院長/幅田 功 へのインタビュー(4/4)

センターヴィル動物病院 院長 幅田 功 センターヴィル動物病院 院長 幅田 功
プロフィール
幅田 功

昭和45年 日本大学農獣医学部 卒業
昭和48年 カリフォルニア州サンカルロスペットホスピタル研修
昭和52年 東京都目黒区自由が丘にてセンターヴィル動物病院開設
平成4年  日本小動物歯科研究会設立 初代会長
日本獣医臨床病理学会 前副会長 日本大学生物資源科学部非常勤講師
著 書
(共書)イヌの病気百科(研究社)(共書)イヌの病気(講談社)
翻 訳
小動物臨床歯科ハンドブック(チクサン出版) 獣医歯科学(学窓社) THE VETERINARY CLINICS
所属学会
日本獣医腎泌尿器学会 日本獣医臨床眼科研究会 日本獣医麻酔外科学会 日本獣医循環器学会 日本獣医皮膚科学会

自由が丘駅前の喧騒から少し外れた住宅街に佇むセンターヴィル動物病院は、昭和の時代から長い間、この地域の獣医療を支えてきた。病院の大黒柱として敏腕を振るう幅田先生に、自身の考える獣医療についてお話を伺った。
  4/4ページ 

口腔内歯科に力を入れる動物病院

その分野に関しては、専門的に始めるのが他の医院さんと比べて早かったのもありますし、海外で出版された書籍の翻訳をやらせて頂いたこともありました。そういう意味では、海外で学んだ事が国内でのニーズにあっていたのかもしれません。しかし当院では口腔内歯科に限らず、色々な診療を行っていますよ。膝の手術、泌尿器の手術等も行います。

地域に対しての思い

私の出身は洗足(せんぞく)といって、このすぐ隣の町なんです。小学校から大学までずっとこの地域で過ごしました。生まれたところにずっと居るわけです。
今の人はどうかわかりませんが、我々の年代の人はこの年になると自分が生まれたところに帰ってくるなんじゃないかな(笑)
よく知らないところで生活するよりは、自分が見知った場所がやはり過ごしやすいですしね。
当院の患者様も、昔はその地域の方がほとんどだったのですが、現在では他の患者さんからの紹介であったり、遠方からいらっしゃる方も多いです。
この辺りは今ではすっかり住宅地になっていて、静かで住みやすい地域ですが、昔は多くあった畑がすっかりなくなってしまったのはちょっと寂しい気もしますね。

飼主さまへのメッセージ

一番お伝えしたいのは、皆さんお忙しいとは思いますが、自分の可愛がっている動物と一緒に過ごす時間を出来るだけ多く作ってあげてほしいという事ですね。それが唯一のお願いです。
そうする事で健康管理にもつながりますし、動物の長生きにもつながります。また、動物と一緒に居る事で学ぶ事も多いと思います。
人に対しても動物に対しても、「気遣う」という事が大切だと考えています。その事を、動物とのふれあいを通して改めて認識して欲しいと思います。
  4/4ページ