5/17
5/18
5/19
5/20
5/21
5/22
5/23
5/24
5/25
5/26
5/27
5/28
5/29
5/30

新宿御苑前どうぶつ病院

シンジュクギョエンマエドウブツビョウイン

4.7 25件

東京都 新宿区 富久町16-24富久ロータリービル1・2階

各線新宿駅から徒歩約18分

// うさぎ/ ミーアキャット

一般診療/狂犬病注射/混合ワクチン注射/フィラリア予防/ノミ・ダニ予防/しつけ相談受付/避妊・去勢

  • 土曜日もOK
  • 日曜日もOK
  • 祝日もOK

スタッフ紹介

  • 院長 / 長岡 哲矢

    院長 / 長岡 哲矢

    プロフィール◇出身地:新潟県
    ◇趣味:一眼レフカメラでの撮影
    ◇今まで飼っていたことのある動物:犬

    院長 / 長岡 哲矢 インタビュー

    • 獣医師になろうと思ったきっかけを教えてください

      物心ついたころから動物が好きで、動物に関するテレビ番組や図鑑を熱心に見たり、小学生になると飼育係になったりしていました。成長するにつれ医療にも興味が出てきたのですが、動物が好きだという想いはずっと持ち続けていました。いろいろ考えた結果、動物を介して人ともコミュニケーションをとれる獣医師の道へ進む決意をいたしました。


    • 印象に残っていることはありますか

      ご家族にとって後悔の無いよう最善の治療を行うのはもちろんですが、ペットロスのケアも我々にとって大切な仕事だと考えています。ですから、ペットが長い闘病の末に最期のお別れを迎えた飼い主さまから、「新たに新しい家族を迎えたんです」とご連絡をいただくと本当に良かったと思います。


    • 長岡先生の考える、動物と触れ合うことのおもしろさとは

      心が通う瞬間と申しますか、言葉を発しなくてもその子とコミュニケーションをとれたなと感じる時でしょうか。「これをやったら褒められるかな」「これをやったら飼い主さまが喜ぶかな」という具合に、ペットも人間に対して試行錯誤をしているんですね。例えば甘えるときにかわいい表情をしたり、かわいらしい仕草をしたり。「ああ、わかっているんだな」と愛おしくなります。


    • 獣医師の魅力とはどのようなところでしょうか

      最近のペットはみんな「家族」として、大切にされて暮らしています。いわば子どもと同じですよね。そんな大切な家族の命にかかわる仕事をさせていただいているというのは、本当にありがたいですし、やりがいを感じますね。


    • 今後の目標を教えてください

      より多くの方に動物病院に気軽に来ていただければと思っています。そのためにはまず、我々のレベルを上げて対応できる症状の幅を広げることが大切です。また、ワンちゃんとネコちゃんの診療スペースを分けてお互い来院しやすいようにしたり、ストレスを感じやすいネコちゃんに配慮してキャットフレンドリーのゴールド認証を取得したりしたのもその一環です。それだけではなく、セミナーやパピーパーティーを行って飼い主さまにペットとの正しい接し方をお伝えしたり、SNSやHPで情報を発信したりしています。些細なことでもすぐに相談できるような病院にしていきたいですね。


    インタビュー記事を読む

×

電話受付時の注意

※無料通話となります。
※キャンセルの場合も必ずご連絡お願いします。
※当社およびEPARK利用施設は、発信された番号を、EPARKペットライフ利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用することができるものとします。
※お客さまが予約専用電話番号に発信した電話番号情報は、当サイトの運営会社である株式会社EPARKペットライフが取得し、予約確認・案内SMS送信を目的として利用いたします。
※お客さまのご意見・ご要望を把握し、サービス向上につなげるため、通話内容を録音させていただきます。