6/15
6/16
6/17
6/18
6/19
6/20
6/21
6/22
6/23
6/24
6/25
6/26
6/27
6/28

動物再生医療センター病院

ドウブツサイセイイリョウセンタービョウイン

5 1件

神奈川県 横浜市中区 長者町2-6-3シティハーズ長者町ビル

横浜市営地下鉄伊勢佐木長者町駅4A・4B出口から徒歩約5分

/

一般診療/狂犬病注射/混合ワクチン注射/フィラリア予防/ノミ・ダニ予防/避妊・去勢/その他

  • 土曜日もOK
  • 日曜日もOK
  • 祝日もOK
  • 現在営業中
診療時間
09:00 ~ 17:00

完全予約制とさせていただきます。お急ぎの場合は直接お電話をお願いいたします。

施設からのお知らせ
当院はワンちゃんを対象とした再生医療を行っています。再生医療とは、生体のもともとの治癒能力や細胞の力を利用して行う治療のことです。当院では、特に間葉系幹細胞という細胞を用いた治療を実施します。

また、併設の予防診療科にてワンちゃん、ネコちゃんの一般診察、ワクチンなどの予防医療も行っておりますので、お気軽にご連絡ください。
施設からのお知らせ
当院はワンちゃんを対象とした再生医療を行っています。再生医療とは、生体のもともとの治癒能力や細胞の力を利用して行う治療のことです。当院では、特に間葉系幹細胞という細胞を用いた治療を実施します。

また、併設の予防診療科にてワンちゃん、ネコちゃんの一般診察、ワクチンなどの予防医療も行っておりますので、お気軽にご連絡ください。

動物再生医療センター病院への編集部紹介コメント

動物再生医療センター病院は横浜市にある、再生医療の分野に力をいれたどうぶつ病院です。併設の予防診療科にて一般診療、ワクチンなどの各予防医療も行っています。
広々とした綺麗な院内は、待合室からもガラス越しに診察スペースが見える造りになっており、充実した検査機器や、ICUを含めた入院室・また手術室も設けられています。また、院内には再生医療で用いられる細胞の培養施設、臨床開発施設が併設されており、取材にお伺いした際にも、専門スタッフの方々が熱心に研究に打ち込んでいらっしゃいました。
今回、取材をさせていただいた院長の福田先生はとても穏やかな雰囲気の方で、再生医療にかける熱い思いを聞かせていただきました。スタッフの皆さまも親切丁寧な方ばかりで、安心してどうぶつをお預けできると感じました。

当院の再生医療は、国内有数の品質管理がなされた細胞を用います

動物再生医療センター病院の院長を務めさせていただいております、福田 威と申します。当院は、ヒト再生医療の基準に則した細胞培養施設を併設した、日本で初めてのどうぶつ向け診療施設です。当院で培養した細胞を用いて、一次診療施設さまとの連携を大切に、より安心してご利用いただける再生医療の実施に努めています。
また、臨床開発機能を有した施設を院内に併設しており、他のどうぶつ向け診療施設さまや企業さま、研究・教育機関さまと協力し合いながら新たな再生医療、細胞医療の実用化を目指しています。

【再生医療とは 幹細胞とは】
再生医療とは、生体が本来持っている治癒能力や細胞の力を利用して行う治療のことです。当院では、特に幹細胞という細胞を用いた細胞治療を実施します。幹細胞には、抗炎症作用や免疫調整作用があることが分かってきており、その治療効果への期待が高まっています。具体的には、当然ながら病気が治ることが一番ですが、たとえ治癒までは難しくとも病気の進行を遅らせる、発症を未然に防ぐ、既存治療と一緒に行うことでお薬を減らすことができるなどの効果が期待できると考えられています。

動物再生医療センター病院の施設紹介

  • 当院の診療方針

    施設の写真

    全ての飼い主さまが安心してご利用いただけるように

    難治性の病気に対して、大きな不安や緊張を抱えたまま来院される方は少なくありません。すこしでも安心して再生医療を受けていただくために、飼い主さまとのコミュニケーションは特に大切にしています。再生医療に関するお話しでなくても、どういったことをお困りで、何を望んでいらっしゃるのか、何でも気兼ねなくご相談ください。治療効果を最大限に発揮させるには飼い主さまのご理解、ご協力が必須となりますので、不明な点がありましたら遠慮なくご質問ください。
    また、今現在、細胞治療の対象はワンちゃんのみとさせていただいております。ご了承ください。


