院長/保坂 敏 へのインタビュー(1/5)

ほさか動物病院 院長 保坂 敏 ほさか動物病院 院長 保坂 敏
プロフィール
保坂 敏

1987年3月 麻布大学大学院修士課程修了
1993年4月 相模原市相原に「ほさか動物病院」を開院
2002年2月 小動物臨床鍼灸学短期課程修了(中国,北京)
2008年3月 新病院開設
2009年6月 獣医循環器認定医取得
受賞歴
平成12年度 神奈川県獣医師会 学術賞 「犬のプロトテカの1例」
平成24年度 神奈川県獣医師会 学術賞 「頚部椎間板ヘルニアの3例」

相模原市のほさか動物病院は国道413号沿いの一角にあり、地域の方々に頼りにされる動物病院だ。院長の保坂先生は循環器やリハビリ治療を始め、鍼灸や整形外科等、様々な専門的な治療を得意とされている。獣医師として30年近いキャリアの中で、どんな経験をされてきたのか、お話を伺った。
 1/5ページ  

獣医師を志したきっかけ

もちろん子供の頃から動物が好きでした。昆虫、両生類、爬虫類、魚類と生き物を育てるのが好きでした。
中学生になると家で飼っていたチャボが野犬に襲われけがをしたときに、自分で治してあげることが出来ればと思っていました。
きっかけというか、私の場合は子供の頃の環境が大きいと思います。開業はしていませんが、父親も祖父も父の弟も獣医師で、言ってみれば獣医の家系でした。祖父は軍の獣医として、戦時中に軍隊の馬の獣医をしていました。

獣医を目指すうえで大変だったこと

そうですねー。受験勉強・・・は皆さんやりますから、大学に入ってからの体験ということになります。
大学では外科の研究室に4年間所属していたのですが、なにしろ徹夜もあり、生き物を扱っていましたので大変でした。
動物の治療や手術やその後の管理などで、特に3年生のときは休みなんてありませんでしたから。例えば試験の前でも関係なく手術などありますので。しかしまあ、私たちより上の代の人たちはもっと大変だったと思います。
現在ではそこまでやっているかどうかわかりませんが。そのように実際動物に触る環境がありましたので、手術でお腹や胸を切開するときも特に困りませんでした。
 1/5ページ  
住所
神奈川県相模原市緑区二本松4-17-1
アクセス
横浜線橋本駅北口からバス10分
相模線橋本駅からバス10分
ほさか動物病院の詳細を見る