フレックス動物病院

フレックスドウブツビョウイン

診療対象動物 /
併設施設 ペットホテル/
住所
住所地図
大阪府 大阪市北区 本庄東2-2-2 1F
アクセス 地下鉄谷町線天神橋筋六丁目駅11番出口から徒歩約3分
JR環状線天満橋駅から徒歩約10分
地下鉄谷町線中崎町駅から徒歩約10分
大阪環状線天満駅から徒歩約13分
堺筋線扇町駅から徒歩約13分
エリア 大阪府 > 天満・天神橋筋・南森町 > 天満・天神橋筋
  • 土曜日もOK
  • 日曜日もOK
  • 祝日もOK
診療時間
09:00 ~ 13:00
16:00 ~ 19:00 × × ×
16:00 ~ 17:30 × × × × × × ×
15:00 ~ 17:30 × × × × × ×

※土曜日の16時からの診療は予約診療となり、ご予約は前日までにお願い致します。
※ドコモのペット保険対応。

診療内容

一般診療/ 狂犬病注射/ 混合ワクチン注射/ フィラリア予防/ ノミ・ダニ予防/ 避妊・去勢

施設からのお知らせ
・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━
0066から始まる番号は【診療受付専用窓口】になっております。
【ご相談】や【お問い合わせ】は、HPに記載の直通の番号におかけください。

また、こちらは【動物病院専用】ダイヤルとなっております。
トリミングに関しては別の窓口になっておりますのでHPをご確認下さい
※ただいまトリミングは既存の方のみの受付となります。
ご注意ください
・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━

※土曜日の16時からの診療は予約診療となり、ご予約は前日までにお願い致します。
※ドコモのペット保険対応。
施設からのお知らせ
・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━
0066から始まる番号は【診療受付専用窓口】になっております。
【ご相談】や【お問い合わせ】は、HPに記載の直通の番号におかけください。

また、こちらは【動物病院専用】ダイヤルとなっております。
トリミングに関しては別の窓口になっておりますのでHPをご確認下さい
※ただいまトリミングは既存の方のみの受付となります。
ご注意ください
・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━

※土曜日の16時からの診療は予約診療となり、ご予約は前日までにお願い致します。
※ドコモのペット保険対応。

フレックス動物病院への編集部紹介コメント

フレックス動物病院は大阪府大阪市北区にある動物病院です。先生も受付のスタッフの方もすごく優しく、アットホームな雰囲気です。飼われているペットの事はもちろん、しっかりと飼い主さまのことも考えて診療してくださいます。トリミングルームも併設されているので美容も診療もトータルでお任せできます。またホテルも併設されており、一時預かりなどもご対応してくださいますので、急なご予定が入ったときでも安心してご利用いただけます。フレックス動物病院は地下鉄谷町線、地下鉄堺筋線天神橋筋六丁目駅より徒歩3分程の場所にあります。

ペットの負担だけではなく飼い主さまの負担も軽減できるようご提案いたします

こんにちは。大阪府大阪市北区にあるフレックス動物病院の院長、會田裕子です。
1987年開院当初より、地域のペットたちのホームドクターとして診療を行って参りました。
嬉しいことに、2代目・3代目のペットを連れて来てくださる飼い主さまも大勢いらっしゃいます。トリミングルームとペットホテルを併設しており、ペットの普段の元気な姿を見せていただくことで診療時に普段との比較ができ、診療の手助けになると考えております。またペットだけではなく、ご自宅でできる事やできない事をお聞きし、飼い主さまのライフスタイルに合わせてご負担を少なく治療できるようにご提案もさせていただいております。

フレックス動物病院の施設紹介

  • 飼い主さまとペットのために当院でできること

    施設の写真

    フレックス動物病院の診療方針

    当院では、丁寧に問診・視診・触診・聴診を行うことにより無駄な検査や治療を省き、ペットと飼い主さまの負担を少しでも減らすように努めています。ペットの性格や飼い主さまの状況(家族、仕事など)、考え方なども考慮し、目の前のケースに最適な治療方法を考えていきます。病気を早い段階で見つけることにより健康寿命をのばすために定期検診(ドッグドック)も勧めています。定期検診をすることにより、早期発見ができる可能性もあがります。初期段階で発見できた場合にはペットへのストレスを減らすこともできます。また当院ではできない検査・処置・手術などに関しては設備のある病院やその手術を得意とする病院を紹介し、連携して治療にあたります。地域のホームドクターとして長くペットと飼い主さまにお付き合いいただける病院を目指しています。病院スタッフが生きがいを感じ、楽しく仕事をすることが、飼い主さまに安心して来ていただくために大切なことだと考えています。


