エルム動物病院

エルムドウブツビョウイン

診療対象動物 // うさぎ/ ハムスター/ フェレット/ モルモット/ 鳥類
併設施設 ペットサロン/ ペットホテル/ 一時預かり
住所
住所地図
東京都 杉並区 桃井1-26-20
アクセス 各線荻窪駅北口からバス約6分
西武新宿線井荻駅南口からバス約8分
西武新宿線下井草駅から徒歩約24分
上井草駅から徒歩約24分
西荻窪駅から徒歩約25分
エリア 東京都中野・吉祥寺・三鷹荻窪
  • 土曜日もOK
  • 日曜日もOK
  • 祝日もOK
診療時間
09:00 ~ 12:00 ×
16:00 ~ 19:00 ×

休診日:金曜日

診療内容

一般診療/ 狂犬病注射/ 混合ワクチン注射/ フィラリア予防/ ノミ・ダニ予防/ 避妊・去勢

施設からのお知らせ
当院は新型コロナウイルス感染拡大防止(消毒・換気等)対策を行いながら診療を継続しています。それに伴い、ご来院される際、以下のご協力をお願いいたします。


1. 発熱、咳、倦怠感など体調のすぐれない方はご来院をご遠慮ください。

2. 来院時はマスクの着用をお願いします。

3. 待合室の混雑を避けるため、出来る限り最低限の人数でご来院ください。混雑時は屋外 でお待ちいただくこともあります。

4. 待合室および診察室に消毒薬をご用意しております。 診察前後、手指の消毒にご利用ください。

5. お薬の発送ができる場合があります。お電話でご相談ください。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、現在トリミングサロンおよびペットホテルの新規患者様の受付はしておりません。


休診日:金曜日
施設からのお知らせ
当院は新型コロナウイルス感染拡大防止(消毒・換気等)対策を行いながら診療を継続しています。それに伴い、ご来院される際、以下のご協力をお願いいたします。


1. 発熱、咳、倦怠感など体調のすぐれない方はご来院をご遠慮ください。

2. 来院時はマスクの着用をお願いします。

3. 待合室の混雑を避けるため、出来る限り最低限の人数でご来院ください。混雑時は屋外 でお待ちいただくこともあります。

4. 待合室および診察室に消毒薬をご用意しております。 診察前後、手指の消毒にご利用ください。

5. お薬の発送ができる場合があります。お電話でご相談ください。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、現在トリミングサロンおよびペットホテルの新規患者様の受付はしておりません。


休診日:金曜日

エルム動物病院への編集部紹介コメント

エルム動物病院は、東京都杉並区桃井にある動物病院です。JR中央線または、東京メトロ丸の内線荻窪駅よりバスで6分ほど、西武新宿線井荻駅よりバスで8分ほどの場所にあります。どちらも清水一丁目で下車していただくと、エルム動物病院が見えて来ます。また、車でお越しの方は、首都高4号線の高井戸出口から環八通り(都道311号線)沿いを走っていただくと見えて来ます。
動物を飼われる方が多い、杉並区の町に1988年に開業してから地域の皆さまに愛され続けている動物病院です。院長の蟹江先生は、メガネとお鬚がトレードマークの先生です。動物たちのことは勿論のこと、飼い主さまの気持ちを考えて診療を行なってくださいます。明るく優しい笑顔でお話してくださる先生ですので、初めてで緊張されてしまう飼い主さまも安心してご来院いただけるかと思います。
お近くで動物病院をお探しの方は勿論、信頼のおけるホームドクターをお探しの方にもおすすめできる動物病院です。

動物たちのホームドクターとしてできること

こんにちは、東京都杉並区桃井にあるエルム動物病院院長の蟹江健です。動物たちの健康管理は、動物、飼い主さま、獣医師との信頼関係の上で成り立っていると考えています。
飼い主さまは、日頃一緒に生活する動物たちの性格から普段の様子まで良くご存じかと思います。「あれ、おかしいな」「体調悪いのかな」などと、様子の変化に気付くのもやはり飼い主さまです。当院では、日頃から飼い主さまとのコミュニケーションを大切にし、連携プレイを図りながら動物たちの健康を一緒に守っていきたいと考えています。
動物たちは、私たち人間のように言葉を発することはできません。だからこそ、私たち獣医師は口のきけない動物たちに代わり、動物たちと飼い主さまの橋渡しになれればと思っています。動物たちと飼い主さまがいつも幸せな生活を送れるようにトータルにサポートしていきます。
当院では、インフォームド・コンセントに努めています。治療を行う上で必ず飼い主さまに、診療の目的や内容を丁寧に分かりやすく説明を行い、納得して同意をいただいた上で治療を行っていきます。
いつも元気に走り回っていた大切な我が子が急に体調不良を訴えたら、飼い主さまはどうしたら良いか分からず、不安になるかと思います。一人では悩まず、分からないことや疑問点があれば、些細なことでも構いませんので気軽に当院までお越しください。

