5/17
5/18
5/19
5/20
5/21
5/22
5/23
5/24
5/25
5/26
5/27
5/28
5/29
5/30

東京中央動物医療センター

トウキョウチュウオウドウブツイリョウセンター

4.6 4件

東京都 中央区 湊3-8-1リエトコートアルクスタワー1F

東京メトロ有楽町線新富町駅7番出口から徒歩約5分

// うさぎ/ ハムスター/ フェレット/ ハリネズミ/カメなど

一般診療/狂犬病注射/混合ワクチン注射/フィラリア予防/ノミ・ダニ予防/避妊・去勢/その他

  • 土曜日もOK
  • 日曜日もOK
  • 祝日もOK
診療時間
10:00 ~ 12:30
16:00 ~ 18:30 × ×

*水曜日と日曜日の診療時間は9:30~12:30になります

施設からのお知らせ
※当院は予約制ではありません。
動物の場合は、状況をお伺いしないと不明な症状もございますので、お電話にてお気軽にお問い合わせください。
施設からのお知らせ
※当院は予約制ではありません。
動物の場合は、状況をお伺いしないと不明な症状もございますので、お電話にてお気軽にお問い合わせください。

東京中央動物医療センターへの編集部紹介コメント

東京中央動物医療センターは、東京都中央区にある動物病院で、東京メトロ有楽町線の新富町駅 7番出口から徒歩5分ほどの場所にあります。
院内は外の光が多く差し込む、明るく開放感のある場所で、物々しさや堅苦しさは微塵も感じません。誤解を恐れずにご紹介するとすれば、病院らしくない穏やかな空気を感じました。
院長の椎名先生はとても朗らかな明るい方で、ご自身が注力しておられるという歯科治療や、獣医師としてのお心掛けなど、笑いを交えながら楽しくお話ししていただきました。
予防や健康診断はもちろん、専門医の先生を招いた高度医療も受け付けておられますので、地域の飼い主さまの強い味方になっていただけると思います。かかりつけの病院をお探しの飼い主さまに、ぜひお勧めしたい動物病院です。

動物たちと飼い主さまの幸せを全面的にサポートします

こんにちは。東京都中央区にある東京中央動物医療センターの院長、小野貞治です。
当院は2011年に開業して以来、予防・健康診断をはじめとした一般診療から、外部からお招きした専門医による特殊な疾患を持つ患者さんの受け入れ、ホテルサービスなど、様々な場面で飼い主さまと動物の生活をサポートできる環境を整えて、動物の健康についてのお悩みにお応えしております。
動物との暮らしは初めてという方、これから新しい家族を迎えようとしている方に対しても、暮らしの上で必要な知識をお伝えしていますので、お気軽にご相談いただければと思います。
動物と人との暮らしの中に何かしらプラスになる働きをしたいと常に考え、より多くのご家族さまに最善の獣医療のご提供ができるよう努めておりますので、お困りのことがあるときはどうぞ気軽にお越しください。

東京中央動物医療センターの施設紹介

  • 総合的に相談を受け付ける、獣医療の窓口という役割

    施設の写真

    心掛けているのは、ジェネラリストという立ち位置

    当院では全ての分野での獣医療の受け入れを行っている他、各分野に特化した外部の先生を招き、専門性の高い治療を行っています。
    個人的な見解ですが、近年では飼い主さまのニーズはとても細分化されているという様に感じていますし、やはり一次診療施設は「獣医療の窓口であること」「スムーズに専門機関に引き渡しができること」を重要とするべきであるように思います。その中で、そのご紹介先を見誤らないことが大切であり、治療そのものと同じか、それ以上に「診断」の部分が重要視されると考えています。動物の状態を把握し、可能性が高い病気を見極め、専門機関へ正確・スムーズにご案内することが大切です。
    当院にお招きしている専門医の先生方は、それぞれの分野で非常に辣腕な方々で、実際の治療の部分については安心してお任せできる存在です。頼れる先生たちと忌憚なく意見交換や相談ができる関係性は心強く感じていますが、それに甘んじることなく、ジェネラリストを旨とする常勤獣医師たちも個々にきちんと専門知識を持つように努力しています。


  • 飼い主さまへ、様々な知識の啓蒙

    当院は医療機関がもつ独特の緊張感や堅苦しさを極力排除した雰囲気を作れるよう心掛けています。また、当院にお越しいただく飼い主さまの中には、初めて動物を飼われるという方が比較的多いように感じられます。そういった飼い主さま向けに、掲示物などを用いて予防のプログラムや普段の暮らしに役立つ知識をお伝えできるようにしています。
    当院にお越しいただいている飼い主さまは動物をとても大切にしておられる方ばかりで、獣医療への関心・積極性を高く持っておられるように感じています。

  • 特化して行う治療分野

    施設の写真

    口腔内のケアの必要性

    僕は歯科の治療について注力して行っています。
    歯科の治療はお家で日常的にケアを行う関係で、飼い主さまのご協力が必要不可欠な部分もあり、そういう意味では治療そのものと並行して、予防の啓蒙にも積極的に取り組んでいます。
    実はワンちゃんネコちゃんには虫歯がほとんど無く、多くの場合は歯周病が治療の対象となります。特にワンちゃんの場合は、症状が進んでいても痛がることなくご飯を食べられるということもあり、飼い主さまが気づかないうちに歯周病が進行していることが多いため、定期的に動物病院を受診されることをおすすめします。


  • 歯周病は、単なるお口のトラブル?

