あおやま動物病院

アオヤマドウブツビョウイン

診療対象動物 犬/猫/うさぎ/ハムスター/フェレット
併設施設ペットサロン
住所
住所地図
埼玉県 越谷市 神明町2-58-2
アクセス 東武スカイツリーライン北越谷駅から徒歩約14分
エリア 埼玉県越谷・草加・春日部越谷
  • 土曜日もOK
  • 日曜日もOK
  • 祝日もOK

あおやま動物病院の施設

  • 飼い主さまと話し合い、幸せになれる道を選んでいく

    施設の写真

    動物、飼い主さまがハッピーであることが一番

    診療に関しては、飼い主さま・動物・獣医師の三者がともに納得する治療を心がけています。もちろん、病気を治すことや長生きしてもらうことは重視すべき課題ですが、それよりも動物にも飼い主さまもハッピーと感じる治療をしていきたいというのが一番です。
    飼い主さまの事情や、動物との関係性もさまざまにありますので、場合によっては病気を治すことが最優先ではないこともあります。莫大な費用が掛かってしまったり、長い時間とても苦ませることになってしまったりなど、治療の選択肢の中には飼い主さまが望まないものもあり、必ずしも絶対的に獣医療が正しいとは限りません。
    そういった部分も踏まえて、当院での治療の終着点が、関わった人や動物にとって幸せなものになればと願っています。


  • 飼い主さまとしっかり話し合い、動物に苦痛を与えない処置を施していく

    飼い主さまとはしっかり話し合うことが大切だと考え、お一人お一人に対してしっかり時間を取りじっくりお話をします。
    当院では、獣医療に必要な根本的な部分をしっかり説明したうえで治療を行っていきたいと考えております。
    丁寧でわかりやすい説明を心がけておりますが、もし、少しでも疑問に思うことがございましたら、遠慮せずにお伝えください。
    また、当院は動物に苦痛をなるべく与えないことを念頭に置いており、手術については、
    前日から鎮痛剤を処方し、術中・術後の苦痛をできるだけ抑えることができる先制沈痛を
    取り入れています。
    当院での治療が困難と判断したときや、より詳しい検査が必要と判断したときは、各科にそれぞれ信頼のおける専門医の先生がいらっしゃる総合病院や二次診療病院をご紹介しております。その場合も、診療結果を受けたうえで、飼い主さまのご希望に合わせて当院で治療を行うことも可能です。

  • 併設の施設(D.C ROOM)について

    施設の写真

    トータルで動物たちのケアを行える施設「D.C ROOM」

    当院のすぐ隣には犬と猫専門の会員制ペットホテル、ペット専用施設(ドッグラン、シャワー・バス、トリミングサロン)の「D.C ROOM」を併設しております。
    開院当初はこういった施設を併設する予定は全くなかったのですが、飼い主さま方から多く要望をいただいており、トリミングも含めて、そういった側面からもトータルで動物たちのケアを行えるように開設いたしました。
    結果的に動物のことは当院でなんでもご相談していただけるようになり、飼い主さまからもご好評をいただいています。
    十分な広さのある室内のドッグランを備えているほか、飼い主さまに寛いでいただけるソファールームも用意しています。


  • 高級感のあるホテル、外部の音がしないドッグランなど安心の施設「D.C ROOM」

    宿泊施設の設置にあたって、ただ預かれば良いという簡素なものでなく、ちょっとした特別感を感じていただけるような場所にしたいと考え、細かな点まで気を配り、高級感を感じていただける雰囲気になっています。
    ホテルスペースはドッグ専用ルームとキャット専用ルームと部屋を分け、できるだけストレスのないよう心がけています。
    また、飼い主様ご自身が愛犬や愛猫のシャンプーが行えるセルフシャワールームもございます。ご自宅でのシャワーよりもスムーズにシャンプーができると大変好評をいただいております。
    室内のドッグランは、車の音や屋外の環境による警戒心がないためか、ワンちゃんたちが安心して走り回ってくれています。お預かりの子は普通にお散歩にも連れていきますが、普段と違う散歩コースは戸惑う子や行きたがらない子もいますので、そういった子にはドッグランで遊んでもらっています。
    こういった場所でワンちゃんを遊ばせることが、ストレス解消や運動不足解消になるのはもちろん、飼い主さま以外の方や他のワンちゃんと触れ合える機会になりますので、他人に対しての見方が変わることにつながり、社会性が身に付くようにも思います。
    屋外ドッグランでは、決められた場所にはなりますが食事の持ち込みも可能なので、診察の時だけでなく、ぜひお気軽にお立ち寄りください。
    また、毎週金曜日の9:30~12:30は他のドッグランにはあまり見られないパピータイムとパピー相談を行っておりますので、ドッグランデビューの場としても活用していただけます。
    屋外ドッグランにはぱちゃぱちゃプールもありますので、夏場は水遊びも可能です。
    また、犬の運動に関しては足腰に負担をかけずにウォーキングを行えるトレッドミルをご用意しています。これは椎間板ヘルニアなどのリハビリに使用する、水の中を歩かせる設備で、膝や腰の負担を軽減しつつ運動を行えるのが特徴です。どちらかというと治療の一環として行うものですが、当院の患者さまを対象にご要望があれば行っております。
    リハビリシャワー室はワンちゃんのダイエット目的での使用も可能ですので、運動やダイエットでお悩みのワンちゃんはぜひ獣医師にご相談ください。

  • しつけについて

    施設の写真

    犬へのしつけの前に、飼い主さまに動物のことを知ってもらう

    基本的には犬へのしつけというより、動物を飼う前に飼い主さまにある程度の知識を持っておいてもらうことが大事だと考えています。
    犬を迎える前に、今のご家族の状況やお家の環境、犬が大きくなる頃、その状況が変化しているかどうか、そういった点を考慮して犬を選ぶべきですし、判断がつかなければ相談していただきたいと思います。
    最近では捨て犬や捨て猫は減少傾向にあると言われますが、それでも無くならない理由のひとつには、動物を安易に飼い始めている方がいるからということもあります。
    犬の性質をふまえて飼い始めたとしても、個々には性格もあって、すべてが横並びというわけにはいきません。その性質や性格を改善したいと考えた場合には、少なくとも子犬の段階から教え始めなければいけません。生後3~4か月前後の時期は社会化期といって、自分の周りの環境を覚え始める頃で、その時期に覚える内容は、ワンちゃんのその後の性質に大きく関係します。
    これからワンちゃんを迎えようとお考えの方は、相談は随時受け付けていますし、もちろん実際に飼って生活していくなかで、成長とともに様々な疑問や質問が出てくることもあるかと思います。その際はぜひまたご相談に来ていただければと思います。

情報について誤りがある場合は以下のリンクからご連絡をお願いいたします。

誤りのある情報の報告 誤りのある情報の報告

×

電話受付時の注意

※ 無料通話となります。
※ キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。
※ 当社およびEPARK利用施設は、発信された番号を、EPARKペットライフ利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用することができるものとします。
※ お客さまが受付専用電話番号に発信した電話番号情報は、当サイトの運営会社である株式会社EPARKペットライフが取得し、受付確認・案内SMS送信を目的として利用いたします。