院長/石川 朗 へのインタビュー(4/4)

練馬テイルズ動物病院 院長 石川 朗 練馬テイルズ動物病院 院長 石川 朗
プロフィール
石川 朗

2002年 日本大学生物資源科学部獣医学科 卒業
2002年 亀戸動物病院(東京都墨田区) 勤務
2006年 同医院 副院長
2009年 同医院 内視鏡・腹腔鏡部門(兼務)
2013年 練馬テイルズ動物病院 開院
所属学会
獣医麻酔外科学会 日本獣医がん学会 獣医内視鏡外科研究会
研究・発表歴
2011年 第32回動物臨床医学会年次大会 内視鏡検査により診断した消化器型リンパ腫の犬の1例
2012年 日本獣医内科学アカデミー2012年大会 上部消化管内視鏡検査により診断した犬の消化管内異物50症例の回顧的検討
2012年 第53回日本獣医画像診断学会 内視鏡により診断した犬の胃内異物42症例のX線検査の有用性に関する検討
2013年 第15回日本臨床獣医学フォーラム2013年年次大会 軟性膀胱鏡にて治療をおこなった尿路結石の犬の2例

西武線池袋線の練馬駅で電車を降り、閑静な住宅街を抜けたところにある「練馬テイルズ動物病院」。2014年12月で開業から一年を迎えたこの病院では、ある専門的な治療に力を注いでいた。近代治療の可能性とは何か、院長の石川先生にお話を伺った。
  4/4ページ 

地域の方や患者様へのメッセージ

生まれ育った場所ですからね。やっぱり愛着があります。子供の頃から良く知った土地ですし、ご近所に知り合いも多いです。同級生のお母さんがワンちゃんを連れて尋ねてきてくれたり(笑)
開業するにあたって、地元で開業したいというのは大前提としてあったんですよね。
こうして一年間やってこれたのは本当に地域の方たちの支えあっての事だと思っています。
開業してまだ一年の病院なので、正直に言って一年分の実績しかないんですよね。それでもこの病院を選んでくれて、「先生、お願いします」と家族を預けてくださる方たちに、真摯に全力でお応えしたいと思っています。
当院は方針として一頭一頭を時間を掛けてじっくり診察いたします。そのため、診察までに少しお時間を頂くことになるかもしれませんが飼い主様や動物たちときちんと向き合って治療をしたいと思っています。
  4/4ページ 
住所
東京都練馬区練馬3-24-18
アクセス
西武池袋線練馬駅から徒歩6分
西武豊島線豊島園駅から徒歩6分
練馬テイルズ動物病院の詳細を見る