  • どうぶつたちにも優しい病院を目指して

    併設の予防診療科にてネコちゃん、ワンちゃんの一般診察を行っております。ワクチン、ノミダニ予防、健康診断を含め、病気の早期発見に力を入れています。完全予約制のため待ち時間がなく、どうぶつのストレス軽減に配慮いたします。

  • 再生医療に必要な病院設備

    施設の写真

    効果を最大限に引き出すための様々な院内設備

    当院では再生医療が安全に実施されるために、きちんとした確定診断を心がけています。
    そのために、X線・超音波・内視鏡や眼科検査機器をはじめ、ICUを含めた入院設備、手術設備を完備しております。


  • 富士フイルムグループの技術を活用した細胞培養・研究設備とアニコムのネットワークを活用した臨床開発

    当院では、富士フイルムグループの製造技術と品質保証技術を活用した併設の細胞培養施設で、獣医師の管理下で専門スタッフが培養・管理を実施し、ヒト再生医療の基準に則した設備、規格のなかで、高品質に保証された細胞の培養を実施しています。また、新たな細胞治療の実現化に向けて、培養された細胞を元に臨床開発を行うための研究設備も併設しています。

    現在、細胞治療を他の疾患の治療にも適応できるよう、椎間板ヘルニアなどに対しての臨床研究を進めていますが、その際にはアニコムの国内獣医学系研究・教育機関さまとのネットワークを活用して、他のどうぶつ向け診療施設さまや企業さま、研究・教育機関さまと協力しながら実用化に向けて取り組んでいます。


    適応疾患(間葉系幹細胞治療・ワンちゃんのみ)

    乾性角結膜炎(KCS)、慢性腸症(CE)、免疫介在性溶血性貧血(IMHA)、免疫介在性血小板減少症(IMTP)、非再生性免疫介在性貧血(NRIMA)、赤芽球癆(PRCA)、再生不良性貧血(AA)、関節炎、アトピー性皮膚炎、椎間板ヘルニア、非感染性髄膜脳脊髄炎、肝炎、膵炎、糖尿病、など

動物再生医療センター病院への口コミ

  • #

    匿名さん /40代 オス(去勢済み)
    5
    2020/05/10
    雰囲気: 5
    接客/サービス: 5
    待ち時間: 5
    清潔感: 5
    治療の満足度: 5
    13

    丁寧な説明でした

    フィラリアの時期になったので、近所だったのでこちらの施設を利用してみました。
    大きい通り沿いにあるので、場所は分かりやすいと思います。
    受付は二階でした。
    新しい施設でとてもきれいで、臭いなどもありませんでした。

    フィラリアについての説明もきちんと丁寧で、予防薬の話も、改めてきちんと聞けて、大変参考になりました。

    また、検査や薬の価格も、とても良心的だと思いました。

口コミをもっと見る(0件)

動物再生医療センター病院の基本情報

住所 〒231-0033 神奈川県 横浜市中区 長者町2-6-3シティハーズ長者町ビル
アクセス

横浜市営地下鉄伊勢佐木長者町駅4A・4B出口から徒歩約5分

根岸線関内駅南口から徒歩約10分

京浜東北線石川町駅から徒歩約12分

ブルーライン阪東橋駅から徒歩約15分

京急本線日ノ出町駅から徒歩約17分

電話番号
0066-9802-970652
施設情報
当日対応OK/ コインパーキング/ バリアフリー対応/ 女性医師の在籍/ 入院設備あり
診療領域 歯と口腔系疾患/脳・神経系疾患/消化器系疾患/内分泌代謝系疾患/整形外科系疾患/感染症系疾患/中毒/眼科系疾患/循環器系疾患/肝・胆・すい臓系疾患/血液・免疫系疾患/耳系疾患/寄生虫/心の病気/皮膚系疾患/呼吸器系疾患/腎・泌尿器系疾患/筋肉系疾患/生殖器系疾患/腫瘍/アレルギー
治療台数 2台 診察室 2室
駐車場台数 コインパーキング 5台 待合室席数 5席
待合室設置物 雑誌 獣医師人数 男性 3人 女性 1人
使用可能なカード
VISA/マスター/JCB/アメックス/
来院比率 犬:80% 猫:20%
代表者名 福田 威

×

電話受付時の注意

※無料通話となります。
※キャンセルの場合も必ずご連絡お願いします。
※当社およびEPARK利用施設は、発信された番号を、EPARKペットライフ利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用することができるものとします。
※お客さまが予約専用電話番号に発信した電話番号情報は、当サイトの運営会社である株式会社EPARKペットライフが取得し、予約確認・案内SMS送信を目的として利用いたします。
※お客さまのご意見・ご要望を把握し、サービス向上につなげるため、通話内容を録音させていただきます。