セラピー動物病院(トリミング)

セラピードウブツビョウイン

対象動物 小型犬/中型犬/大型犬/猫
併設施設動物病院/ペットホテル
住所
住所地図
東京都 稲城市 坂浜2177-3
アクセス 京王線若葉台駅から徒歩約8分
京王線若葉台駅から車約2分
エリア 東京都町田・多摩町田
  • 日曜日もOK

セラピー動物病院(トリミング)の施設

  • 獣医師による健康チェックを行う安心のトリミング

    施設の写真

    飼い主さまのご希望に沿いライフスタイルに合ったカットを行います

    当院では、普段一緒に生活をしている飼い主さまでも見落としがちな、被毛に隠れた小さなすり傷やしこりなどがないか入念にチェックしたのち、トリミングに当たります。
    シャンプーは数種類ある中から選んで使用します。皮膚病などがある子には薬用シャンプーを用いるなど、お悩みや皮膚の状態によって使用するものを変えて施術いたします。
    カットについては、「さっぱりさせてほしい」などのおおまかなご希望をお伺いした後、できるだけ飼い主さまのご希望に近づけるために、お顔はどのようにするか、お尻周りはどれくらいの長さにするかなどについてカウンセリングさせていただきます。場合によっては、飼い主さまとワンちゃんのライフスタイルをお伺いしたうえで、過ごしやすくお手入れしやすいようにこちらからご提案させていただくこともあります。飼い主さまの理想のカットに近づけていくことに加え、ワンちゃんの皮膚や毛玉の状態、毛の長さは十分にあるかどうかなどを考慮して施術いたします。
    また2回目以降のトリミングでは、何かご不安なことはないか、診察を希望されるかトリマーがお伺いします。診察を希望される場合はトリミング前後に診察もいたします。
    何か気になることがございましたら、お気軽にご相談ください。


  • ~トリミングの流れ~

    ① ご予約(お電話にて、直接のご来院、診察時に承ります)
    ② カルテ作成
    ③ 体重測定
    (定期的に来ていただくことで、ワンちゃんの体重の変化を記録していくことができます)
    ④ カウンセリング
    (※初めてご利用になる場合は、今まで病気あったかどうかなどをお伺いいたします。ご心配事や気になることがあれば、どんな些細なことでもお聞かせください。)
    ⑤ ブラッシング
    ⑥ シャンプー
    (このシャンプーを使ってほしいというものがあれば、お持ち込みも可能です。)
    ⑦ ドライ
    ⑧ カット
    ⑨ お迎え
    (この時に、何か気づいた点があればお伝えしております。)


    見落としがちな異変にもトリマーが気付き、スムーズに診察できます

    トリミング中にはトリマーがワンちゃんの全身をくまなく触り、毛が濡れた状態で皮膚全体を見ることで、体重の変化はもちろん、前回来られたときにはなかったものがあるなどの異変や病気に気づくこともあります。特に皮膚の異常を見つけることが多くあります。
    被毛の奥の皮膚の異常には飼い主さまも気づいていないケースが多く、当院のトリマーが些細なことでもすぐに気づき、獣医師に報告するようにしています。いつもと違う点の発見から診察までがスムーズというのは、病院併設のトリミングスペースであることの強みだと思います。
    また、シニアのワンちゃんに関しては何歳でも受け付けております。もちろん、初回の受け付け時には、それまでどんな病気にかかったことがあるか、何か心配事はあるかなどをお伺いし、その日の体調を考慮しながら施術していきます。
    ネコちゃんのトリミングのご予約も承っております。しかしながら当院では、ネコちゃんのシャンプーは基本的におすすめしていません。ネコちゃんは自分で毛づくろいすることができるからです。ただ、どうしても毛玉になってしまう子や、夏であれば暑いからという理由でカットしてあげることはあります。ネコちゃんは沈静下でのトリミングになりますので、まずはご相談ください。

  • お泊りの際のワンちゃんやネコちゃんの不安な思いを軽減する環境づくり

    施設の写真

    お預かりだけでなく健康チェックも行うメディカルペットステイ

    メディカルペットステイとは、いわゆるペットホテルのことです。当院では、「ペットホテル」という呼び方はしておりません。ワンちゃんネコちゃんをただ預かるだけではなく、かゆみや咳をしているなど、その子の健康状態を見ながらお預かりするためです。健康な子でも、ご飯の食べ方や便の状態を見て様子がおかしいなと思ったらご報告します。もちろん、お預かり時に一緒に健康診断を受けることもできます。
    当院の犬舎は、施設内のスタッフルームよりも奥には設置しないようにしています。わざわざ行かなくても、スタッフみんなが通る場所に犬舎を設置し、様子を見たり声掛けをしたりしています。また、夜は犬舎を真っ暗にしないようにしています。電気をつけたままにしておくわけではなく、ほんの少しだけ明かりをつけることで、お家ではない場所に預けられる不安感を軽減するようにしています。
    お預かりする際、原則としてはいつも食べているご飯を日数分お持ちただいております。いつも飲んでいるお薬があれば、そちらも忘れずにご持参ください。また、ほかのワンちゃんやネコちゃんもいますので、ノミ・ダニ予防はしっかり済ませてきていただくようにお願いしています。
    また、ストレスを発散してもらうため、お預かり中のワンちゃんを運動場で遊ばせてあげています。なお、病院を出たところは車通りが多くなっているので、安全のためにお預かり中にお散歩は行っておりません。
    しっかりと健康管理を行いながらお預かりいたしますので、ぜひお問い合わせください。

  • においに配慮した清潔な院内づくり

    施設の写真

    空気の流れに考慮し、特に床の清潔を保つことを徹底しています

    衛生面では、特ににおいに気を付けています。建物を建てるときに空気の流れを考え、待合室に換気扇を設置しないようにしました。換気扇のあるほうに空気が流れていくからです。
    そして、におい防止のために床をきれいにすることを徹底しています。ワンちゃんたちは足の裏に汗をかくといわれていますが、実は汗ではなく脂です。加えて尿や糞便を踏んでいる可能性もあり、ほかにも目に見えない汚れが積み重なってにおいにつながります。なので、床は毎日ピカピカにするよう心がけています。
    清潔な環境を保つことにより、飼い主さまやワンちゃん、ネコちゃんに快適に過ごしていただきたいと思っております。

  • ご自宅で手軽にできるケアについてアドバイスもいたしております

    無理のない歯磨きケアをおすすめいたします

    最近では飼い主さまの意識も高まり、歯磨きのご相談をいただくこともあります。ただ、小さいときから覚えさせないと難しいことですし、人間でも毎日歯磨きをしているのに歯石がたまったり虫歯になったりすることがあります。なので、おうちでの歯磨きも決して無理をせず、水を含ませてヒタヒタにしたガーゼなどでお口の中を掃除していただくことをおすすめしています。口に水分を含ませ、ゆすいであげましょう。絶対に歯石を付着させないということは難しいですが、おうちでも手軽にできるケアだと思います。
    歯みがきケアのほか、お家でのお手入れなどでわからないことがありましたら、お気軽にお尋ねください。

情報について誤りがある場合は以下のリンクからご連絡をお願いいたします。

誤りのある情報の報告 誤りのある情報の報告

×

電話受付時の注意

※ 無料通話となります。
※ キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。
※ 当社およびEPARK利用施設は、発信された番号を、EPARKペットライフ利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用することができるものとします。
※ お客さまが受付専用電話番号に発信した電話番号情報は、当サイトの運営会社である株式会社EPARKペットライフが取得し、受付確認・案内SMS送信を目的として利用いたします。