戻るDoctor'sインタビュー一覧

Doctor'sインタビュー一覧

Doctor'sインタビュー一覧
  • 院長/吉内 龍策

    院長/吉内 龍策

    南大阪動物医療センター
    大阪府大阪市/地下鉄谷町線 長原駅

    人と動物の関係は時代の流れとともにその姿を変えてきた。両者を繋ぐ絆がさらに色濃くなるに伴い、動物医療に求められるレベルも向上の一途をたどってきた。

    院長/吉内 龍策 へのインタビューを読む

  • 代表理事/白石 陽造

    代表理事/白石 陽造

    日本小動物医療センター
    埼玉県所沢市/西武新宿線 航空公園駅

    動物たちの体調の悪化は時を選ばない。
    例えば夜遅くに突然、動物が体調を崩したら・・・。
    かかりつけの病院では対処できないような大病を患ったら・・・。
    動物病院は国内に数多く存在するが、日本小動物医療センターは一般的な動物病院ではカバーしきれない夜間診療と高度化する専門診療の受け皿の役割を担う二次診療施設として、2004年にその歴史をスタートさせた。

    代表理事/白石 陽造 へのインタビューを読む

  • センター長/小林 哲也

    センター長/小林 哲也

    日本小動物がんセンター
    埼玉県所沢市/西武新宿線 航空公園駅

    躍進の著しい近代獣医学をもってしても今なお不治の病とされ、多くの動物たちの死亡原因としてその名が挙げられる腫瘍(がん)。

    センター長/小林 哲也 へのインタビューを読む

  • 院長/山本 剛和

    院長/山本 剛和

    動物病院エル・ファーロ
    東京都大田区/武蔵新田駅

    病院名のエル・ファーロは、スペイン語で「灯台」という意味をあらわす。病を抱えた動物たちの「希望の光」、「治療」という海の中で道に迷った飼い主さまの「道標」、混乱した「獣医療」を正しい方向へ導きたい、という思いで開院された動物病院エル・ファーロ。

    院長/山本 剛和 へのインタビューを読む

  • 院長/金本 勇

    院長/金本 勇

    茶屋ヶ坂動物病院
    愛知県名古屋市/地下鉄東山線 茶屋ヶ坂駅

    2017年で開業から47年を数え、多くの動物たちの健康を見守ってきた茶屋ヶ坂動物病院。特に循環器科の診療に注力しその卓越した手腕を振るうのは、院長を務める金本勇先生である。

    院長/金本 勇 へのインタビューを読む

  • 院長/渡邊 正俊

    院長/渡邊 正俊

    渡邊動物病院
    東京都立川市/五日市街道砂川4番バス停前

    東京都立川市の五日市街道沿いにたたずむ渡邊動物病院は、この地で約40年にわたって親しまれているクリニックだ。

    院長/渡邊 正俊 へのインタビューを読む

  • 院長/羽尾 健

    院長/羽尾 健

    プレマ動物ナチュラルクリニック
    神奈川県横浜市/センター北駅

    近年、獣医学界でも注目されている漢方や鍼灸、ホメオパシーを用いた自然療法。そんな自然療法を、時代に先駆けて治療に組み込んできたのが、プレマ動物ナチュラルクリニックの羽尾 健一先生だ。

    院長/羽尾 健 へのインタビューを読む

  • 院長/北原 千春

    院長/北原 千春

    アルプス動物病院
    大阪府池田市/阪急宝塚線 石橋駅

    大阪府池田市井口堂にて様々な動物に対する治療を提供するアルプス動物病院で院長を務めている北原千春先生。自身の病院での治療だけではなく、動物園の嘱託医や大阪府獣医師会の副会長なども兼務しており多忙な日々を送っている。

    院長/北原 千春 へのインタビューを読む

  • 代表/今西 修大

    代表/今西 修大

    春日丘動物病院
    大阪府茨木市/JR茨木駅

    人と動物との共生はその形の変化がささやかれて久しい。その原因は獣医療の発展・医療知識の啓蒙、それによる飼い主の意識の変化・無意識下での愛玩動物の擬人化などによるところだが、ウサギ、ハリネズミ、フェレットなど、エキゾチックアニマルの飼育頭数の上昇も無視できない要因の一つではないだろうか。

    院長/今西 修大 へのインタビューを読む

  • 院長 /小細 浩身

    院長 /小細 浩身

    クッキー動物病院
    大阪府堺市/JR堺市駅

    慢性的な症状として治療に時間を要すると言われる病気の一つに、皮膚疾患がある。アレルギーを初めとした多くの原因が存在し、根治への道のりが険しい病気として多くの動物と飼い主を悩ませている疾患だ

    院長 /小細 浩身 へのインタビューを読む