  • 人畜共通感染症を多くの飼い主さまに知ってもらうために

    当院はスタッフ全員が女性で、臨床経験15年以上の獣医師のみが在籍しております。 人畜共通感染症でなくなった家族がいることから、人畜共通感染症を減らしていくために、啓蒙や予防に力を入れております。人畜共通感染症とは文字通り、人と動物の両方に感染する病気の事で動物由来感染症とも呼ばれます。現在日本で発症が確認されていない狂犬病もその一つで、発症が確認されていないからワクチンを打つ必要があるのかと思われる飼い主さまもなかにはいらっしゃいます。しかし、狂犬病のワクチン接種は義務であり、もしかすると外国から入ってきた犬がウィルスを持っている可能性もあります。知っていれば防げることの方が多いため、少しでも多くの飼い主さまに知っていただきたいです。

  • 飼い主さまに伝えたいこと

    施設の写真

    しつけについて

    しつけについて悩まれる飼い主さまは非常に多いです。当院では、怒る事は極力しないで褒め方で伸ばすのがよいとご説明しています。叱らなくてもいいのかと思われる飼い主さまもいらっしゃると思いますが、怒る事により犬が緊張したり興奮したりしてしまい、あまり効果的ではありません。飼われている犬によってどう褒められたら一番喜ぶのか、どういった褒め方がいいのかなどを確認し褒めて伸ばしてあげることが大事です。


  • 食事の回数について

    食事を与える回数などは飼い主さまによって変わってくると思います。なかには1日1回だけの方もいらっしゃるかも知れません。当院では、普段の食事は1日2回に分けて与えることが良いと考えております。1回でまとめてたくさん与えてしまうと胃酸が出て吐いてしまうこともあり、2回に分けて与えることによりペットの調子が悪くなったときに、いつから調子が悪くなったかなど普段の様子と比較しやすい事もあるためです。

  • 動物の健康と予防のために

    施設の写真

    健康診断について

    飼い始めや7歳前後になったときに、健康診断をおすすめしております。早期発見ができる可能性があがる事はもちろんですが、最終的に治療費も抑えられて飼い主さまの負担も軽減できるためです。血液検査もするため肝臓や腎臓の数値もわかるので、違和感があれば食事を変えたりすることで予防できることもあります。ドッグドッグに関しては朝お預かりして夕方には終わりますので1日で検診が可能です。気になる飼い主さまは、是非お気軽にお問い合わせください。


  • 去勢、避妊手術のタイミング

    目安としては生後6か月くらいが好ましいです。発情期を迎える前に手術を行うことにより、病気になるリスクを減らすことや変なクセがつかないようにできることもあります。去勢手術を行うと会陰ヘルニアや腫瘍になる確率を大きく下げることができ、手術も10~20分程で完了しその日にお返しすることもできます。避妊手術の場合は発情期前に行うことにより乳がんになるリスクを減らすことができます。しかし、去勢手術とは違い手術の時間も40分程で、様子を観察するためにその日はお預かりになります。

  • アレルギー性の皮膚炎について

    施設の写真

    アレルギーは付き合おうと姿勢が大事です

    当院に来られる犬で一番多い症状はアレルギー性の皮膚炎です。アレルギーは発症してしまうと完治が難しいため、何が原因でアレルギーになっているのかを調べて症状を和らげるために付き合っていく事が大事だと思っています。できるだけ原因を突き止めてそれを避けることが大切であると考え、アレルゲンを特定する検査も行っております。避けることのできない原因に関しては減感作療法を勧めています。ほこりやフードで発症することも多いです。ご自宅でできる事もあり、ほこりの場合はこまめに掃除することで和らぐこともあります。フードの場合は普段何を与えているかを確認し、フードを変えてあげることで和らぐこともあります。原因が分かれば対処することが可能なので、薬に頼る前にできる事をしてあげることが大事です。あまりに酷い症状の場合は和らげる薬を使用する場合もありますが、当院にはトリミングルームも併設していますので、薬浴やオゾンシャワーなどを使用することで内服薬や外用薬の使用を少なくしていきます。(薬浴にはアニコムなどの保険も適応できます。)ステロイドなど効果は期待できますが副作用もあるのでおすすめはしておりません。アレルギー性の疾患に対しては、治療に対する考え方は飼い主さまによって様々です。今の状況をしっかり把握し、さらなる検査や治療法について伝え、飼い主さまの考え方を聞かせていただき、その思いに沿った検査や治療をしていきます。

