施設番号sal_2964

フルヤペットクリニック(トリミング)

フルヤペットクリニック

対象動物 小型犬/中型犬/大型犬/猫
併設施設動物病院/ペットホテル
住所
住所地図
東京都 狛江市 和泉本町3-23-26
アクセス 小田急線狛江駅から徒歩約16分
エリア 東京都下北沢・明大前・成城学園前喜多見・狛江
  • 土曜日もOK
  • 日曜日もOK
  • 祝日もOK

フルヤペットクリニック(トリミング)の施設

  • 小さな変化にも気づくことができるよう、スタッフ一同努めてまいります

    施設の写真

    飼い主さまにその日あったことをしっかりとお伝えします

    皮膚の炎症や目視できる「いぼ」を見つけたときには、飼い主さまにお伝えし、必要であれば診察や検査ができる環境が整っています。また、トリミング中に発作が起きた場合などの緊急時にも、1階の病院に獣医師がおりますので対応することが可能です。シニアのワンちゃんも体調を考慮しながら施術させていただきます。暴れてしまったり、体調が悪そうで予定していた施術ができなかったりした場合には、そのこともお伝えさせていただいています。


  • 一匹一匹と向き合ったトリミングを心がけています

    当院では、皮膚病治療のために通うワンちゃんもいるため、薬用シャンプーや低刺激なシャンプーを取り入れています。皮膚にお悩みのあるワンちゃんも健康な皮膚被毛の子も、それぞれに合わせてシャンプーしていきます。カットについては、お家でもお手入れしやすいカットをご提案させていただいております。「こういうふうにしたい」という飼い主さまのご要望については、ワンちゃんの毛の量を考慮したうえで施術しています。


    フルヤペットクリニックの施術について

    ◆シャンプーコース:爪切り、肛門腺絞り、ブラッシングなどの下準備をした後に、シャンプー、ドライをして仕上げに入ります。
    ◆カットコース:下準備にバリカンなどが加わります。毛玉がひどい場合はご相談ください。その後シャンプー、カットをしてからドライをして仕上げます。
    ◆スキンケアコース:シャンプー、カットの前にハーブパックをします。


    ネコちゃんをシャンプーカットしてあげたい飼い主さまはご相談ください

    フルヤペットクリニックでは、ネコちゃんのトリミングも行っています。ネコちゃんはシャンプーを嫌がる子も多いので、一般のトリミングサロンに任せるのはご不安な飼い主さまも多いのではないでしょうか。当サロンには病院が併設されており、トリマーの技術も高いので安心してお任せいただける環境が整っています。
    ただし暴れてしまう子については、獣医師と相談のうえで麻酔を用いた沈静化での施術となる場合があります。まずはその子の年齢や性格、どれくらいシャンプーを経験したことがあるかなど十分なカウンセリングを行わせていただければと思います。
    毛玉やもつれができると、それをほどくのに痛い思いをさせてしまうのはワンちゃんもネコちゃんも同じです。トリミングサロンに来て痛い思いをさせないためにも、なるべくお家でのケアもこまめに行うようにしてあげてください。

  • 病院でできるのは、シャンプーとカットだけとお思いではございませんか?

    施設の写真

    ハーブパックは、美容目的と健康維持目的から用途に合わせお選びいただけます

    フルヤペットクリニックでは、スキンケアコースをご用意しております。その際に用いられるハーブパックは、ビューティー&ヘルスハーブパック、ドクターズヘルスハーブパックからお選びいただけます。
    ハーブパックは、虫よけ効果のほか、においを抑える効果が期待されます。パックをすることで、皮膚や被毛のべたつきやにおいのもととなる余分な皮脂やフケ、老廃毛が落ちやすくなるためです。皮膚がすっきりするだけでなく、毛穴の奥から汚れが落ちることで毛根も元気になり、被毛もフサフサになるといわれています。
    またハーブパックは、部分的な施術をすることも可能です。例えば、耳の後ろの毛玉ができやすい部分や短頭種のワンちゃんのお顔のしわの部分など、全身よりも手ごろな価格で気になる部分からお試しいただくこともできます。
    ワンちゃんの皮膚の状態やにおい、べたつきなど、飼い主さまが気になる点がありましたら、獣医師と相談のうえでドクターズヘルスハーブパックをおすすめすることもできますので、まずはご相談いただければと思います。


  • デンタルケアに力を入れる病院ならではのサービス

    病院ではデンタルケアに注力していますので、もちろんトリミングメニューの中でもオプションとして歯磨きを導入しています。歯石が付いてしまうことは仕方のないことですが、できるだけ歯石を付きにくくするには、トリミングサロンでのケアに加え、日々の飼い主さまのご協力も必要です。
    歯磨きは小さいうちから慣れさせてあげることが重要だと思います。大きくなってから歯磨きを覚えさせるのは非常に大変です。できるだけ、好奇心の強いパピーのころから、歯ブラシを歯にあてる練習をしていただくような指導も行っています。
    犬の場合は人間と比べても歯石が付きやすいのにも関わらず、歯みがきを嫌がってしまうことが多いので、その子に合ったケア用品を見つけることも大切です。いろいろなケア用品がありますが、当院では、ガーゼや指にはめるタイプのものより、ブラシタイプのものでしっかり磨いていただくことを推奨しています。

情報について誤りがある場合は以下のリンクからご連絡をお願いいたします。

誤りのある情報の報告 誤りのある情報の報告

×

電話受付時の注意

※ 無料通話となります。
※ キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。
※ 当社およびEPARK利用施設は、発信された番号を、EPARKペットライフ利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用することができるものとします。
※ お客さまが受付専用電話番号に発信した電話番号情報は、当サイトの運営会社であるイーペットライフ株式会社が取得し、受付確認・案内SMS送信を目的として利用いたします。