    お口の病気というと、特に全身的な影響はないだろうとお考えになる飼い主さまも多いと思いますが、歯周病を起こした口腔内は、細菌が日常的に体の中に入りこむことのできる唯一の場所となります。人間でも、歯周病を患っている方が糖尿病になりやすい、腎臓・肝臓に負担がかかるという話を耳にしますが、そのように他の臓器に及ぼす影響は同様なのです。歯周病は、けっしてお口の中だけの問題ではなく、他の器官にも重篤な症状を引き起こし得る、怖い感染症だという認識を持っていただきたいです。


    実際の検査・診断・治療についてですが、他の分野では多くの場合、検査・診断を行い、その後必要に応じて手術や投薬での治療を行うのに対して、歯科の場合は来院された時点ですでにある程度状態が悪化しているケースも多々あり、歯石・歯垢の存在により正確な検査が行えない場合は、麻酔下でまずはそれらを除去し、その後にX線検査や歯周ポケット測定などの口腔内の詳細な検査を行うことで、初めて正確な診断を下せます。つまり、一般的な病気と異なり、麻酔をかけてから、検査・診断・治療を一気に行うという形になります。
    飼い主さまの中には、口腔内のケアの必要性を認識されている方も多くいらっしゃいますが、具体的なところまでご理解しておられる方ばかりではないため、麻酔をかけてからの歯石・歯垢除去とそのあとに続く検査・診断、そしてそれに基づく抜歯や外科的な歯周の清掃といった流れをその都度ご説明することも多いです。


    また、ネコちゃんには歯周病の他にも特殊なお口の病気があります。ひどい口内炎や原因不明ながら歯の溶解を引き起こす病気などがそれにあたり、世間で思われているよりは目にする機会も多く、珍しい病気というわけではありません。また、ネコちゃんはお散歩で外に連れていく機会が少ない分、病院に足を運び辛いという状況もあり、診断の機会が少ないということが、ネコちゃんのお口のトラブルが発見されにくい原因の一つになっているのかもしれません。
    口腔内のトラブルは本当に一頭一頭で状況が違います。実際に診察しなければわからないということも多々あるので、お口の臭い、汚れについて気になることがある際には、早い段階でご相談いただければと思います。

  • 獣医師として、胸に抱くポリシー

    施設の写真

    獣医療という立場で動物たちと向き合う際には、飼い主さまと動物が一番幸せな形を見つけていけるよう心掛けています。もちろん、医学的な見地で最高なものが、そのご家庭にとって最高であるとは限りませんので、飼い主さまとのご相談は欠かすことなく行います。今後も、そのご相談の部分には特に時間をかけていきたいです。
    診察時間の中で行う身体検査などのルーチンの部分は、異常を見逃さないよう正確さを持ちながらもスピード感を持って効率よく進め、その分飼い主さまとのお話の時間を十分に取るようにしています。

東京中央動物医療センターへの口コミ

  • #

    ココさん メス
    4.6
    2020/07/24
    雰囲気: 5
    接客/サービス: 5
    待ち時間: 3
    清潔感: 5
    治療の満足度: 5
    8

    数年来のかかりつけです。

    老齢による数種の症状があり、ほぼ毎月通っています。スタッフの皆さんが犬の名前も覚えてくださっていますし、先生の説明も丁寧です。

  • #

    ろまんさん /30代 メス
    4.6
    2020/07/01
    雰囲気: 5
    接客/サービス: 5
    待ち時間: 3
    清潔感: 5
    治療の満足度: 5
    20

    やさしい先生でペットも安心

    皮フのことや、つめきり、みみそうじ、肛門腺のケア、目のケアなどいろいろとお世話になっています。説明もていねいで、先生がいつも優しいので犬もいやがらず信頼しています。

口コミをもっと見る(0件)

東京中央動物医療センターの基本情報

住所 〒104-0043 東京都 中央区 湊3-8-1リエトコートアルクスタワー1F
アクセス

東京メトロ有楽町線新富町駅7番出口から徒歩約5分

京葉線八丁堀駅から徒歩約7分

銀座線三越前駅から徒歩約7分

日比谷線築地駅から徒歩約10分

有楽町線月島駅から徒歩約14分

電話番号
0066-9802-971398
併設施設 ペットホテル
施設情報
当日対応OK/ コインパーキング/ バリアフリー対応/ 女性医師の在籍/ 入院設備あり/ マイクロチップ対応
診療領域 歯と口腔系疾患/脳・神経系疾患/消化器系疾患/内分泌代謝系疾患/整形外科系疾患/感染症系疾患/中毒/眼科系疾患/循環器系疾患/肝・胆・すい臓系疾患/血液・免疫系疾患/耳系疾患/寄生虫/心の病気/皮膚系疾患/呼吸器系疾患/腎・泌尿器系疾患/筋肉系疾患/生殖器系疾患/腫瘍/東洋医学/アレルギー
得意診療領域 眼科系疾患 / 循環器系疾患 / 腫瘍 / 東洋医学
待合室席数 5席 獣医師人数 男性 3人 女性 3人
スタッフ人数 女性 4人 使用可能なカード
VISA/マスター/JCB/オリコ/アメックス/その他/
保険対応
アニコム/アイペット
外国語対応
英語/
来院比率 犬:20% 猫:70% 代表者名 北井 正志

東京中央動物医療センターの関連するジャンル

東京中央動物医療センターの併設施設

×

電話受付時の注意

※無料通話となります。
※キャンセルの場合も必ずご連絡お願いします。
※当社およびEPARK利用施設は、発信された番号を、EPARKペットライフ利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用することができるものとします。
※お客さまが予約専用電話番号に発信した電話番号情報は、当サイトの運営会社である株式会社EPARKペットライフが取得し、予約確認・案内SMS送信を目的として利用いたします。
※お客さまのご意見・ご要望を把握し、サービス向上につなげるため、通話内容を録音させていただきます。