  • 診察時の対応について

    施設の写真

    診察時は細心の注意を払っています

    当院では診察の際に、雑談を交えながらより詳しく飼い主さまのお話を聞かせていただいております。様々なお話をする事により、飼い主さまも気付かないことを知れることもあります。なかには正直に答えると怒られると思われる飼い主さまもいらっしゃいますが、多くの情報があると治療の幅も広がるのでお話いただければと思います。また治療時には当たり前の事ですが事故がないように丁寧に治療し、痛み止めなども飼い主さまにご説明し了承を得てから治療しておりますのでご安心してください。

フレックス動物病院への口コミ

  • #

    とても親切に診療してくれます☆

    アルコール消毒液も置いてあり、待合室もきれいです☆
    コロナウイルスの追跡QRコードも院内に貼ってあるのでスキャンすると追跡してもらえるので安心できます☆
    犬の肛門線に菌が入って破裂して皮膚に穴が空いてしまったけれど、きれいに洗浄してくれて、とても親切に治療していただきました(^-^)
    何度か他の犬の治療でも行っていますが、無駄な治療をしないので経済的ですし、どの先生に診てもらっても安心してお任せできます☆
    先生も看護婦さんもみんな動物が好きって感じで優しくて、こちらの動物病院は自信を持っておすすめできます(*^o^*)
    キャッシュレス決済はPayPayとLINE Payが導入されていてそれも嬉しいポイントです☆
    診察は予約制ではなく、行った順番になりますのでいつでも時間内に行くだけで大丈夫です。

口コミ情報をもっとみる

口コミをもっと見る(0件)

フレックス動物病院の基本情報

住所 〒531-0074 大阪府 大阪市北区 本庄東2-2-2 1F
アクセス

地下鉄谷町線天神橋筋六丁目駅11番出口から徒歩約3分

JR環状線天満橋駅から徒歩約10分

地下鉄谷町線中崎町駅から徒歩約10分

大阪環状線天満駅から徒歩約13分

堺筋線扇町駅から徒歩約13分

電話番号
代表者名 會田 裕子
施設情報
当日対応OK/ 里子・里親紹介/ 空気清浄機/ 女性医師の在籍/ 入院設備あり/ マイクロチップ対応/ グッズ販売
診療領域 歯と口腔系疾患/脳・神経系疾患/消化器系疾患/内分泌代謝系疾患/整形外科系疾患/感染症系疾患/中毒/眼科系疾患/循環器系疾患/肝・胆・すい臓系疾患/血液・免疫系疾患/耳系疾患/寄生虫/皮膚系疾患/呼吸器系疾患/腎・泌尿器系疾患/筋肉系疾患/生殖器系疾患/腫瘍/アレルギー
治療台数 2台
待合室席数 8席
待合室設置物 雑誌/絵本/ウォーターサーバー
獣医師人数 女性 3人
スタッフ人数 女性 2人
使用可能なカード
VISA/ マスター/ JCB
保険対応
アニコム/アイペット/その他
来院比率 犬:50% 猫:45% その他:5%

動物取扱業の登録情報

第一種動物取扱業の種別

保管

登録番号

第070164B号

フレックス動物病院の関連するジャンル

フレックス動物病院の併設施設

×

電話受付時の注意

※ 無料通話となります。
※ キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。
※ 当社およびEPARK利用施設は、発信された番号を、EPARKペットライフ利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用することができるものとします。
※ お客さまが受付専用電話番号に発信した電話番号情報は、当サイトの運営会社である株式会社EPARKペットライフが取得し、受付確認・案内SMS送信を目的として利用いたします。