤 由生子
施設情報
当日対応OK/ コインパーキング/ 空気清浄機/ 女性医師の在籍/ グッズ販売
治療台数 1台
診察室 1室
待合室席数 2席
獣医師人数 女性 1人
保険対応
アニコム/アイペット

動物取扱業の登録情報

第一種動物取扱業の種別

保管

登録番号

16東京都保管102432号

登録年月日

2017年02月24日

登録の有効期間の末日

2022年02月23日

動物取扱責任者の名前

加藤 由生子

ペットサロンBEANS(動物鍼灸治療院)の関連するジャンル

×

電話受付時の注意

※ 無料通話となります。
※ キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。
※ 当社およびEPARK利用施設は、発信された番号を、EPARKペットライフ利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用することができるものとします。
※ お客さまが受付専用電話番号に発信した電話番号情報は、当サイトの運営会社である株式会社EPARKペットライフが取得し、受付確認・案内SMS送信を目的として利用いたします。