院長/大矢 智隆 へのインタビュー(4/4)

大矢動物病院 院長 大矢 智隆 大矢動物病院 院長 大矢 智隆
プロフィール
大矢 智隆

1997年3月 日本獣医畜産大学(現 日本獣医生命科学大学)卒業
1997年4月 都内の動物病院勤務
1998年2月 埼玉県浦和市の動物病院(山田動物病院)勤務
2002年7月 大矢動物病院開業
所属学会
日本獣医循環器学会会員、日本獣医腎泌尿器学会会員
日本獣医がん学会会員、日本小動物血液透析協会会員
日本動物病院福祉協会(JAHA)会員

近くには多摩川が流れる東京の西の端、狛江市東和泉に居を構える大矢動物病院。今年13年目を数えるこの病院の待合室で、院長の大矢智隆先生にお話を伺った。優しく温和な大矢先生が考える動物医療とは。
  4/4ページ 

地域の方や飼い主さまへのメッセージ

狛江という地域に関して

私は町田という地域の生まれなのですが、高校生の時にこちらに引っ越してきてからはずっと狛江に住んでいます。最初はどんな町なんだろうと思っていたんですが、実際に住んでみるとやはり魅力がありよかったですね。なにしろ自然が多いのはいいことだと思います。子供がいると尚のことそう感じますし、犬を散歩させていても楽しいですよ。
当院は現在の場所で開業して今年(2015年)で13年になり、若い方から年配の方まで幅広い飼い主様にご利用頂いています。
当院をご利用されるのはこの地域の飼い主様がほとんどなので、出来れば質問等を気軽にして頂けるような間柄になっておきたいですね。そのために、健康診断等で年四回くらい顔を出して話や質問をしていただければ、飼い主様にも正しい知識が身につきます。知り合うというのはそういうように、色んな話が出来るということだと思っています。
健康診断は、行ったその時は健康でも1ヵ月後、2ヵ月後に健康とは限らないですよね。病気ではないという診断を受けて安心してしまって、次に来るのが1年後2年後ということでは不安が残ります。健康診断をするということ自体も大事ですが、たまに獣医師に動物を触ってもらうという感覚でいた方がいいのかも分からないですね。まあいわゆるかかりつけ医というやつです。その点で言うと、私は季節ごとに診られれば良いと考えています。年に四回、特別大掛かりな検査ではなく、動物の身体に触れられればいいと思いますね。触れることで分かることも多くありますし、例えば体表の異変や、おなかの中の腫瘍、眼の色なんかでも変化を見つけることが出来ます。口の中の臭いもそうですし、便をもってきてもらえれば、その臭いも健康状態を測る材料になります。データだけで診断する訳ではないので、こういった五感を使った診断は獣医の基本と言えますね。
また、顔を出してもらえればその際に飼い主の方とコミュニケーションをとることが出来ます。「何か変わったことはないですか」といったお話が出来れば、そこで気づくことも多くありますよ。

患者様や、今後利用するかもしれない方々へのメッセージ

狛江の病院でもここまで検査が出来るということを知って頂きたいですね。当院ではインフォームドコンセントを特に重要視して診療していますので、分からないことがあれば、とことんお話をしましょう。
一回説明して、一度考えてもらって、わからないことを質問して頂ければ、お互いに理解を深められると思っています。当院では先ほどお話した治療法以外にも、色々な治療が出来るようにしていますので、迷ったときはご相談に来てください。よくご相談して、納得のいく治療を一緒に出来ればと思っています。
  4/4ページ 
住所
東京都狛江市東和泉2-16-1
アクセス
小田急線狛江駅から徒歩5分
小田急線和泉多摩川駅から徒歩5分
大矢動物病院の詳細を見る