エルム動物病院の施設紹介

  • エルム動物病院の思い

    施設の写真

    縁の下の力持ちとしての役割を担っている病院を目指して

    当院では、飼い主さまの不安な気持ちを拭ってあげられるように、動物たちの様子や生活スタイルを詳細に伺い、飼い主さまとのコミュニケーションを重要視しています。
    治療を進めて行く上で難しい専門用語は使わず、誰でも分かるような例え話を交えながらお話し、それぞれに合った適切なアドバイスを行っていきます。例え同じ病名や原因であったとしても、病気の進行具合や体調、生活スタイルなどが異なるからです。それらをきちんとご理解いただいた上で、その子に適した治療方法を飼い主さまにお伝えします。
    動物たちと飼い主さまの橋渡しのような存在になり、より良い関係性が築けられるようにサポートできればと考えています。


  • ワンニャンドックで健康な生活を

    当院では、皆さまに「ワンニャンドック」をおすすめしています。ワンニャンドックとは、私たちで言う「健康診断」にあたります。近年、獣医学の進歩により犬や猫の寿命が伸びていて今では、20年以上生きている犬や猫が少なくありません。然しながら、私たちに比べ約4倍のスピードで年を取ります。一見、健康そうに見えても実際は病気が進行している恐れもあります。また、生活習慣病を発症させている犬や猫も多くいます。例えば糖尿病や心臓病、ガンなどの命を脅かしかねない病気が挙げられ、これらの病気は発症してから治療を行うのは遅すぎてしまいます。
    当院では未然に病気を防ぐためにも、また早期発見・早期治療を行うためにも、「ワンニャンドック」を行っています。ワンニャンドックでは、身体検査や血液検査、尿検査などを行い、犬や猫の健康状態を確認します。
    受診間隔は、1年に1回で皆さまにおすすめしています。7歳以上のシニアは、体調の変化なども急に変化しますので、1年に2回の受診による健康管理をおすすめしています。
    いつまでも健康に楽しい生活を送れるように、ワンニャンドックを受診してみませんか。

  • 西洋医学と東洋医学について

    施設の写真

    東洋医学を用いた治療法

    当院は、動物の健康状態や症状に合わせて西洋医学または、東洋医学の2種類の治療方法から選ぶことが可能です。東洋医学では、鍼灸や推拿、漢方薬などを治療方法の一つとして取り入れていきます。東洋医学とは、病気は体のバランスが崩れたときに全身の変化が起こり、その一部が病気の症状として現れることを言います。まず、見えている症状から体がどのようにしてバランスを崩しているのかをきちんと確認した上でバランスを整え、自然と症状が治まることを目指します。またきちんとバランスを整え、継続して保つことで病気の発生を防ぐことも目的としています。


  • 両方を併用することで治療効果が向上することも

    西洋医学は、病気について詳細に分析して病気の原因を突き止め、原因を取り除くことによって病気を治す手法とされています。東洋医学と相反するものと言われていますが、実際は体と健康に対するアプローチの仕方が違うだけで、「病気やケガを緩和させ治す」という根本的な考え方は一緒です。この2つを上手く併用することで、より良い治療効果が期待できます。
    東洋医学を用いることによって、西洋医学の治療効果を高まることができますし、西洋医学だけではカバーできないところを補うことができるからです。
    年齢や状況によっては、どちらかのみで治療を進めることもありますが、より良い効果を期待できるには両方を併用することも治療方法の一つです。

  • 安心してお任せ

    施設の写真

    充実した設備を完備

    犬や猫だけではなくハムスターを始め、モルモットやフェレットなどのエキゾッチクアニマルも診察を行っています。
    身体検査などの一般的な診療は勿論のこと、避妊・去勢手術、腫瘤切除や開腹手術などの軟部外科手術、デンタルケアでは歯石除去や抜歯などの診療を行なっています。内視鏡も導入していますので、万が一誤っておもちゃや金属類などを誤飲してしまった場合にも、お腹にメスを入れずに検査して処置が行えるので身体に負担を軽減することが可能です。もしも食べ物以外の物を飲み込んでしまった疑いのある場合には、速やかに当院までご相談ください。また、ICU設備やレントゲン室など充実した設備も整えていますので、安心してご来院いただければと思います。

