院長/下田 誠 へのインタビュー(2/4)

府中の森動物病院 院長 下田 誠 府中の森動物病院 院長 下田 誠
プロフィール
下田 誠

日本獣医生命科学大学 獣医学科 獣医外科学教室 卒業
獣医師免許取得
2003年~2006年 おおむら動物病院 勤務
2006年~2014年 工藤動物病院 勤務
所属獣医師会:東京都多摩東支部所属

府中の森公園近くの国道沿いに佇む府中の森動物病院。2014年の春に開業したこの動物病院では、院長の下田先生が地域に根ざした獣医療を心掛け、日々診療にあたっている。下田先生の目指す獣医療とは何か、動物病院とはどうあるべきか、お話を伺った。
  2/4ページ  

眼科治療に力を入れている府中の森動物病院

飼い主さまへのお願い

病気の早期発見に専門的な医学の知識が必要だとは思いません。
例えば眼の病気に関して飼い主の方に気づいてもらいたいのは、分かりやすいところでいうと、「ぱちぱちと瞬きを繰り返すような行為」であったり、「目やにが溜まる」とか、「なんとなく元気がない」というようなことであったり、そういった目に見える「いつもとは違う何か」を見つけてくださればと思います。
「なぜか元気が無い」ということで病院に行って検査を受けて、身体の中を検査しても問題が見つからない、原因はなんだろうとしばらく様子を見ていたら、実は眼に異常があったという例もあります。
眼科というと、かなり特殊というか専門的な知識や機材が必要だという印象を受ける方も多いと思います。実際大掛かりな手術を行おうとしたら、専門的な病院や大学病院が沢山ありますし、正直に申し上げると当院はそこまでの域には至っていません。
しかし、当院でもある程度の機材を揃えており、各種のしっかりした検査を行えますので、当院が1次診療施設と2次診療施設の繋ぎのような役割になれればと思っています。

府中の森動物病院に関して

2014年の4月に開業したばかりで、まだまだ駆け出しの病院です。現在、獣医師は私一人だけですが、今後はもう何人か先生や看護師の方を加えて、今よりも幅広く診療を行える病院にしたいと考えています。
申し訳ないお話ですが、一人での診察となると、いくらか患者さまが増えてくると、どうしてもお待たせする時間が増えていってしまいます。
現在は使用していませんが、院内にはもう一ヶ所診察室がある他、検査室や処置室はもちろん、トリミングルームや入院室も備えておりますので、それらの設備を有効活用できる病院にしていきたいですね。
獣医師が一人ですと、手術が1件2件と入ってしまったらもう、一日使ってしまうような状態になってしまいがちです。また、複数の獣医師で協力して治療を行うほうが、精神的な負担というか、一日一日の疲れ具合も減ってくると思いますので。
現在、当院では内科系の診療が多いのでそこまで手術を幾つも行っているわけではありませんし、長時間に及ぶ手術をやることはまれですが、今後必ずあるはずなので、その為の備えをしておきたいですね。
治療方針や、飼い主さまや動物たちに対する考えや姿勢といった点では、今までと変わらず誠心誠意やっていければと考えています。
  2/4ページ  
住所
東京都府中市緑町2-7-2
アクセス
京王線東府中駅北口から徒歩6分
府中の森動物病院の詳細を見る