ふじわら動物病院

フジワラドウブツビョウイン

診療対象動物 犬/猫
併設施設ペットホテル/その他
住所
住所地図
東京都 葛飾区 立石5-4-5
アクセス 京成線お花茶屋駅から徒歩約8分
エリア 東京都北千住・綾瀬・亀有亀有・青砥
  • 土曜日もOK
  • 日曜日もOK
  • 祝日もOK

スタッフ紹介

  • 藤原 俊介/院長

    スタッフ写真

    プロフィール

    ◇出身:福岡県
    ◇趣味:子供と遊ぶ、映画鑑賞
    ◇今までに飼った事のある動物:犬

    >インタビュー記事はこちら

藤原 俊介/院長 インタビュー

  • 獣医師になったきっかけを教えてください

    大学2年生の頃、まだ進路が決まっていなくて悩んでいました。
    そんなとき、獣医師の先輩の話を聞いているうちに、獣医師の仕事に興味を持ったのがきっかけです。
    獣医師といっても、公務員や製薬会社など様々な種類がありますが、勉強しているうちに病気を診ることに関心を持ち、そこから小動物の獣医師になることを決意したんです。

  • 獣医師になってやりがいを感じるときはどんなときですか

    色々やりがいを感じるときはあるのですが、やはり動物が元気になって飼い主さまに喜んでいただけたときですね。
    また、色々手を尽くしたけれども、残念ながら亡くなってしまったペットの飼い主さまに「最後まで頑張ってくれてありがとう」と言われたときには、やりがいを感じます。また頑張ろうという気持ちになりますね。

  • 獣医師になって一番心に残るエピソードについて教えてください

    高齢の猫を処置したとき、いよいよ危ない状態になり、私はどうしてもその子を助けたくて心臓マッサージをしたのですが、結局その子は助かりませんでした。
    その際、飼い主さまから「そこまでしないで欲しかった」と言われたときはハッとしました。
    それまでも意識していたつもりではいましたが、獣医師がやりたい処置と、飼い主さまが望んでいることは、必ずしも同じではないと再認識したんです。
    何がペットにとって良いことで、何が飼い主さまにとって良いことなのか、その経験を通して今までよりもさらに考えるようになりました。

  • 飼い主さまに伝えたい事はありますか

    日々のケアに関して、投薬の練習をしておいてもらうと良いと思います。ペットの口の周りを小まめに触って、慣れさせておくといいですし、排泄物のチェックを怠らないようにするといいですね。
    また、排泄物はペットの健康バロメーターとして活用できます。便が緩い、細い、血が付いているなどの異常が見られたら、すぐに病院にご相談いただければと思います。
    飼い主さまには、なるべく小まめに来院いただくことをお願いしていますが、異常かどうか判断が難しい場合は、悩む前にご相談していただければと思います。電話でも構いませんので、困った事がありましたら何でもご相談していただきたいですね。

  • 今後の目標について教えてください

    今後もホームドクターとして、地域に根付いた診断をしていきたいと思います。
    私が考える良い獣医師とは、テクニック云々ではなく、どれだけ飼い主さま、ペットを見放さないかだと思っています。これからも、どこまでも飼い主さま、ペット達を見放さない獣医師でありたいと思っています。

情報について誤りがある場合は以下のリンクからご連絡をお願いいたします。

誤りのある情報の報告 誤りのある情報の報告

×

電話受付時の注意

※ 無料通話となります。
※ キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。
※ 当社およびEPARK利用施設は、発信された番号を、EPARKペットライフ利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用することができるものとします。
※ お客さまが受付専用電話番号に発信した電話番号情報は、当サイトの運営会社であるイーペットライフ株式会社が取得し、受付確認・案内SMS送信を目的として利用いたします。