  • 小さな命を救いたい

    施設の写真

    ワンちゃんやネコちゃんの為の里親会を開催

    当院は、何らかの事情で一緒に生活することが出来なくなってしまった犬や、街の片隅で保護された猫などの里親会を定期的に開催しています。
    毎年、保健所などで処分される犬や猫の数は全国で数十万匹いると言われています。私たちが住む東京都では平成27年度で犬や猫、ウサギなどを含め1,618匹です。年々減少してきているとは言え、小さな命は今このときも失っているのです。
    動物愛護法が改正され、勝手な事情で保健所などに預けることができなくなりましたが、一部の身勝手な人が動物を捨ているのは未だ改善されていません。
    当院では、少しでも多くの犬や猫たちが心優しい新しい飼い主さまの元で生活ができるように、里親会を敵的に開催しています。きちんと健康状態を確認し、ノミやマダニを駆除した上で譲渡していますので、ご興味のある方は当院までお尋ねください。

  • 体調管理も安心なペットホテル

    施設の写真

    ベテランのスタッフが責任を持ってお預かり

    当院では、ペットホテルを併設しています。犬舎と猫舎でゲージを分けていますので、犬が苦手な猫も安心してお預かりできます。お預かりの間は、ベテランのスタッフが愛情と心を込めてお世話しますので、飼い主さまも安心して出張や旅行にお出かけいただけます。
    同居が可能な複数のワンちゃんやネコちゃんの場合は、連結可能な部屋もご用意していますので、ストレスを感じることなく快適にお泊りすることが可能です。また動物病院でのお預かりですので、万が一急な体調不良やケガなどをした場合も、迅速に担当獣医師が対応しますので、安心してお預けいただければと思います。

エルム動物病院への口コミ

  • #

    狂犬病の予防接種をしました。

    月曜の午前中に行きました。待合室に何匹か犬が待っていたので15分くらい待ちました。
    町田先生という女性の先生に診てもらいました。
    しっかりと健康チェックをして下さって、日頃の生活ででてきた質問なども丁寧に答えてくださって安心出来ました。
    体重が少し増えてきたので、今後は少しカロリー低めのドッグフードも既存のフードに混ぜてみたら?とのアドバイスを貰い、フードのサンプルも貰いました。
    狂犬病の予防接種も問題なく終わり、ほっとしました。
    狂犬病予防接種済証とそのシールを貰って帰りました。

口コミ情報をもっとみる

口コミをもっと見る(0件)

エルム動物病院の基本情報

住所 〒167-0034 東京都 杉並区 桃井1-26-20
アクセス

各線荻窪駅北口からバス約6分

西武新宿線井荻駅南口からバス約8分

西武新宿線下井草駅から徒歩約24分

上井草駅から徒歩約24分

西荻窪駅から徒歩約25分

電話番号
施設情報
当日対応OK/ バリアフリー対応/ 里子・里親紹介/ 女性医師の在籍/ 往診対応あり/ 入院設備あり/ マイクロチップ対応/ 駐車場あり
診療領域 歯と口腔系疾患/脳・神経系疾患/消化器系疾患/内分泌代謝系疾患/整形外科系疾患/感染症系疾患/中毒/眼科系疾患/循環器系疾患/肝・胆・すい臓系疾患/血液・免疫系疾患/耳系疾患/寄生虫/心の病気/皮膚系疾患/呼吸器系疾患/腎・泌尿器系疾患/筋肉系疾患/生殖器系疾患/腫瘍/東洋医学/アレルギー
治療台数 4台
駐車場台数 1台 / コインパーキング2台
待合室席数 8席
待合室設置物 雑誌 / ウォーターサーバー
獣医師人数 男性 1人 女性 1人
スタッフ人数 男性 1人 女性 5人
使用可能なカード
VISA/ マスター/ JCB/ オリコ/ アメックス/ その他
来院比率 犬:60% 猫:40%

×

電話受付時の注意

※ 無料通話となります。
※ キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。
※ 当社およびEPARK利用施設は、発信された番号を、EPARKペットライフ利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用することができるものとします。
※ お客さまが受付専用電話番号に発信した電話番号情報は、当サイトの運営会社である株式会社EPARKペットライフが取得し、受付確認・案内SMS送信を目的として利用いたします。