• EPARK会員様限定!口コミ投稿を条件にトリミングサロンを無料体験
  • EPARK会員様限定!2018年戌年動物病院もペットサロンもお得に行こうキャンペーン
施設番号hos_385

りんごの樹動物病院

リンゴノキドウブツビョウイン

診療対象動物 犬/猫/うさぎ/ハムスター/鳥類
併設施設ペットサロン/ペットホテル/一時預かり
住所
住所地図
愛知県 安城市 高棚町蛭田52-2
アクセス JR東海道本線三河安城駅南口から車約10分
エリア 愛知県岡崎・刈谷・安城安城
  • 土曜日もOK
  • 日曜日もOK
  • 祝日もOK
  • 夜間診療

りんごの樹動物病院の施設

  • 皆さまの支えになれるよう、安心できる医療を提供しています

    施設の写真

    安心感のある身近な「究極のかかりつけ医」として日々診療を行っています

    当院は年中無休で診療を行い、夜間救急にも対応しています。ペットは夜になって突然調子が悪くなることもありますが、その時に電話が通じなかったり、留守番電話に伝言を入れたけど病院からの返事がなかったりすると、飼い主さまは不安になると思います。「自分が飼い主さまの立場だったらどんな病院にかかりたいか」を考え、理想の動物病院はどうあるべきかを考えると、やはり休みなく診療を行っている動物病院の方が飼い主さまにとっては嬉しいと思います。この近辺ではそのような病院があまりなく、名古屋まで行く必要がありますので、いつでもかかりつけの病院で診療を受けられるよう、当院では365日対応を行っています。先生は交代で診療を行いますが、カルテがあればその子の状況や今までの治療歴などはっきりわかりますし、治療方針も病院で決まっています。そういう意味では急なときでもかかりつけの病院の方が安心できるかと思いますので、もしもの事態がありましたら、当院までご連絡ください。


  • 飼い主さまにより安心していただける「体験型動物病院」がテーマです

    重症の病気などについて説明をする時は、飼い主さまに必ず対面ではなく90度の位置になるようにして座っていただき、同じ方向を向きながらお話しすることを心がけています。対面で座ると、私が何か文字や図などを書いていても、飼い主さまから見ると反対になってしまいますよね。言葉だけでお話しをしても頭に入りにくいので、説明は必ず言葉で耳に伝えながら、紙に書いて目で確認していただいています。なるべく採血や処置をするときも見ていただき、必要であれば模型や動画、写真を見ていただくこともあります。また、手術室はガラス張りで手術の様子が見られるほか、処置室や入院室などに飼い主さまが自由に入っていただくことも可能です。頭で理解するだけでなく、「体験型動物病院」として、実際に見て触って匂いを嗅ぐなどし、五感で状況をご理解いただけるように努めています。


    飼い主さまの悩みやお話をよく聞き、しっかりと説明することを大切にしています

    飼い主さまに対しては説明を一生懸命することを心がけています。長いと1時間~1時間半くらいお話をすることもあるのですが、それは、ペットが重症であっても、そのことを飼い主さまが理解されていないということが度々あるためです。そのようなギャップがある時や、飼い主さまが不安をたくさん抱えられている時も、一から説明していく必要があります。例えば、飼い主さまのご家族の心臓が悪くなってしまった時に、病院の先生とのお話が1~2分くらいで終わってしまったら、多くの方は不安になるのではないでしょうか。不安な時というのは、「わからない」「心配だ」といった気持ちをたくさん抱えているものです。治療するのはもちろん獣医師の大切な仕事ですが、飼い主さまにご説明するのも、重要な仕事です。治療が困難な場合があったとしても、「なぜ難しいのか」「今後どんなことができるのか」についてもお話をする必要があります。それを考慮しますと、やはり5分や10分でお話はできません。飼い主さまの悩みやお話しを聞くことを大切にしていますので、些細なことでも不安に思われた際は、どうぞ私たちにお話しください。

  • 診療の際に心がけていること

    施設の写真

    ペットの名前を呼び表情をよく見て、適切な対応を行っています

    診療の際には、いつもペットの名前を呼ぶようにしています。動物は言葉がわかりませんが、子どもの時からその名前で呼ばれ、その響きに対して親しみがあると言われているため、その子にとってすごく大事な言葉なのです。また必ずその子の表情を見て、怖がっている、怒っている、元気がなさそう、などの様子を判断し、それに合わせた対応をしていくということを大切にしています。

  • 健康診断を推奨しています

    施設の写真

    健康診断ではそれぞれの個体基準値を見ておくことが大切です

    当院では病気の早期発見・予防のため、ペットの健康診断の実施を推奨しています。6歳以下の子は年1回、6歳を超えたら年1回~2回、10歳を超えたら年2回受けていただくのがベストです。
    健康診断で重要なのは、その子の平均値である個体基準値を見ておくことです。事前にその子の個体基準値を知っておくと、「正常な範囲内ではあるけれど、去年・一昨年と比べると数値が上がっている」というように、病気の可能性を判断することができます。個体基準値を見ていないと、「正常な範囲内だから問題がない」と判断されてしまうことが多いのですが、普段からの平熱や赤血球の数を見ておけば、わずかな異常を早く発見することにつながります。病気は、症状が出てしまってからでは遅いことが多いですので、早期発見・早期治療のためには、症状が出る前に異常を見つけ治療に入るというのが最大のポイントです。症状が出ていないうちであれば早く治りやすいですので、普段からその子の基準値を知っておき、まだ本格的になってない前段階のうちに、病気を早く察知することが大切です。
    動物たちの病気予防のため、どうぞ健康診断の実施をご検討ください。

情報について誤りがある場合は以下のリンクからご連絡をお願いいたします。

誤りを報告する

×

電話受付時の注意

※ 無料通話となります。
※ キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。
※ 当社およびEPARK利用施設は、発信された番号を、EPARKペットライフ利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用することができるものとします。
※ お客さまが受付専用電話番号に発信した電話番号情報は、当サイトの運営会社であるイーペットライフ株式会社が取得し、受付確認・案内SMS送信を目的として利用いたします。