院長/北原 千春 へのインタビュー (1/3)

院長/北原 千春 へのインタビュー (1/3)

北原 千春KITAHARA CHIHARU

「この症状にはこの治療がベストである」というような先入観は持たず、動物に合った医療を提供する

大阪府池田市井口堂にて様々な動物に対する治療を提供するアルプス動物病院で院長を務めている北原千春先生。自身の病院での治療だけではなく、動物園の嘱託医や大阪府獣医師会の副会長なども兼務しており多忙な日々を送っている。
今回のインタビューでは自身の病院に関することはもちろん、獣医師会を通じた社会貢献活動や今後の獣医療の展望など、様々な面のお話を伺った。

プロフィール

北原 千春
  • 出身地:大阪府
  • 趣味・特技:ヨット
  • 今まで飼った動物:犬、猫、ハムスターなど
所属 / 役職
  • アルプス動物病院 / 院長
経歴
  • 大阪府立大学卒業後、大阪府内の動物病院で2年間勤務しアルプス動物病院を開院
  • 現在はアルプス動物病院だけではなく、公益社団法人大阪府獣医師会の副会長も務めている

インタビュー

  • 獣医師を目指したきっかけを教えてください

    獣医師の先生のほとんどがそうだと思うのですが、幼い頃から動物が好きだったということが大きなきっかけです。私は幼い頃から道端に捨てられている犬や猫を頻繁に拾ってくるような子どもでしたので、動物関係の職業につくのは必然だったのかもしれません。中学生の頃には獣医師という職業を意識し始めており、高校に入学した時にはすでに獣医師になると決めていました。しかし、当時は獣医師という職業は現在ほど一般的ではなかったこともあり、中学や高校の先生がたも進路指導には困っていたような記憶があります。もちろん獣医師になるための勉強には一生懸命取り組みましたが勉強ばかりに明け暮れていたというわけでもなく、友人にも恵まれたこともあって高校生活も大学生活も十分に満喫することができました。

  • 獣医師として一番大切にしていることを教えてください

    当然のことだとは思いますが、やはり「動物を治す」ということを一番大切にしていますが、それにあたっては「この症状にはこの治療がベストである」というような先入観はできる限り持たないように気を付けています。動物1匹1匹の外見や体毛の長さなどが異なるように、1匹1匹の体質や症状が全く同じということは基本的にありえないことだと思います。
    そこで動物1匹1匹と真摯に向かい合いながら、その動物に対して最も適切と思われる治療を提供できるように努力し、そのうえで飼い主さまへの対応に関しては、治療に対して考えられる選択肢を全て提示するように心掛けています。
    獣医師としてのアドバイスはもちろん実施いたしますが、医療側から治療を押し付けるのではなく、飼い主さま自身に治療を選択していただくというプロセスを常に重視しているのです。

  • これまでのご経験の中で印象に残っている出来事はありますか?

    私はアルプス動物病院の院長を務めるかたわら、動物園の嘱託医師を務めておいます。もしかしたらニュースでご覧になった方もおられるかもしれませんが、10年ほど前にその動物園で飼育していた1匹の鹿が結核に罹ってしまい、他の動物への感染を防ぐために20頭近くの鹿を私の手で安楽死させた経験があります。結核は法定伝染病ということもあり、この処分は間違ってはいないのですが、今でもやるせない思い出の一つですね。
    この辛い経験以降はこのような悲劇を二度と発生させないように、より一層気を引き締めて1匹1匹の動物と向かい合うようにしています。