院長/石川 朗 へのインタビュー(3/4)

練馬テイルズ動物病院 院長 石川 朗 練馬テイルズ動物病院 院長 石川 朗
プロフィール
石川 朗

2002年 日本大学生物資源科学部獣医学科 卒業
2002年 亀戸動物病院(東京都墨田区) 勤務
2006年 同医院 副院長
2009年 同医院 内視鏡・腹腔鏡部門(兼務)
2013年 練馬テイルズ動物病院 開院
所属学会
獣医麻酔外科学会 日本獣医がん学会 獣医内視鏡外科研究会
研究・発表歴
2011年 第32回動物臨床医学会年次大会 内視鏡検査により診断した消化器型リンパ腫の犬の1例
2012年 日本獣医内科学アカデミー2012年大会 上部消化管内視鏡検査により診断した犬の消化管内異物50症例の回顧的検討
2012年 第53回日本獣医画像診断学会 内視鏡により診断した犬の胃内異物42症例のX線検査の有用性に関する検討
2013年 第15回日本臨床獣医学フォーラム2013年年次大会 軟性膀胱鏡にて治療をおこなった尿路結石の犬の2例

西武線池袋線の練馬駅で電車を降り、閑静な住宅街を抜けたところにある「練馬テイルズ動物病院」。2014年12月で開業から一年を迎えたこの病院では、ある専門的な治療に力を注いでいた。近代治療の可能性とは何か、院長の石川先生にお話を伺った。
 3/4ページ  

病院が心がけていること

総合的な治療ができる病院を目指していたので、色々工夫して、スタートの時点である程度はの機材を揃えました。もちろん内視鏡においてもそうです。内視鏡を開業の段階で入れている医院というのはあまり無いかもしれないですね(笑)
このあたりは当院の特徴と言えますし、この分野に力を入れているのは確かです。今後はさらに治療の幅を広げられるよう努力していきたいと考えています。

印象に残っている動物や飼い主さんの話

よくこういうご質問をうけるのですが、自分としてはお会いした全ての動物や飼い主様が特別に感じています。みなさん、考え方も、飼っている動物も、生活スタイルも、本当に様々なので全く同じ診療というのはないですね。自分と違う考えの方とお話しをすると本当に勉強になりますし、ひとつひとつの診療から常に学ぶことがあると考えています。
例えば、興奮して暴れだすワンちゃんは、慣れない場所で怖いから吠えたり暴れたりするんですよね。そういう時はまず「怖くないよ、怖くないよ」と優しく声をかけるのが一番だと考えています。
私たちが怖がっているワンちゃんを見て「あきらかに怯えているな」と分かるように、犬も人を見て「この人は自分に敵意があるな」ということは一瞬で察しているものなんですよね。
言語は分からなくとも、雰囲気は伝わっているはずです。こちらが愛情を込めて優しく触れたり話しかけたりしていると、滅多なことはして来ないですし、私も様子によっては踏み込みすぎないようにしたり、無理はしないようにしています。
実は先ほどいらした新患の柴犬のワンちゃんも、来たときはものすごく吠えていて、とても触れられる感じではなかったんですが、結果的にはとても穏やかに診察が出来ました。そのように、動物の性格に合わせた対応を心がけるのが当院の方針ですね。
  3/4ページ