院長/森 勇雄 へのインタビュー (3/3)

メイプル動物病院 院長 森 勇雄

森 勇雄 MORI ISAO

来院される全ての動物たちに対して、自分の家族と同じ気持ちで接し、治療に当たりたいと思っています。

インタビュー

  • メイプル動物病院では様々な最新の獣医療を実施しておられると伺っています。その内容についてお聞かせください。

    まず新しいところでは、2017年から股関節全置換術という人工の股関節へ置き換えを行う手術設備を本格的に導入いたしました。この手術を京都・滋賀地域で実施している病院はなかなか珍しいのではないでしょうか。
    また、骨折手術に対してはALPSというシステムを用いて、超小型犬から大型犬まで迅速かつ合併症の少ない手術が可能となっています。
    前十字靭帯断裂には小型犬には人工靭帯を使ったスーチャーアンカー法やTPLOを、中型・大型犬にはTTAといった方法を使って成績の良い手術も可能です。

    関節鏡という内視鏡のユニットは、関節の中、耳の中、中型以上の雌犬の場合は尿道・膀胱の中も検査・処置することができます。内視鏡で覗いて検査・処置を行うことで、動物への負担の少ない手術も可能となっています。

  • 今後の獣医療の展望について、森先生のお考えを聞かせてください。

    飼い主さまのニーズがある限り、獣医療はさらに高度化・発展していくものと思います。しかし、その期待に応じようと器械や検査機器の開発が高額になり、結果的に検査・治療費もさらに上昇していくのかもしれません。
    当院では飼い主さまに合わせて治療方針を提案させていただいており、その一環として動物保険への加入のご検討や、健康診断による病気の早期発見を勧めています。

  • 最後に、このページをご覧になる飼い主さまにメッセージをお願いいたします。

    当院は京都の街中にあり見た目は大きくありませんが、内容の濃い治療を行っています。
    また、動物病院を選ぶ際はどういったことができてどれだけ先生と自分達が合うかをチェックしていただければと思います。
    当院は一般診療として幅広い分野の治療に対応しながら、骨折や脱臼などの整形外科分野では深く専門的な治療を行う1.5次診療を行っていますので、足の痛みが治らない、または治療されても改善が見られない場合はお気軽に相談していただければと思います。

施設情報

メイプル動物病院

メイプル動物病院

住所
京都府 京都市上京区 丸太町通智恵光院西入中務町928
アクセス
JR山陰本線二条駅から徒歩約12分
施設詳細を見る