• EPARK会員様限定!口コミ投稿を条件にトリミングサロンを無料体験
  • EPARK会員様限定!2018年戌年動物病院もペットサロンもお得に行こうキャンペーン
施設番号hos_1284

加藤どうぶつ病院 弘明寺病院

カトウドウブツビョウイン グミョウジビョウイン

診療対象動物 犬/猫/うさぎ
住所
住所地図
神奈川県 横浜市南区 永田南1-5-4
アクセス 京急本線井土ヶ谷駅から徒歩約9分
エリア 神奈川県上大岡・金沢文庫・新杉田上大岡・弘明寺
  • 土曜日もOK
  • 日曜日もOK
  • 現在診療中

加藤どうぶつ病院 弘明寺病院の施設

  • どんなことでも気軽に相談できる環境づくりを目指して

    施設の写真

    セカンドオピニオンのご相談も承っています

    最愛の動物と生活をしていると、小さな疑問や悩みなど様々な壁にぶつかることがあるかと思います。当院では、飼い主さまが抱えている疑問や悩みを一緒に考え、最良の解決方法を見つけていけるように獣医師は勿論のこと、動物看護士、トレーナー、トリマーの全スタッフがお手伝いさせていただければと考えています。必要であれば、高度獣医医療施設や大学病院などのご紹介も行っています。また、セカンドオピニオンのご相談も承っていますので、「他院ではこう言われたんだけど、他に方法はないの」「比較をしたい」などありましたら、お気軽に当院の扉を叩いていただきたいと思います。
    私たちは、いつでも皆さまの傍に寄り添った獣医療を目指していますので、どんなことでもお気軽にご相談ください。


  • ペットと飼い主さまが幸せになれる方法を共に考えます

    当院では飼い主さまとのコミュニケーションを大切にし、ペットと飼い主さまが最も幸せになる方法を一緒に考えるように努めています。症状一つを取ってみても治療方法は勿論、その治療方法のメリットやデメリットまできちんと飼い主さまに伝え、後悔されることのないように最善の方法をお伝えしています。また、情報の一方通行とならないように小さな悩みでも気軽に相談いただける環境づくりをスタッフ一同心掛けています。


    早期発見、早期治療には定期検診が重要です

    当院では、予防医療や定期検診を積極的に取り組んでいます。ワンワンドック、ニャンニャンドックを始めとして、心臓検診や腎臓検診なども行っています。
    動物たちは比較的痛みに強いと言われていますが、症状が現れたときには病気が進行していることもあるため、早期発見、早期治療がとても重要です。特に中高年期を過ぎたワンちゃんネコちゃんは、病気のリスクが高まります。また、ペットの種類によってはかかりやすい病気があったり、先天的な要因を持っていたりしますので、そのような病気を見つけるためにも定期検診は年に一回受診することをおすすめしています。

  • 病気を未然に防ぐ予防治療はとても大切です

    施設の写真

    大切なワンちゃんを守るためにできること

    ワンちゃんが蚊の吸血によって感染してしまう病気のことを「犬フィラリア症」と言います。ワンちゃんに感染したフィラリアの幼虫は、体内を動き回りながら脱皮を繰り返します。脱皮を繰り返すことによって最終的に心臓へ辿り着き、親虫となって子虫を生み続け、子虫を血液中に放出させます。その血液を吸ったまた別の蚊が他のワンちゃんの血を吸うことで更に感染が増える恐ろしい病気です。
    犬フィラリアの成虫は15~20cmほどあり、大きいものでは30cmあります。ひも状の線虫で心臓に至る血管内や心臓内に悪影響を及ぼします。放置すると、最悪な場合死に至るほど重大な病気です。
    当院では犬フィラリアの感染症を防ぐために、内服タイプの錠剤や滴下式のスポットオン、チュアブルと年に一度の注射などの各種タイプをご用意しています。「どれが一番良いの?」と分からない方は、ご家庭の状況や手間などを考えてご案内しますので、不明点などがあればお気軽に仰ってください。


  • ご自宅のワンちゃんネコちゃんは予防接種を受けていますか

    「伝染病予防接種」は、ワンちゃんネコちゃんが感染しないための予防接種です。ワンちゃんで代表的な感染症は、ジステンパーウイルス感染症やコロナウイルス感染症、犬パルボウイルス感染症などが挙げられます。また、ネコちゃんでは、猫ジステンパーウイルス感染症や猫パルボウイルス感染症、ネコカリシウイルス感染症などが挙げられます。
    このようなウイルスに感染するのは、外出先などが多く挙げられます。散歩中や旅行先などでも感染することがありますが、私たち人間が足を運ぶドックランやネコカフェなどの施設から感染症を持ち帰ってしまうこともあります。
    感染症を防ぐためには定期的な予防接種を行うことにより、大切なワンちゃんやネコちゃんを守ることができます。いつまでも健康に長生きしてもらうためにも、伝染病予防接種はとても大切ですので、まだ受けたことのないという方は、当院までお越しください。

  • 動物たちとのより良い生活を目指して

    施設の写真

    しつけ教室で更に愛情を深めていけるように

    当院では、しつけ教室も開催しています。最近では、ワンちゃんと一緒に出かけられるお店なども増えていますので、最低限のマナーとしてしつけがより重要になってきています。
    自慢の我が子が他のワンちゃんやネコちゃんを見て騒いだり、自分勝手な行動をしたりしていては、楽しい時間を過ごせません。私たち人間は学校で色々なことを学びますが、ワンちゃんたちも教育が必要です。当院ではしつけ教室を通じて、ペットたち本来の素晴らしさを皆さまにお伝えできたらと考えています。しつけは何歳からでもできますし、一番大事なことは飼い主さまのやる気と愛情です。
    飼い主さまとワンちゃんがより一生大きな絆を深めていけるようにサポートしていきますので、しつけについてお悩みの方は是非一度ご参加ください。


  • 人と動物とのふれあい事業を通して見えること

    当院ではボランティア活動の一環として、動物介在活動を行っています。「ふれあい活動」と呼ばれる、動物介在活動(Animal Assisted Activity AAA)は、医療及び医療スタッフと共にある目標を立てて行う動物介在医療(Animal Assisted Therapy AAT アニマルセラピー)とは別ものです。動物介在活動は、主に身障者施設や老人施設、各種学校などを訪問して動物のことについて話をしたり、ふれあったり、心音などを聞いてもらいながら楽しいひとときを過ごすことを目的としています。この活動を通すことによって命の大切さや相手を労わり思いやる心を学ぶことができ、心の癒しと喜びをもたらします。
    「このボランティア活動参加してみたい」とご興味のある方は是非当院までお問合せください。参加条件として一定の基準がありますが、ボランティアを通じて今まで見えなかったことや気付けなかったことが沢山見えてくるかと思います。
    当院では、全ての人と動物たちが笑顔で過ごせる日々を目指して、これからも積極的にボランティア活動を続けていきたいと考えています。

情報について誤りがある場合は以下のリンクからご連絡をお願いいたします。

誤りのある情報の報告 誤りのある情報の報告

×

電話受付時の注意

※ 無料通話となります。
※ キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。
※ 当社およびEPARK利用施設は、発信された番号を、EPARKペットライフ利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用することができるものとします。
※ お客さまが受付専用電話番号に発信した電話番号情報は、当サイトの運営会社であるイーペットライフ株式会社が取得し、受付確認・案内SMS送信を目的として利用いたします。