• EPARK会員様限定!口コミ投稿を条件にトリミングサロンを無料体験
  • EPARK会員様限定!2018年戌年動物病院もペットサロンもお得に行こうキャンペーン
施設番号hos_2195

たかはし動物病院

診療対象動物 犬/猫/うさぎ/ハムスター/モルモット/鳥類
住所
住所地図
京都府 京都市山科区 小野鐘付田町105
アクセス 地下鉄東西線小野駅から徒歩約2分
エリア 京都府伏見・山科・宇治山科
得意診療領域 消化器系疾患/耳系疾患/皮膚系疾患/歯と口腔系疾患

たかはし動物病院の施設

  • 飼い主さまと動物に寄り添い、幅広く診療を行っています

    施設の写真

    多くの飼い主さまに頼りにしていただけるよう幅広く対応しています

    当院では主に犬や猫、うさぎやハムスターなどの診療を行っており、診療の際は来院された動物や飼い主さまに対してきめ細やかな対応を心がけています。院内には二つの診察室を設けており、診療を受けていただけます。
    通常の診療だけでなく緊急時にも可能な範囲で対応しているほか、休診日の予約診療や2次診療のご紹介なども行い、セカンドオピニオンも承っております。セカンドオピニオンで来院される場合は、これまでの検査結果や服用されていたお薬などがわかるものをご持参いただければと思います。検査結果があれば、すでに行った検査を再度当院で行うといったことがなくなり、検査によってかかる動物への負担をなくすことができるためです。
    また診療以外に、子どもたちの教育にも携わっております。平成23年より京都市獣医師会の理事に就任し、小学校の生活科の授業で生命の大切さを教えたり、中学生の職業体験を受け入れたりしてきました。27年度には40日間、のべ160名の獣医師会の会員を京都市内の小学校に派遣し、生活の授業を行いました。


  • 飼い主さまと動物に寄り添ったきめ細やかな診療を行います

    当院では、飼い主さまと動物に寄り添ったきめ細やかな診療を心がけています。
    特に初めてご来院される際は、飼い主さまも動物も緊張するなどご不安を抱えていらっしゃると思います。当院では飼い主さまや動物とのコミュニケーションを大切にし、できるだけ不安を和らげてリラックスしていただけるように努めています。また飼い主さまに対し、診療内容についてしっかりとご説明いたします。
    飼い主さまと動物に寄り添った診療を行い、些細なことでもお気軽にご相談いただけるような存在でありたいと思っています。


    動物に普段と違う様子が見られたら、ぜひ一度ご来院ください

    最近、アレルギーや皮膚病で来院される動物が多いように感じます。猫よりも犬のほうが多く受診されます。アレルギーに関しては予兆がほとんどなく、飼い主さまが気付かないうちに発症していることがほとんどです。
    外耳炎で来院される動物も非常に多く、耳をかゆそうにかく症状が見られ、アレルギーと併発することもあります。
    また、ステロイド系の薬は効果的ですが、長期間の投薬は動物の負担になってしまいますので、当院ではできる限り使用しないようにしています。

  • 病気などの予防や避妊去勢手術に関して

    施設の写真

    病気の早期発見のために健康診断を受けましょう

    大切な動物たちの健康を守るためには、健康診断などで病気を早期に見つけることが大切です。
    飼い主さまが気付かないうちに病気が進行してしまっていることは多くあります。特に高齢の犬や猫の場合、半年に1回、健康診断を受けていただくことをおすすめしています。


  • 避妊去勢手術にも対応しています

    最近は、妊娠を避けて子どもを産ませないようにするためというより、病気の予防のために避妊去勢手術を行うことが多くあります。避妊去勢手術を行うことで、例えばメスの場合、高齢時の婦人病や乳がんの発生率を低下させることが可能と言われています。オスの場合は、前立腺の病気や肛門周囲腺腫等オス特有の病気を防ぐことも可能と言われています。また、マーキングやの軽減や性格が温厚になる場合もあります。
    術後の注意点としては、肥満になりやすいため食事に注意する必要があります。肥満はさまざまな病気の引き金になりますし、足腰に負担もかかってしまいます。当院では、術後の健康管理などについてもご相談を受け付けておりますので、お気軽にお尋ねください。


    歯周病を予防するための歯磨き指導を行っています

    犬も猫も5歳くらいでほぼ100%歯周病になります。歯周病は単に口臭などの口内の問題だけではなく、心臓病や腎臓病の原因にもなり得る恐ろしい病気です。
    ほかの病気もそうですが、歯周病においても一番大切なことは「予防」です。ご家庭で犬や猫の歯磨きを行うことは難しいと思われる飼い主さまも多いと思います。当院では犬や猫が幼いときから歯磨き指導を行っており、モデル犬を使ってわかりやすくご説明させていただいております。ぜひご参加ください。

  • 飼い主さまにご家庭で気を付けていただきたいこと

    施設の写真

    ワンちゃんのしつけについて

    一緒に暮らす動物は大切な家族の一員ですが、何でも人と同じようにするのは動物にとって幸せではありません。犬や猫にはそれぞれに適した食事や生活環境があります。
    加えて犬の場合は、きっちりとしつけをして主従関係を作ることが必要です。主従関係を築くことができないと、犬が自分のことを飼い主さまと同じ人間だと勘違いしてしまい、言うことを聞かなくなってしまうことがあります。
    噛み癖、無駄吠え、排せつについてなど、普段の診療のなかでしつけに関するアドバイスもさせていただいております。しつけについては、子犬のときから人に触れられることに慣れさせておくことが大切だと思います。そうすることで、目薬をさす際なども比較的嫌がらずに行うことができますし、もしもの時に病院での対応もスムーズに行うことができます。
    また、子犬をお迎えする際は、2ヵ月ほどは親犬と一緒に過ごさせてあげることが理想です。生後1ヵ月くらいで親犬と離れてしまうと、じゃれ合って痛みを覚えたり親犬に怒られたりする大切な期間がなくなってしまいます。しかしながら、ペットショップでの販売の場合、2ヵ月以内にご家庭にお迎えすることが多くあります。そのような場合は、飼い主さまが親と同じように子犬に接してしつけていくことが大切です。


  • 人の食べ物は与えないようにしましょう

    一度でも犬に人間の食べものを与えてしまうと、犬は「またもらえる」と思ってしまい、飼い主さまが食事の時間になると寄ってきたりするようになってしまいます。かわいいからとついつい人の食べるものを与えてしまうと、肥満の原因になってしまいます。大切なワンちゃんの健康を守るために、人の食べ物は与えないようにしましょう。


    これからペットを飼われる方もぜひご相談ください

    多頭飼いについては、飼い主さまの状況や飼育環境によって変わってきますが、2頭飼いが理想だと思います。性格的に合う、合わないといった相性の問題もありますが、しつけを行うことにより仲良くできる場合もあります。
    すでにペットを飼っている方だけでなく、これからペットを飼われる方も、飼い方などについてぜひご相談ください。飼い始めてから「思っていたのと違う」という理由で捨てられてしまうということのないように、事前にご相談いただけたらと思います。飼い主さまのご家庭の環境などを含めて一緒に考えさせていただきます。

情報について誤りがある場合は以下のリンクからご連絡をお願いいたします。

誤りを報告する

×

電話受付時の注意

※ 無料通話となります。
※ キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。
※ 当社およびEPARK利用施設は、発信された番号を、EPARKペットライフ利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用することができるものとします。
※ お客さまが受付専用電話番号に発信した電話番号情報は、当サイトの運営会社であるイーペットライフ株式会社が取得し、受付確認・案内SMS送信を目的として利用いたします。